海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン。 水産庁、「漁業系廃棄物計画的処理推進指針」を作成

日本政府が策定した「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」とは

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

中国を始めとしたアジア諸国ではこれまで廃プラスチックを輸入し、再利用する形でプラスチック製品を製造していました。 「2017年以前、中国へは約130万トン、そのほかの東南アジア諸国へ約20万トンのプラスチックくずを輸出していました。 「戦略」「アクションプラン」「基本的な方針」となんとなく似ていますが何が違うのでしょうか。 海洋に流出したごみの回収 既に海洋に流出しているプラスチックごみも回収をしなければいけません。 福岡県• ほとんどのプラスチックは石油由来のもの。 SDGsではそのような状況を改善していくために目標14に海を守るためのターゲットを掲げています。 政府は、この数値目標に異論を唱えた産業界に配慮し、基準年を明記しなかったといわれている。

次の

「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」の策定について|EPO北海道

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

北海道• 香川県• また全国不法投棄監視ウィークによる国及び自治体の監視パトロールの強化、自販機などの横にリサイクルボックスの設置、事業者団体漁業者による漁具の適正管理の徹底が行われています。 (出典:) 海洋資源、生物を守るために私たち一人ひとりが行動しよう! 海洋プラスチックごみは世界的に深刻な問題として取り扱われています。 課題として、プラスチックではリサイクルの向上、リサイクル製品の品質向上及び社会全体のリサイクルコスト削減等が挙げられており、本制度の課題及び対応について述べます。 どうして、そんなに話題になっているのか?と思っておられる方は、まだ多い気もします。 私たち国民一人ひとりが意識して取り組むことで、政府が立てたこのようなプランは成功に向かい、そして海洋環境の改善と保全につながります。

次の

【緊急開催!ライブ配信セミナー】容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環の最新動向について 6月30日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ|CMCリサーチのプレスリリース

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

時間がかかればかかるほど環境は汚染されていきます。 2018年にUNEPが発表した報告書。 更に、海洋プラスチック問題等の解決に向けての方針も示されました。 「プラスチックゴミの問題には、いくつかの課題が複雑に絡み合っている」と井関係長は言う。 ごみが溜まりやすい河川敷や海岸などの清掃活動に参加する• 国土交通省• 徳島県• 主な対策や取り組み 東南アジア数カ国と調査の実証実施や人材育成研修を行うなどモニタリング手法の国際調和を行っています。 これは回収したゴミの種類でポイントを定め、チームごとに時間内でどれだけ得点を稼げるかを競うものです。 国土交通省国土技術政策総合研究所• (出典:「海のプラスチックごみを減らしきれいな海と生き物を守る!」,2019) (出典:「プラスチックを取り巻く国内外の状況」,2018) 日本が行う「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」とは 日本では、海洋プラスチックごみを削減するために「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」を2019年に環境省が策定しています。

次の

水産庁、「漁業系廃棄物計画的処理推進指針」を作成

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

陸域での散乱ゴごみの回収 海洋プラスチックごみが発生する原因は、陸地から海洋へ流れ出てしまうことです。 しかし、一方で、海洋プラスチックごみやいわゆる「マイクロプラスチック」と言われる微細なプラスチック類が生態系に与えうる影響等について、国際的な関心が高まっており、海洋プラスチックごみ問題は、世界全体で取り組まなければならない地球規模の課題となっております。 にあるように、数多くの漁業協同組合等が海浜清掃活動に取り組んでいます。 また素材転換事業の推進のため、政府からの支援も行われているほか、プラスチックの製造及び利用関係企業の「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス CLOMA 」や企業や団体と研究者での「海洋プラスチック官民イノベーション協力体制」の構築などを行っています。 このような問題は、世界中の課題となっておりプラスチックを使った製品の販売禁止や無料提供の禁止などの様々な取り組みが行われていますが、未だに世界中で 毎年最低800万トンのプラスチックごみが流出していると言われています。 日本からも海洋にプラスチックごみが流出しているとはいえ、街にごみが散乱している場面はそれほど遭遇しないこともあり、実感がわかないと思いますので、参考に国連広報センターのwebページと、世界循環経済フォーラム2018で講演されていた「plasticbank」のリンクを記載します。

次の

水産庁、「漁業系廃棄物計画的処理推進指針」を作成

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

第四次計画ではその方向性として3つの項目が新たに挙げられましたが、そのうち「ライフサイクル全体での徹底的な資源循環」では、 過剰な供給などを行わないことを徹底しており、便利で大量に生産されるプラスチックも徹底した管理のもと資源循環を推進する取り組みを打ち出しています。 宮城県• 例えば、高機能なプラスチックの容器で包装することで食品の保存期間が延びることもあります。 その一つが2020年7月の実施が予定されている、レジ袋の有料化です。 整理しました。 静岡県• この戦略は、「3R」、つまりリデュース(Reduce=発生抑制)とリユース(Reuse=再利用)に努めたうえで、残りはリサイクル(Recycle=再生利用)することを基本原則にし、次のような目標を掲げている。 平成30年7月13日に環境大臣から中央環境審議会に諮問され、中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会において審議が行われ、平成31年3月26日に答申がなされました。

次の

海洋プラごみの削減レースで日本が「大幅遅れ」になった理由

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

。 贈答品であれば、もっと包装が増えます。 タンブラーなどマイボトルを持参し、プラスチック容器の使用を減らす• 安価で輸入できる廃プラスチックを再利用することで、プラスチックの製造を行ってきたためです。 富山県• これまでアジアは、中国を中心に廃プラスチックを輸入してきました。 第4次循環型社会形成推進基本計画 政府の取り組みを行う上で作られたのが、「循環型社会形成推進基本計画」です。

次の

環境省_「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」の策定について

海洋 プラスチック ごみ 対策 アクション プラン

大阪府• 海洋プラスチックごみ対策アクションプランは、これらの課題と取り組みを8つに分けて計画し、動いているのです。 今後、中国にならって東南アジア諸国が輸入を制限することも容易に考えられる。 青森県• ただ闇雲に対策を講じて取り組むのではなく、必要な課題に必要な取り組みを行うことが大切であり、そのためには 現状の把握、集積は重要な課題となります。 マイバッグを持つことで、経済的な節約にもなるし、プラスチックゴミを減らすことにつながることをもっと理解してもらいたいと思っています」 マイバッグといえば、前述の通り、2020年7月1日からレジ袋有料化が開始される。 適正処理の更なる推進と環境再生 このうちのライフサイクル全体での徹底的な資源循環では、 必要なモノ・サービスを、必要な人に、必要なときに、必要なだけ提供するという取り組みが行われています。 (参考:) 2. 滋賀県• 「社会の中にこれだけプラスチックが浸透しているということは、そこにメリットもあるわけです。 具体的には、以前から進めているマイバッグやマイボトルの利用促進のさらなる強化もその一つ。

次の