ジョコビッチ フェデラー。 ジョコビッチ、ナダル、フェデラーが長く活躍できる大きな3つの理由

フェデラーvsジョコビッチの対戦成績2020

ジョコビッチ フェデラー

- 2005年• (1977年)• (1971年)• 本当に愛し合っているからね」 「彼女は僕が知っている限り最も完成された女性だ。 それが答えだ」(2011年) ボリス・ベッカーのコメント 「彼は 歴代で最も偉大なスポーツ選手のひとりだと思う。 2004-2018 計310週• ではマリーが3年ぶりの優勝。 (1991年)• 彼らを王座から引きずり下ろすような男が、順調に姿を現しているか? そうは思わない。 オリンピック3大会連続金メダル獲得• ジョコビッチを破ったティエムとの決勝も制し、大会連覇でV12に。 2016-2017 計41週• (2008年)• ではナダルが男子シングルスの金メダルを、ジョコビッチは銅メダルを獲得。

次の

ジョコビッチ、愛する妻は「最も完成された女性」

ジョコビッチ フェデラー

迎えた決勝は7-6, 1-6, 7-6, 4-6でフルセットに突入すると、最終セットは12-12まで決着がつかず、本大会で初めて最終セットタイブレークに縺れ込んだ。 グランドスラム準決勝に4人全員進出4回 2008年全米、2011年全仏、2011年全米、2012年全豪• ノバク・ジョコビッチは嫁と不仲? 世界最高峰のテニストーナメント、グランドスラムを過去12回も制している最強のテニスプレイヤーの一人、それがノバク・ジョコビッチ選手です。 これにより BIG4全員が世界ランク1位在位者となった。 」-ラファエル・ナダル 「今のノバクのプレーは、全選手と比べても上のレベルにある。 では現行制度となった2009年以降72大会中62回優勝• タイトル数が全てを物語っているじゃないか」 「ロジャーは僕にとって、 最高のお手本なんだ。 (1991年・92年)• 彼はまさにワールドクラスのオールラウンド・プレーヤー。 だから議論するまでもない。

次の

ジョコビッチ、愛する妻は「最も完成された女性」

ジョコビッチ フェデラー

1993-2000 計286週• つまり私達はどのサーフェスでも他を圧倒していた選手を言っているんだ。 2011-2020 計282週• しかしその3年後の2011年、ついに二人を超え 世界ランキング1位の座につきます! なんとその年はグランドスラム4大大会のうち3大会で優勝するというもの凄い成績を残しています。 (2013年)• (1974年)• (1999年)• 2000-2001 計9週• (1983年・84年)• ナダル、ジョコビッチは過去のテニス史上でも強い選手だ。 (1973年)• 以後2009年8月まで2位以内を維持する。 ランキング200位か250位から700位台の間の選手に分配するため、約300万から450万ドルを集めようとする試みについてジョコビッチは話した。 2019年 全仏決勝 - ナダル• 4人全員BBCスポーツ・パーソナリティ賞、アーサー・アッシュ ヒューマニタリアン賞を受賞• (2020年1月20日現在) 世界ランキング [ ] 世界ランキング1位推移 2004年以降 [ ] 在位年度 在位月 在位者 2004年 1月1日 - 2月1日 同上 2月2日 - 12月31日 2005年 1月1日 - 12月31日 フェデラー 2006年 1月1日 - 12月31日 フェデラー 2007年 1月1日 - 12月31日 フェデラー 2008年 1月1日 - 8月17日 フェデラー 同上 8月18日 - 12月31日 2009年 1月1日 - 7月5日 ナダル 同上 7月6日 - 12月31日 2010年 1月1日 - 6月6日 フェデラー 同上 6月7日 - 12月31日 2011年 1月1日 - 7月3日 ナダル 同上 7月4日 - 12月31日 2012年 1月1日 - 7月8日 ジョコビッチ 同上 7月9日 - 11月4日 同上 11月5日 - 12月31日 2013年 1月1日 - 10月5日 ジョコビッチ 同上 10月6日 - 12月31日 2014年 1月1日 - 7月6日 ナダル 同上 7月7日 - 12月31日 2015年 1月1日 - 12月31日 ジョコビッチ 2016年 1月1日 - 11月6日 ジョコビッチ 同上 11月7日 - 12月31日 2017年 1月1日 - 8月20日 マリー 同上 8月21日 - 12月31日 2018年 1月1日 - 2月18日 ナダル 同上 2月19日 - 4月1日 同上 4月2日 - 5月13日 同上 5月14日 - 5月20日 同上 5月21日 - 6月17日 同上 6月18日 - 6月24日 同上 6月25日 - 11月4日 同上 11月5日 - 12月31日 2019年 1月1日 - 11月3日 同上 11月4日 - 12月31日 2020年 1月1日 -• - 2019年 脚注 [ ]• 1992-1993 計58週• このことからも単なる契約期限切れの可能性が高そうですかね。

次の

誰が最強?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。

ジョコビッチ フェデラー

(1989年)• (2010年)• 1-6, 6-1, 6-4, 7-6 でナダルが優勝。 グランドスラム優勝34回 2019年全豪オープン終了時点で現BIG4はすでにグランドスラム優勝55回にグランドスラム準優勝35回と、他の世代と比べても傑出度が高いことが分かる。 彼が一番だ」トニー・ナダル ラファエル・ナダルのコメント 「僕とロジャーの、どちらが上かなんて議論はばかげているよ。 (2016年)• ジョコビッチは2014年7月にエレナさんと結婚。 全仏オープン10連覇• 全豪オープン5回以上優勝• グランドスラム準決勝に14回以上連続で進出経験• 11月にはマリーが初めて世界ランク1位となった。 それは明らかだ」 「今はノバクの時代だ。

次の

ジョコビッチ、愛する妻は「最も完成された女性」

ジョコビッチ フェデラー

テニスという仕事に一辺倒ではなく、それ以外についても大切にして度々リフレッシュすることも、長くトップレベルで君臨するために重要なようだ。 1977-1981 計109週• (1994年)• 世界ランキング1位在位累計(2020年1月12日現在):フェデラー310週、ナダル205週、ジョコビッチ275週、マリー41週 年間最終世界ランキング [ ] 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 フェデラー 2 1 1 1 1 2 1 2 3 2 6 2 3 16 2 3 3 ナダル 49 51 2 2 2 1 2 1 2 4 1 3 5 9 1 2 1 ジョコビッチ 679 186 78 16 3 3 3 3 1 1 2 1 1 2 12 1 2 マリー 540 411 63 17 11 4 4 4 4 3 4 6 2 1 17 240 125 年齢別ランキング [ ] 選手 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 フェデラー 301 64 29 13 6 2 1 1 1 1 2 1 2 3 2 6 2 3 16 2 3 3 ナダル 49 51 2 2 2 1 2 1 2 4 1 3 5 9 1 2 1 ジョコビッチ 186 78 16 3 3 3 3 1 1 2 1 1 2 12 1 2 マリー 411 63 17 11 4 4 4 4 3 4 6 2 1 16 240 125• 四大大会すべてを制し、全豪以外は複数回優勝している。 フェデラーはベスト8。 年 ハード 室内 クレー 芝 合計 2020 0 — 1 0 — 0 0 — 0 0 — 0 0 — 1 2019 0 — 0 1 — 0 0 — 0 0 — 1 1 — 1 2018 0 — 1 0 — 1 0 — 0 0 — 0 0 — 2 2017 0 — 0 0 — 0 0 — 0 0 — 0 0 — 0 2016 0 — 1 0 — 0 0 — 0 0 — 0 0 — 1 2015 2 — 2 1 — 1 0 — 1 0 — 1 3 — 5 2014 2 — 1 0 — 0 1 — 0 0 — 1 3 — 2 2013 0 — 0 0 — 2 0 — 0 0 — 0 0 — 2 2012 1 — 0 0 — 1 0 — 2 1 — 0 2 — 3 2011 0 — 4 0 — 0 1 — 0 0 — 0 1 — 4 2010 2 — 1 2 — 0 0 — 0 0 — 0 4 — 1 2009 2 — 1 0 — 1 0 — 1 0 — 0 2 — 3 2008 1 — 1 0 — 0 1 — 0 0 — 0 2 — 1 2007 3 — 1 0 — 0 0 — 0 0 — 0 3 — 1 2006 0 — 0 1 — 0 1 — 0 0 — 0 2 — 0 通算 13 — 14 5 — 6 4 — 4 1 — 3 23 — 27 主役交代で対戦成績に変化!? フェデラーからジョコビッチへと世代交代が進むにつれ、両選手の対戦成績も変わっていきます。 1977-1981 計109週• はフェデラー、はナダルが優勝を果たし、2017年は全豪・ウィンブルドンをフェデラー、全仏・全米をナダルが制し復帰した二人が四大大会を分け合うこととなった。 (2018年)• 、でロジャー・フェデラーがをストレートで下してBIG4の初優勝。 【フェデラー関連記事】 フェデラー支持派の人にオススメの記事です。

次の

ジョコビッチは嫁と不仲!浮気相手のせいでユニクロと契約切れ?|Anogate

ジョコビッチ フェデラー

1983-1990 計270週• ローランギャロスで勝っても勝たなくても、すでに史上最高にふさわしかったけど、今回の勝利で再確認させてくれた。 経歴 [ ] 2008年以前 [ ] 2000年代初頭、男子テニス界は世代交代の時期を迎えていた。 それぞれがグランドスラム決勝で勝利 全豪2018フェデラーbtチリッチ、全仏2018ナダルbtティエム、WB2018ジョコビッチbtアンダーソン+全米2018ジョコビッチbtデル・ポトロ• (2017年)• まとめ 対戦成績の数字見ると、直接対決はほぼ互角と言っていいですが、25勝22敗とジョコビッチが先行しています。 ではマリーが男子史上初の五輪連覇を果たした。 グランドスラム優勝34回• (1975年)• マスターズ1000インディアンウェルズで最多優勝。

次の

フェデラーとジョコビッチどっちが強いか?|過去の対戦から検証

ジョコビッチ フェデラー

ジョコビッチはまた、どの選手がもっとも現金を必要としているかを判断するために考案されたシステムがあると述べた。 クレー: フェデラー 4-4 ジョコビッチ• 2017年現在までに、全員が世界ランク1位を経験しており、フェデラー、ナダル、ジョコビッチの3人は四大大会及びマスターズ1000で、それぞれが歴代3傑に入る優勝回数を誇る。 - 2009年• - 2017年• その大きな理由は右肘の怪我だが、当時メディアではプライベートの問題が影響していると書かれていたという。 」-サンプラス 「私にとっては、とても明白な事だが、ロジャー(フェデラー)が史上最強の選手。 (2019年) ・ ・• (1974年)• 戦績は、• 2006年 フェデラー 24歳 世界ランキング1位 2勝 対 0勝 ハード 1勝 対 0勝 クレー 1勝 対 0勝 ジョコビッチ 19歳 世界ランキング21位 2007年 フェデラー 25歳 世界ランキング1位 3勝 対 1勝 ハード 3勝 対 1勝 ジョコビッチ 20歳 世界ランキング3位 2008年 フェデラー 26歳 世界ランキング1位 2勝 対 1勝 ハード 1勝 対 1勝 クレー 1勝 対 0勝 ジョコビッチ 21歳 世界ランキング3位 2009年 フェデラー 27歳 世界ランキング2位 2勝 対 3勝 ハード 2勝 対 2勝 クレー 0勝 対 1勝 ジョコビッチ 22歳 世界ランキング3位 2010年 フェデラー 28歳 世界ランキング2位 4勝 対 1勝 ハード 4勝 対 1勝 ジョコビッチ 23歳 世界ランキング3位 2011年 フェデラー 29歳 世界ランキング4位 1勝 対 4勝 ハード 0勝 対 4勝 クレー 1勝 対 0勝 ジョコビッチ 24歳 世界ランキング1位 2012年 フェデラー 30歳 世界ランキング3位 2勝 対 3勝 ハード 1勝 対 1勝 グラス 1勝 対 0勝 クレー 0勝 対 2勝 ジョコビッチ 25歳 世界ランキング1位 2013年 フェデラー 31歳 世界ランキング7位 0勝 対 2勝 ハード 0勝 対 2勝 ジョコビッチ 26歳 世界ランキング2位 2014年 フェデラー 32歳 世界ランキング6位 3勝 対 2勝 ハード 2勝 対 1勝 グラス 0勝 対 1勝 クレー 1勝 対 0勝 ジョコビッチ 27歳 世界ランキング1位 2015年 フェデラー 33歳 世界ランキング3位 3勝 対 5勝 ハード 3勝 対 3勝 グラス 0勝 対 1勝 クレー 0勝 対 1勝 ジョコビッチ 28歳 世界ランキング1位 2016年 フェデラー 34歳 世界ランキング16位 0勝 対 1勝 ハード 0勝 対 1勝 ジョコビッチ 29歳 世界ランキング1位 2017年 フェデラー 35歳 世界ランキング2位 0勝 対 0勝 ジョコビッチ 30歳 世界ランキング12位 2018年 フェデラー 36歳 世界ランキング3位 0勝 対 2勝 ハード 0勝 対 2勝 ジョコビッチ 31歳 世界ランキング2位 2019年 フェデラー 37歳 世界ランキング3位 0勝 対 1勝 グラス 0勝 対 1勝 ジョコビッチ 32歳 世界ランキング1位 フェデラーが全盛期の20代では、フェデラーが勝ち越している年が多いですが、フェデラーが30代に入ると逆にジョコビッチが勝ち越している年が多いですね。 2011年ジョコビッチ、2012年マリーの台頭以降、それまで2強であったフェデラー、ナダルとともに、数多くの大会優勝を分け合う等4人がライバルとして上位を独占している。 (1982年)• でもレアル・マドリードの大ファンであることには変わりません。

次の

誰が最強?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。

ジョコビッチ フェデラー

(1994年)• 右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。 彼から勝利を飾れるチャンスだからね。 しかし、ラファはまだ絶頂期にいる。 ジョコビッチは自身初の全仏優勝、また、を達成した。 2016年の全豪オープン以降はなかなか対戦が実現しませんでしたが、2018年に2度対戦があり、2試合とも接戦の試合展開でジョコビッチが勝利しています。 2001-2003 計80週• 2003 計8週• でも、フェデラーにはそれがなかった。

次の