コリント 人 へ の 手紙。 1コリント7章

コリントの信徒への手紙一の解説

コリント 人 へ の 手紙

この賜物について話すには、人の知恵に教えられたことばを用いず、御霊に教えられたことばを用います。 そして、まさにその事実によって、人々は救いにあずかります。 神にあって自分を受け入れるとは神様が自分を見ておられるように自分を見るということです。 わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、それによって立ってきたあの福音を、思い起してもらいたい。 みんなが教師だろうか。 5:1わたしたちの住んでいる地上の幕屋がこわれると、神からいただく建物、すなわち天にある、人の手によらない永遠の家が備えてあることを、わたしたちは知っている。

次の

コリント人への第一の手紙 13章 〜聖パウロ〜愛のむきだし

コリント 人 へ の 手紙

このコリント訪問について、パウロは「コリントの信徒への第二の手紙」の13章2節で語っています。 11:13 [ ] あなたがた自身で判断してみるがよい。 ところが、総督は宗教に関わることがらを法廷で取り扱うことを認めませんでした。 いったい、子供は親のために財をたくわえて置く必要はなく、親が子供のためにたくわえて置くべきである。 11:14 [ ] 自然そのものが教えているではないか。 問題を解く鍵となるのは、12章の最後の箇所です。 この事では、ほめるわけにはいかない。

次の

14.コリントの信徒への手紙一4章18-21節『神の国は言葉ではなく力』

コリント 人 へ の 手紙

4:8わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。 わたしの欠乏は、マケドニヤからきた兄弟たちが、補ってくれた。 私たちの語るのは、隠された奥義としての神の知恵であって、それは、神が、私たちの栄光のために、世界の始まる前から、あらかじめ定められたものです。 2:11そうするのは、サタンに欺かれることのないためである。 このようにはっきりしているので、パウロは自分の意見ではなく、権威をもって命じています。 けれども、私たちが人格的に、深くキリストを知っていくことによって、実際の具体的な場面で、何が良いことで悪いことなのかが分別できるようになってきます。

次の

口語訳聖書

コリント 人 へ の 手紙

Dritte, verbesserte Auflage. 世はその方を見もせず, 知りもしないからです。 12:1わたしは誇らざるを得ないので、無益ではあろうが、主のまぼろしと啓示とについて語ろう。 兄弟も姉妹も、こうした場合には、束縛されてはいない。 それができるのは妻である。 Stuttgart. 圧倒的な愛 13章1~3節 古典時代には、さまざまな「徳」を適切に序列化することをテーマとした書物がたくさんありました。 あなたがたのだれが、私の名によってバプテスマ(洗礼)を受けたでしょうか。 11:26幾たびも旅をし、川の難、盗賊の難、同国民の難、異邦人の難、都会の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、 11:27労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢えかわき、しばしば食物がなく、寒さに凍え、裸でいたこともあった。

次の

コリントの信徒への手紙一

コリント 人 へ の 手紙

この点を銘記すべきです。 11:4というのは、もしある人がきて、わたしたちが宣べ伝えもしなかったような異なるイエスを宣べ伝え、あるいは、あなたがたが受けたことのない違った霊を受け、あるいは、受けいれたことのない違った福音を聞く場合に、あなたがたはよくもそれを忍んでいる。 つまり、神ご自身がすでにお持ちになっている知恵であり、私たちは、神がその知恵を私たちに示してくださらないかぎり、知ることはできないのです。 7:16 [ ] なぜなら、妻よ、あなたが夫を救いうるかどうか、どうしてわかるか。 1:20 [ ] 知者はどこにいるか。

次の

コリント人への手紙Ⅰ 1

コリント 人 へ の 手紙

パウロがここで語っているのが、キリストについてなのか、それとも私たちの愛についてなのか、一概に決定することはできません。 9:9「彼は貧しい人たちに散らして与えた。 罪の奴隷であったのが、今は罪から自由になっています。 5:9そういうわけだから、肉体を宿としているにしても、それから離れているにしても、ただ主に喜ばれる者となるのが、心からの願いである。 洗礼式と聖餐式において私たちは同じ御霊を飲んだのです。 神がご存じである。 兄弟たちよ。

次の

1コリント7章

コリント 人 へ の 手紙

15:23 [ ] ただ、各自はそれぞれの順序に従わねばならない。 12:15そこでわたしは、あなたがたの魂のためには、大いに喜んで費用を使い、また、わたし自身をも使いつくそう。 7:10神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる。 ただわたしたちを誇る機会を、あなたがたに持たせ、心を誇るのではなくうわべだけを誇る人々に答えうるようにさせたいのである。 遊女と交わることがいかに間違っているかについて述べました。 7章で出てきた原則とは、霊的な事柄、神と自分との心の中で起こっている出来事が大切であり、外側の事柄をことさらに変える必要はないこと。 16:19 [ ] アジヤの諸教会から、あなたがたによろしく。

次の