イリーナ ff7。 クライシスコアFF7のエンディングを見たのですが、シスネはその後どうなっ...

レノ&ルード&イリーナ|ファイナルファンタジー7/FF7 完全攻略(インターナショナル/for PC版対応)

イリーナ ff7

ケット・シーの正体であることは終盤でボロを出してしまう以前から仲間たちにバレていたようである。 その後タークスは人員不足となり(ツォン、レノ、ルードの3人だけ)、これがきっかけでイリーナの加入が決まります。 ウータイに行く道中に仲間からマテリアを盗んで逃走する。 BCFF7では、解約時に「タークスを脱退する」ということになるのだが、 別に仲間から抹殺されるようなことは無いので安心して解約していい。 リボンを入手していない場合は他のついかこうかなどを利用したり、ハーデスを先に回収したりして対策をすることが重要です。

次の

タークスメンバー【FF7】

イリーナ ff7

その後、物語序盤にて本社ビル社長室でセフィロスの姿を模したジェノバに殺害される。 口は悪いが強い信念を持っている。 太古の地層からジェノバを古代種と勘違いして発掘し、ジェノバ・プロジェクトを開始する。 一人称は「ワシ」(稀に「私」)。 クラウドにセフィロスの行方を占った際には、対象には会えるが引き換えにもっとも大切なものを失うという結果を出した。

次の

タークスメンバー【FF7】

イリーナ ff7

ツォンに対して好意を持っている。 わりと独断で動く権利があるのか、ツォンは指揮命令を行うだけで、行動や任務は部下にまかせている。 同名であるが組織の連続性はない。 ついでに言えば・・といった兵器にのような強力な技の習得に至るまで、その強さの追求ぶりは目を見張る。 ちなみにタークスは通称であり、正式には「総務部調査課」。 『KHII』では共闘できる場面もある。

次の

ファイナルファンタジーVIIの登場人物

イリーナ ff7

声 - 反神羅組織「アバランチ」のリーダー。 『FF VII AC』ではレノに電磁ロッドで殴られたり、サングラスを踏まれたりするなど、少し不運なところがある。 いろんなことに真面目だなあという意味で書いております。 タークスは神羅カンパニーの組織図上では治安維持部門統括であるの指揮下に属する。 なお、KHシリーズにというレノに酷似したキャラクターが登場するが、これは製作者の意図的なものであるため、本編のレノとの直接的な関係は無いとされている。

次の

FINAL FANTASY VII REMAKE

イリーナ ff7

「ぬすむ」の成功率を上げる「盗族の小手」を装備していると便利です。 HPは先輩且つ男性であるやをも凌ぎ、何とあの大怪獣にも並ぶ程。 独自の美学を仕事に持っており、度々相棒であるルードと衝突したりする。 彼女のリミット技はザンガン流格闘術をベースとする格闘技のコンボである。 ティファ・ロックハート Tifa Lockhart [ ]• HPは低いですが攻撃力の高い右腕と本体が使用してくる『コンフュ』が厄介なボスです。 そんな超絶かわいい彼女なのですが、悲しい話をしておくと、初代PS版ではイリーナの初登場はミッドガルを出た後です。 ・ 掲示板• タークス1のパワーの持ち主。

次の

クライシスコアFF7のエンディングを見たのですが、シスネはその後どうなっ...

イリーナ ff7

クラウドと同様に逆立った金髪をしている。 PS版エアガイツではヴィンセントの技の1つに彼女の名前が入っている(「ルクレツィアリグレット」)。 だが既に都市開発をする見込みはないため幹部からは冷遇されている。 この出来事はクラウドにかなり大きな影響を与え、後に重要な意味を持つ。 実は神羅カンパニーの都市開発部門総括であるリーブ・トゥエスティが「インスパイア」という無機質物質に命を吹き込んで操る特殊能力で遠隔操作を行っており、クラウド達と行動を共にしたのも、当初は目的であった。 五年前にニブルヘイムを訪問してティファの才能を見抜き弟子にした。

次の