ウェア ハウス 川崎 九龍 城。 川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?

川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?

ウェア ハウス 川崎 九龍 城

— ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦 warekawasaki 閉店理由は「諸般の事情」ということ。 ここまで九龍城の雰囲気が再現された建物が失われるのは本当にツラい。 もちろん全て演出なので清潔なのは間違いない …はず。 ・ツイッターで出回ってるウェアハウス川崎、今まで 存在を知らなかったのですがめちゃくちゃ行きたい。 ・ウェアハウス川崎、1階のとある部屋を窓越しに覗くとラブドールが寝てたり 壁に貼ってあるチラシとかも芸が細かいし とにかくワクワクする内装だった。

次の

ウェアハウス川崎 閉店

ウェア ハウス 川崎 九龍 城

・ 来日の際には必ず訪れる場所だったので寂しい (イギリス人男性) ・ 川崎にあるウェアハウスは松ノワール好きなので世界観知りたくて行ったことあるんですが、本当に よく作り込まれてて素晴らしかったです ・悲しすぎる、皆是非最後に行って!!! 川崎駅徒歩10分の立地で 入場は無料のゲームセンター、 香港の九龍城砦 くーろんじょうさい を模した 最高の撮影映えスポットだから!!!! ・実際の九龍城砦を模していたウェアハウス川崎が、11月17日に閉店してしまうそうです。 駅からほど近く、駐車場完備でアクセスも良いため、様々な層のゲームファンが訪れ、思い思いにゲームを楽しんでいる。 急な発表で、お客様からのお問い合わせが殺到しておりますので、すぐにお答えが出来ない場合があります。 ・廃墟ゲーセン「電脳九龍城」として有名な「ウェアハウス川崎」が11月で閉店だって そんな……と声 にならない。 ブログではご紹介できないような裏技的な案件もこっそりとLINEから配信しています。 海外のファンも多い施設でした。

次の

川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?

ウェア ハウス 川崎 九龍 城

また、川崎店ではそれぞれのゲームは可能な限りオリジナルの状態での稼働を心掛けており、初代『 ダライアス』 1986年 筐体には、いまだに当時の純正ボタンが付けられている。 なんと、 並んでいるゲームの何割かは、一般客の個人所有物が持ち込まれて稼働しているのだ。 急な発表で、お客様からのお問い合わせが殺到しておりますので、すぐにお答えが出来ない場合があります。 ウェアハウス川崎のアクセスは? 【住所】: 川崎市川崎区日進町3 【アクセス】: 川崎駅東口 徒歩10分 市電通り沿い へ 【🚙でのアクセス】: 国道1号から川崎方面に市電通りを南下 右手に 巨大な廃屋のような建物 「あなたのウエアハウス」という電光掲示 が見えます。 18歳未満は入場できない 店ではキッズコーナーなどを設けず、ターゲットを大人に限定。

次の

川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?

ウェア ハウス 川崎 九龍 城

取材時には広い店内で『スペースハリアー』 1985年 『アウトラン』 1986年 などの体感ゲーム、『ストリートファイター』 1987年 『ガントレット』 1985年 などのアップライト筐体、『沙羅曼蛇2』 1996年 『リブルラブル』 1983年 『平安京エイリアン』 1980年 などのビデオゲームと、様々な年代/メーカーのゲームが多数稼働していた。 自動販売機とUFOキャッチャー 自動販売機とUFOキャッチャーまで九龍城仕様になっています 笑 偽物じゃなく実際に動くので、ぜひチャレンジしてみてください! コインロッカーや両替機まで。 ・閉店前にもう一回行ってくるしかないっ。 ゲーム好きの方からは「ゲーセンの聖地」とよばれることもあるそう。 。 個人の撮影という事でしたら、基本的には事前の許可などは不必要です。

次の

川崎にそびえ立つ電脳九龍城「アミューズメントパーク ウェアハウス川崎店」(※2019年11月17日閉店)

ウェア ハウス 川崎 九龍 城

最近は東雲店に行くことの方が多いですが、閉店前に川崎店にも顔を出したいと思います。 閉店理由を公式発表していないことから、複雑な事情があるものと思われます。 18歳未満入場禁止のゲームセンター 川崎店は、プライズ機とビデオゲーム中心の2階、メダル機中心の3階、ダーツやビリヤードの4階、ネットカフェの5階と、幅広い業態で運営している。 川崎駅周辺を訪れた折には、ぜひ一度立ち寄って欲しい。 調べてみるとこの建物は、株式会社ウェアハウスが運営するアミューズメントパーク、ウェアハウス川崎店。 お化け嫌いなおばさんでさえ 閉店は惜しまれます。

次の

川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?

ウェア ハウス 川崎 九龍 城

子供や中高生が入店し、ガヤガヤと騒ぐような空間では、大人が落ち着いて楽しめないというのが理由だそうだ。 本当細かいところまでしっかり作られています。 それにしてもウェアハウス川崎の閉店はとても残念です。 さらに各店舗でそれぞれ違ったテーマが設けられており、ここ川崎店では「香港にあった九龍城」がモチーフになっている。 長年のご愛顧ありがとうございました。 ゲーセンとして閉店したとしても何かしらの形で保存すべき。

次の