ステラ ドネリー。 Stella Donnelly (ステラ・ドネリー) の単独公演が12月に東京・大阪で決定!

「ステラ・ドネリー」に会いにいく。オーストラリア出身のミレニアル世代SSW

ステラ ドネリー

)を頬張るジャケ写もインパクト絶大で、ここ日本でも多くのリスナーが年間ベストに選んでいたことは記憶に新しい。 その秘密に迫ってみよう。 その場でレコードを購入すると、写真とサインを快く承諾してくれました!嬉しすぎです。 その後、USツアーとSXSW出演(米テキサス州の大型フェス)を経て、アメリカのレコードレーベル「Secretly Canadian」と契約に至りました! 5. 幼少期のステラの愛くるしい写真(2017年のデビューEP「Thrush Metal」と同様に、やはり何かを食べている)が映されたスクリーンをバックに、キーボード担当のジョージと2人っきりで歌われたのは「Grey」だ。 おすすめ曲を紹介 ステラ・ドネリーの作品の中で、オススメ曲を紹介します。 2万5千豪ドルの賞金とリーバイスからの支援を満場一致で勝ち取っている。

次の

フジロック現地レポ ステラ・ドネリー、次世代スターの誕生を思わせる愛くるしさ

ステラ ドネリー

彼女の他には同じ豪州から、ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー、ハッチーらも受賞しており、かなり信頼の置けるアワードと言えそうだ。 「Thrush」の意味は・・・調べてみてください。 ちなみに、フォトグラファー/映像作家のニック・マックと連名で監督を務めているのは、なんと同郷シドニーのシンガー・ソングライターであるジュリア・ジャックリン。 ロンドンのライブでは「イギリスのローカルバンドの曲をカバーするよ。 親友からレイプ被害を告白された体験を元に書かれたこの楽曲は、レイプ加害者よりも被害者ばかりが責め立てられる〈ヴィクティム・ブレーミング〉や〈セカンドレイプ〉といった二次被害の問題を痛烈に射抜き、ステラの寄り添うような優しいギターの音色と歌声も相まって、図らずも〈 MeToo〉時代を象徴するアンセムとなった。

次の

「ステラ・ドネリー」に会いにいく。オーストラリア出身のミレニアル世代SSW

ステラ ドネリー

Photo by Kazushi Toyota 中盤からは、アルバムにも参加したジェニファー(Ba)やタルヤ(Dr)ら残りのバンド・メンバーも勢揃い。 かわいらしいルックスと曲調から優しくラブソングが多いのかと思いきや、愛について書いた曲はなんと1曲だけ。 ロンドン公演でちょっと話してきました 終演後は、物販コーナーに登場。 ちなみに、タイトルはあの〈スラッシュ・メタル〉の〈Thrash〉ではなく、スペル違いの〈Thrush(鳥類のツグミ)〉なのでお間違えなきよう。 しかし、ステラはで〈この国のアイデンティティーには幻滅している〉と前置きしたうえで、このように語っていた。 ステラは男性をいたずらに攻撃することやフェミニストを気取りたいのではなく、ただ純粋に〈より良い世界になること〉を願っているひとりの女性なのだ。

次の

フジロック現地レポ ステラ・ドネリー、次世代スターの誕生を思わせる愛くるしさ

ステラ ドネリー

彼女の言葉と音楽はいま、世界中のリスナーから共感を呼んでいる。 の所属アーティストたちのMVにカメオ出演しているように、オーストラリアのアーティストは損得勘定抜きでお互いをサポートし合う国民性があるのだろう。 ベルス・ラピッズとしての活動は開店休業状態のようだが、ヴォーカルのはでも名前の挙がっていた人物で、ステラに続いて2018年にソロ・デビューを飾ったばかりなのでチェックしてみてほしい。 大学中退後は、カヴァー・バンドの一員として結婚式や製薬会社の表彰パーティーなどで演奏。 何かを成し遂げるのに年齢も性別も関係ない! 続いて、呪術的なビートと共に自身の中絶経験について振り返る「Watching Telly」では、コーラスの《Get it right! 社会は変わる/変えられるんだという『目に見えない自信』があるの〉と。 アディダスのキャップを被った女の子=ステラが、口いっぱいにスパゲッティ(焼きそばかも? 》というフレーズをメンバーと共にシャウト。 ステラが通うオーストラリアの高校では、米ロックバンド「グリーン・デイ」の曲を自身のバンドで歌っていました。

次の

ステラ・ドネリーを聴くことは世界を良くする第一歩!

ステラ ドネリー

みんな知ってる?」と言ってロンドナーは大爆笑していました(笑)。 ステラの2つ歳上にあたるジュリアだが、コートニー・バーネットが自身のレーベル、ミルク! 」「あんなに短いシャツを着て」 彼らは言った。 ちなみに西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー(エディスコーワン大学内のスクール)は世界を牽引する芸能スクールであり、俳優ヒュー・ジャックマンを輩出しています。 僕もグリーンデイを聴いて育ちました)。 どんなウソも見透かされてしまいそうなビッグ・アイと、誰もが恋に落ちてしまう人懐っこいキャラクター、そして優れた洞察力でダメ男や現代社会に切り込むソングライティング。 どこかセンチメンタルなギターのアルペジオや、楽曲の繊細さを伝えるビブラートに、この人の才能はホンモノだと確信する。

次の

「ステラ・ドネリー」に会いにいく。オーストラリア出身のミレニアル世代SSW

ステラ ドネリー

BIGSOUNDはブリスベンで開かれる音楽フェス。 バンドとしても活躍 彼女はすでにいくつかのフェスに出場しています。 。 この度、デビュー・アルバム『Beware Of The Dogs』をリリースしたステラ。 「男の子なんだからしょうがない」。 〉と吹き出しながら〈Leave It Alone(ほっといてよ! 真っ昼間のRED MARQUEEには、オーストラリア最西端の州都パースからやってきた麗しのシンガーソングライター、ステラ・ドネリーの日本初ステージをひと目見ようと、超満員のオーディエンスが駆け付けていた。

次の

フジロック現地レポ ステラ・ドネリー、次世代スターの誕生を思わせる愛くるしさ

ステラ ドネリー

*** 人工妊娠中絶や同性婚の合法化(後者は2017年12月に認められた)の整備が不十分であるため、女性/マイノリティーの社会進出や政治面で世界に遅れを取っていると言われるオーストラリア。 10 デビュー・アルバムのリリース前にフジロックに大抜擢されたオーストラリア出身の注目のシンガー・ソング・ライター ステラ・ドネリー 待望の単独公演が決定!オーストラリア・パース出身のシンガー・ソング・ライター。 ライブでは色々とカバー曲を披露するみたいです。 そのタイミングは、2017年10月のハーヴェイ・ワインスタイン事件と完璧に符号しており、を11月4日にアップすると、ストリーミング再生数が急上昇。 件のバンドを辞めた後は、バーで働く傍ら地元のガレージ・パンク集団=ボート・ショウや、3人の女友達と結成したグランジ・ポップ・バンド=などの一員としてギターを担当。 Photo by Kazushi Toyota 「アリガトウ! えーっと、アリガトウ…ゴザイマス??」と発音を確かめるように日本語でお礼を述べると、「この曲は昔のボス(上司)についての歌よ」と言って3月にリリースされたデビュー・アルバム『Beware of the Dogs』より「U Owe Me」をしっとりと歌い上げ、タイトル・トラックの「Beware of the Dogs」、「Mosquito」へと続く。

次の