ウィンダム ガンダム。 ウィンダム

HG 1/144 ウィンダム|バンダイ ホビーサイト

ウィンダム ガンダム

主翼は上下に幅広く可動します。 肘は1重関節ですが、V字程度まで曲げることが可能。 ライフル持ち手は入っておらず、手首パーツは通常武器持ち手が左右分付属する感じです。 劇中では実弾兵器で本機が破壊されるシーンが多々あるため、真実は不明。 どちらもスタイリッシュですが、ウィンダムのほうが少し肉厚。

次の

ウィンダム

ウィンダム ガンダム

ビームライフルで攻撃! ヒザをついて。 「上半身の腰パーツ」が「腰中央の青いパーツ」に干渉するため回転はしませんが、必要十分には動く感じ。 クナイのような形をしており、通常装甲への攻撃力はかなりのもの。 ちなみに、「ウィンダム」とは英語で「勝つ」と言う意味の「WIN」と、「状態」を意味する「DOM」を組み合わせ、「勝っている状態」と言う意味を込めて作られた造語であるが、上述した本機の扱いを見ると皮肉としか言いようがない。 5mm自動近接防御火器)やエアインテーク内部はグレーに塗り分けが必要です。

次の

ウィンダム (ガンダムシリーズ)

ウィンダム ガンダム

腰内部パーツは可動し、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。 関節は意外と経年でも劣化しなさそうな強度がありますし、ジェットストライカーの可動による自由度も高いです。 ここはグレーとライトグレー2色成形のため、細かな部分はホイルシールで色を補います。 スティレットでフリーダムのシールドを破壊するも、直後に両腕とジェットストライカーを破壊され、墜落した後炎上する。 サイズが大きめで存在感のある中距離射撃用ビームライフルです。

次の

ウィンダム

ウィンダム ガンダム

武装・必殺攻撃 [ ] M2M5 トーデスシュレッケン12. 後部のセンサーはシールが小さいので少し貼りにくかったりします。 従来機に採用されていた75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」の6分の1の口径だが、小口径化に伴うスペースの余裕から装弾数が増加している。 ユニウス条約の締結を受けて基本性能と汎用性の向上に重点を置いた設計がなされており 、肩部、脚部には大型のバーニアスラスターを備え、その機動性はダガーLを凌駕する。 ついでにHG SEEDのブレイズザクファントムとムラサメとも並べて。 『週刊ガンダムパーフェクトファイル 19号』ディアゴスティーニ・ジャパン、2012年2月14日、11-12頁。 ドッペルホルン連装無反動砲を装備した機体。 (画像では見えない部分。

次の

HG 1/144 ウィンダム|バンダイ ホビーサイト

ウィンダム ガンダム

が舞台である『』においても、地球連合軍のウィンダムがジェットストライカーを装備して登場している。 0mmジョイントを差し込んでのディスプレイとなります。 All rights reserved. 5mm自動近接防御火器 頭部と胸部に各2門ずつ、計4門内蔵された近接防御機関砲。 パーソナルカラーであるワインレッドに塗装されている。 主翼は1個パーツ構成で、グレーとイエローのシールを貼っての色分け。 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY オフィシャルファイル メカ編Vol. 脚の付け根構造が特殊。

次の

【ガンプラ】HGCE ウィンダム レビュー

ウィンダム ガンダム

デザインを担当した大河原は雑誌記事において、監督である福田己津央からはよりスリムにするようオーダーされたと語っている。 M9409Lビームライフル。 後部のコーンは少し長めに造形されています。 コクピットは第二期GAT-Xシリーズに採用されたものをベースにしており、操作性は良好。 HGCEエールストライクガンダムのエールストライカーを装備させることもできますし、ジェットストライカーをストライクガンダムに装備させることも可能です。 腕は合わせ目の出ない親切設計。 背部にはダガー系と同規格のストライカーパック用プラグを持ち、装備換装によってさまざまな運用状況にも柔軟に対応できる。

次の