オオナゾコナゾ。 オオナゾコナゾ

鼻行類

オオナゾコナゾ

エゾハリナガミジンコ Daphnia ezoensis• 全体に細長く、背甲は保育室のみ。 モグラハナアルキ属 - 強靭な鼻でトンネルを掘り、地中生活を送る。 環境条件が悪化したり、密度が上がりすぎたりすると、によって卵が作られ、同時に単為発生のものから雄が生まれる。 頭部はしばしば背甲から前方に伸びたヘルメット状の甲で覆われ、この甲の先端部は尖ってとなる。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 オオアタマミジンコ Diaphanosoma dubia• 雄は雌と交接し、受精が行われると、この卵は殻の内側の部分の肥厚したものに包まれて耐久卵となる。 単脚下目(ノロミジンコなど)では、体は細長く、18 mmに達するものがある。

次の

鼻行類

オオナゾコナゾ

また、などのを捕食するために、地面に顔をこすりつけていたことにより、このような進化を遂げたという説もある。 ニセネコゼミジンコ Ceriodaphnia dubia• 特に、一つの群島におけるの一分類群のをシミュレートする、という試みにおいても興味深いものである。 ( 、cf. 亜科不明• 第2触角の游泳剛毛は多数。 カギシカクミジンコ属 Rhynchotalona 2種•。 ウスカワハリナガミジンコ Daphnia hyaline• 地鼻類 鼻は棒状で、内部に空洞を持つ。 ハシミジンコ属 Pleuroxus (15種)• タマミジンコモドキ Moinodaphnia macleayii• 外部リンク [ ]• ケブカミジンコ属 Macrothrix 3種• ナキハナムカデ - 19対の鼻を持ち、そのうち18対の鼻でを演奏する。

次の

ミジンコ目

オオナゾコナゾ

4本の鼻で移動する。 多鼻類 四鼻類 鼻は4つ、それを足のように使って歩行する。 シカクミジンコ亜科 Aloninae (計19種)• 古い(これは実在する)のから始まり、による島の消滅という終焉を末尾に置くというドラマチックな構成は、単なるパロディ論文というよりは、という体裁をとった一つのとしても成立している。 ハナムカデ科 Rhinochilopidae 鼻汁を垂らして水生動物を捕獲するハナススリハナアルキの偽剥製(ストラスブール動物学博物館) 南太平洋に存在するに生息していた。 それ以外にも、性の哺乳類など、実在しないものを無理やり創り出したものもある。 Kurzia• 左右に張って伸び、途中で二またに分かれ、それぞれに長い毛が並んでおり、これを使って泳ぐことができる。

次の

オオナゾコナゾ

オオナゾコナゾ

しかしそれが鼻であることが一種のおかしみを醸し出している。 『鼻行類』 、訳• Disparalona• そのような種はプランクトンネットでは採集されない。 もっとも種類が多いのは異脚下目である。 そのため、関わりを持つ人物には生物学の専門家が多い。 また、巻末の参考文献一覧なども一見の価値がある。 その学術論文のパロディとしての完成度はかなり高い。

次の

鼻行類

オオナゾコナゾ

Spinalona• 思索社、、。 六鼻類 鼻は6つ。 haeckelii は、原鼻類で唯一の現生種(1)として知られている(鼻行類発見当時)。 Acantholeberi• シダ属 Sida• ノコギリミジンコ亜科 Eurycercinae• ビワミジンコ Daphnia biwaensis - 水系に分布 絶滅したと考えられる• この節にはが含まれているおそれがあります。 Megafenestra• シダ科 Sididae• 内部のが強く発達し、途中にがある。

次の

ミジンコ目

オオナゾコナゾ

キンカイショクミツオハナアルキ( D. 胸脚は6対、すべて歩脚型。 ハナモドキ属 - 長大な尾で直立し、にした鼻で昆虫を捕食する。 また、手頃な大きさで観察が容易なため、理科の教材、観察の材料としても手頃である。 おもな鼻行類 単鼻類 原鼻類 もっとも原始的な鼻行類と考えられるムカシハナアルキ類のは、後期もしくはのものとされる地層から産出されている。 Simocephalus• 海産種が多い。

次の