ビートルズ 映画。 未公開映像をもとにした新たなビートルズ映画の製作が発表。監督は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

ピーター・ジャクソン監督によるビートルズの新ドキュメンタリー映画『The Beatles: Get Back』が今年9月に北米で公開へ

ビートルズ 映画

STAFF 監督:リチャード・レスター 脚本:アラン・オーエン 製作:ウォルター・シェンソン 撮影監督:ギルバート・テイラー 衣装デザイン:ジュリー・ハリス ビートルズの衣装:ダギー・ミリングス&サン 編集:ジョン・ジンプソン 音響監督:ジョージ・マーティン ソング・ライティング:ジョン・レノン&ポール・マッカートニー CAST ジョン・レノン(ジョン) ポール・マッカートニー(ポール) ジョージ・ハリスン(ジョージ) リンゴ・スター(リンゴ) ウィルフリッド・ブランベル(ポールの祖父) ノーマン・ロッシントン(ノーム) ジョン・ジャンキン(シェイク) ビクター・スピネッティ(TVディレクター)ほか 世界初公開|1964年7月6日 日本封切|1964年8月1日 【2019年|87分|16:9 スクイーズビスタサイズ|2ch|BD|モノクロ|日本語字幕】. 映像は『They Shall Not Grow Old』のために開発された映像修復の技術を用いて新品同様の状態にレストアされます。 散々、例のウォールサウンドに批判を繰り返してきたポールが、どのようなリミックスを望むのか? Nakedとの違いは?などと楽しみです。 「マイケル・リンゼイ=ホッグが(ザ・ビートルズの)解散の18か月前に撮影した映像、そして音源をすべて確認ところ、これらが素晴らしい宝の山だということに気づいたのです」とジャクソン監督は明かす。 あの喜びに溢れていた時間を、ピーターはこの映画の中で描き出してくれることでしょう。 本番まであとわずか、果たしてビートルズの4人は無事ライヴを行うことができるのか…。 「ビートルズはキリストよりも有名」。 僕たちは何時間もただ笑ったり演奏をしたりしていました。

次の

未公開映像をもとにした新たなビートルズ映画の製作が発表。監督は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

ビートルズ 映画

その時はリンクを貼っておきますね。 2010年にギルドホール音楽演劇学校を卒業後、舞台で経験を積んだ。 僕も気になりつつまだ見れてない作品があるので、情報は随時更新していきます。 今ではセッションをまるごと聴ける音源が非公式にあるけど、それが裏付けてると言いますか。 おそらく世界でトップクラスに有名な殺人犯の物語ですね。

次の

ビートルズ映画『Let It Be(レット・イット・ビー)』制作中!監督はピーター・ジャクソン

ビートルズ 映画

Help! 『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが監督するの新たなドキュメンタリー映画『The Beatles: Get Back』。 『レット・イット・ビー』(Let It Be)は、ビートルズが1969年1月に行ったセッション(ゲット・バック・セッション)と、彼らの最後のライヴ・パフォーマンスとなった「ルーフトップ・コンサート」の模様を記録した、ドキュメンタリー映画である。 それよりも、『Let It Be』の「ルーフトップ・コンサート」のシーンで、キーボードで参加してるビリー・プレストンが鼻ほじってるのがバッチシ収められてるの知ってた?(どうでもいい). もちろん感情的な行き違いの瞬間も捉えられていますが、これは、このプロジェクトが長年言われいたような仲違いの記録ではありません。 この言葉がもたらした世界の動向は凄まじかったのですね。 史上最高のバンドが傑作を制作するのを間近で目撃することができたのです」 『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はアメリカとカナダで9月に公開される予定となっている。

次の

映画『イエスタデイ』公式サイト

ビートルズ 映画

メンバーの苦悩みたいな部分も見られるのでお得です。 1969年1月30日に撮影されたザ・ビートルズのサプライズでの屋上コンサートは、バンドが2年以上のブランクの後に行なったライヴであり、バンドとしての最後のライヴ演奏となった。 「55時間分の未公開映像と140時間分の音源を使わせてもらうことができるので、この映画をビートルズ・ファンが長らく夢見ていた『現場に立ち会う』という究極の映像体験にしようと思っています。 殺人的なツアーの日程が、いかに彼らのクリエイティビティを押さえつけていたのかを、この映画を観て確認することができました。 ALL RIGHTS RESERVED. はじめ見た時は「えぇ・・えぇ」と笑いながらニヤニヤしながら見ていました。

次の

ビートルズの新ドキュメンタリー『The Beatles: Get Back』(監督ピーター・ジャクソン) 北米公開日決定

ビートルズ 映画

それぞれ一家言を持ってたりして、これまたヤヤコシイ 笑 もう純粋なエンターテイメントとして見ることが出来なくなっている方も多いように思いますね。 2016年製作/140分/G/イギリス 原題:The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years 配給:KADOKAWA スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む ビートルズがワールドツアーを行った1963年〜1966年を中心に、彼らの活動や素顔に迫るドキュメンタリー。 もっとビートルズのような斬新な目の付け所や主体性が必要だ。 アナログA面 全作詞・作曲: 特記を除く。 あの頃の僕たちはただただ笑い合ったり、世に知られているヴァージョンとは似ても似つかぬような演奏をしたりして何時間も一緒に過ごしました。 『Let It Be』復活です! 映画『Let It Be』とは 『Let It Be』は、1970年に公開されたドキュメンタリー映画です。

次の

映画『イエスタデイ』公式サイト

ビートルズ 映画

映画の概要は以下の通り。 タイトル通り、公開当時の館内ではスクリーンに向けて絶叫が飛び交い、映画の中の4人に突進して、スクリーンを破ってしまったというエピソードも残されています。 「ビートルズほどの規模で世界にインパクトを与えたバンドはかつてなく、『The Beatles: Get Back』は、音楽史において非常に重要な出来事となった瞬間に、これらの天才クリエイターたちの制作風景を最前列の席で目の当たりにできる機会となります。 では今回、映画はいかにしてビートルズの魅力を伝えてきたか? いくつかの作品をご紹介していきましょう! 『ヤァ!ヤァ!ヤァ!』か? 『ハード・デイズ・ナイト』か? ビートルズが初めて映画に主演した作品が1964年度の『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』です。 「ペーパーバック・ライター」や「レイン」等のプロモーション・フィルムの製作を手がけたマイケル・リンゼイ=ホッグが監督を担当した。 カリフォルニア州バーバンク 2020年3月11日 -ウォルト・ディズニー・スタジオは、以前から発表されていた、著名な映画監督ピーター・ジャクソンのビートルズのドキュメンタリー映画の世界的な配給権を取得したことを発表した。

次の