フロン 改正 法。 よくあるご質問|改正フロン(フロン排出抑制法)についてのおしらせ|ダイキンエアコン(空調)|ダイキン工業株式会社

フロン排出抑制法概要/一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構

フロン 改正 法

機器引き取り時に、フロンが回収済みである旨の証明書(行程管理票「引取証明書」または「確認証明書」)の写しを受け取り、保管 (同証明書の交付を受けない場合、機器の引き取りはできません) 行程管理票制度 機器廃棄時に関わる全ての者の責任を明確にし、フロン回収を徹底するため、行程管理票制度が定められています。 3 書類の保存義務違反 【改正点】 フロン類の回収依頼書の写し、委託確認書の写し、引取証明書を保存しなかった場合、30万円以下の罰金が科せられます。 おしえて!アミタさんへの情熱は人一倍熱い。 本記事でご紹介できなかった詳細や最新動向を盛り込み、さらに詳しく学べる絶好の機会となっております。 上記2〜4の「判断の基準」に違反した場合(50万円以下の罰金)• 問い合わせ先一覧 フロン排出抑制法についてのお問い合わせに際しては、をご確認の上お問い合わせください。

次の

改正フロン法(フロン排出抑制法)の施行について(R2.4.1全面施行)

フロン 改正 法

分割版• 冷凍冷蔵ユニット スーパーマーケットの集配所やバックヤードに設置されるプレハブ冷蔵庫。 新規ウィンドウで表示• 下記の具体例を参考に、この機に対象機器が社内のどこにどれだけあるのか調査を行いましょう。 (出典:「業務用冷凍空調設備機器の簡易点検説明会資料」一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会) 管理者(業務用冷凍空調機器のユーザー)の義務 第一種特定製品の管理者は、主に以下の事項について取り組まなければいけません()。 5 フロン類算定漏えい量の算定・報告• フロン排出抑制法の対象となる「管理者」とは、原則として 機器の所有者です。 例えば、ひとつの冷媒系統に2台の圧縮機が使われている場合は、2台合計の定格出力で判断する。 フロン類は、化学的にきわめて安定した性質で扱いやすく、人体への毒性が小さいことから、エアコンや冷蔵庫などの冷媒用途をはじめ、断熱材等の発泡用途、半導体や精密機器の洗浄剤、エアゾールなど様々な用途に活用されてきましたが、 オゾン層破壊 や、 地球温暖化 といった地球環境への影響が明らかにされ、 より影響の少ないフロン類や他の物質への代替が進められています。 直罰: 交通反則制度での行政処分と異なり、告発され刑事裁判で有罪判決を受けると前科がつく司法上・刑事上の責任となります。

次の

「改正フロン回収・破壊法」って何?

フロン 改正 法

(工事の発注者から充塡回収業者へのフロン類引渡しを受託した場合) (2)の「」も参照してください。 ) ・ 一定規模の第一種特定製品について、 専門知識を有する者による定期点検 の 実施。 すべての第一種特定製品を対象とした簡易点検 3か月に一回以上の頻度で、製品外観の目視確認などを行ってください。 審議会での検討状況• 静岡県解体工事業協会054-260-7711 行程管理票制度全体の流れ 令和2年4月以降. ターボ冷凍機 ビル空調、工業用等比較的大規模の空調。 また、当日は冷媒管理システム「RaMS(ラムズ)」の説明会もあわせて実施いたします。 どのような機器が対象なのか?どのような対応が必要か?気になる対応方法について、一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)の山本氏に解説いただきます。 法律の対象者と対象機器を教えてください フロン排出抑制法によって、業務用空調機器及び冷凍冷蔵機器など「第一種特定製品」の所有者は、機器の管理者として点検等の義務があり、また、機器の廃棄時には、「第一種特定製品廃棄等実施者」としての義務が生じます。

次の

改正フロン排出抑制法(2020年4月1日施行)ポイント解説!

フロン 改正 法

業務用冷凍庫 レストランやホテルの厨房で使用されるもの。 具体的には、1回の違反で直ちに罰金などを科せる制度作りなどが挙げられており、2019年の国会での改正案成立が目指されています。 フロン類算定漏えい量報告・公表制度 ・フロン類の回収を第一種フロン類充塡回収業者に依頼してください。 ) /////////////// 登録後の手続き /////////////////// 第一種フロン類充塡回収業の登録後、登録事項の変更があった場合や、廃業等があった場合は 次のとおり届出が必要です。 「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)が改正され、令和2年4月1日に施行されました。 PDF型式、92. 漏えい防止措置(整備)後のフロン充填の徹底、整備時の充填回収証明書の発行• 内容と実施方法• 点検整備記録簿を機器廃棄後:一定期間の保存義務• また、同法に基づき、機器の廃棄時・整備時におけるフロン類の回収の実施等についても義務付けられています。 解体工事の場合には、元請業者から事前説明された書面を3年間保存してください。

次の

改正フロン排出抑制法の施行について(令和2年4月1日全面施行)

フロン 改正 法

) (分割版はをご参照ください。 詳細は を御覧ください。 (原則は「所有者」が対象ですが、例外として契約書等の書面において、「保守・修繕の債務(法的債務を含む)を所有者以外が負うこと」とされている場合は、請け負った者が管理者となります。 第一種特定製品事前確認結果説明書(参考様式)• フロン排出抑制法説明会資料(平成29年度)• フロン類回収率の向上ため,「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(平成13年法律第64号)が改正され,令和2年4月1日から全面的に施行されます。 )(法施行規則第10条関係)。

次の

改正フロン排出抑制法が令和2年4月1日から施行されました

フロン 改正 法

フロン排出抑制法改正案の主な内容 フロン排出抑制法の改正案が5月29日に成立しました。 製品メーカー (フロン排出抑制法 第12~15条より) 指定製品の製造業者等は、国が定める「指定製品の製造業者等の判断の基準となるべき事項」に基づき 指定製品に使用されるフロン類による環境影響度の低減に取り組む。 フロン排出抑制法概要 (改正)フロン排出抑制法 ・ フロン排出抑制法の全文と新旧対照表 ・(PDF:13. 機器からフロンが漏れ出た時に適切に対処すること(繰り返し充填の禁止)• フロンの種類 物質番号 特定フロン CFC(クロロフルオロカーボン) (注1) R-11,R-114,R-12,R-115,R-13,R-502 HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン) (注2) R-22,R-409,R-124,R-225,R-401A・B・C 等 代替フロン HFC(ハイドロフルオロカーボン) R-407C,HFC-125,R-404A,HFC-134a,R-410A 等• 詳細は を御覧ください。 フロン排出抑制法についてご紹介しています。 11995年生産全廃• 第一種特定製品引取等実施者(廃棄物・リサイクル業者)に関する事項 今回の法改正で、第一種特定製品廃棄等実施者(機器ユーザー)から引き取った機器を部品等としてリサイクル又は処分する場合、「第一種特定製品引取等実施者」となり、フロン類の回収が確認できない機器の引取は禁止されます。 ) (分割版は をご参照ください。

次の

改正フロン排出抑制法が令和2年4月1日から施行されました

フロン 改正 法

第一種特定製品の廃棄等の際、第一種フロン類充填回収業者の登録を持たない設備業者、解体業者、販売業者等(第一種フロン類引渡受託者)に第一種フロン類充填回収業者へのフロン類の引渡しを委託する場合は、委託確認書を特定製品と一緒に渡し、写しを3年間保存してください。 点検種別 対象機器 圧縮機の定格出力 点検者 点検頻度 点検内容 1 簡易定期点検 すべての第一種特定製品 管理者・ユーザー (専門業者に委託することも可能) 3ヶ月に1回以上 [目視検査] 室外機・室内機の熱交換機および配管部分の異常音・異常振動・油にじみ・腐食・さび・傷・霜付きなど (冷蔵・冷凍機器の場合、庫内温度の確認も必要) 2 定期点検 業務用空調機器 7. 目 次. 省令で定められた充填基準・回収基準に従って、充填・回収を行う。 業務用の冷凍冷蔵機器やエアコンは、「 により、フロン類の管理が義務づけられています。 さらに、2018年12月、環境省は機器の廃棄時の回収が予定通りの数値に達していない現状を受け、企業への罰則を強化すると発表しました。 (リンク) パンフレット,チラシ 次のパンフレット,チラシの印刷物は,令和2年4月以降,で入手できます。

次の

フロン排出抑制法概要/一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構

フロン 改正 法

国から求められた「管理の適正化の実施状況報告」の未報告、虚偽報告(20万円以下の罰金)• フロン類の充填および回収の委託義務等について• また、修理などを行うまでフロン類の充填は原則として行えません。 更新申請は、現在の登録期間が満了する日の3ヶ月前の日以降の開庁日から受け付けます。 5kW以上 1年に1回以上 エアコンディショナー 50kW以上 1年に1回以上 7. 廃棄しようとする特定製品にフロン類が充填されていない可能性がある場合、第一種フロン類充填回収業者に確認作業を依頼し、フロン類が充填されていないことを示す確認証明書を受け取り、3年間保管してください。 しかし、代替フロン類は、オゾン層を破壊しませんが、特定フロンと同様に強い温室効果(CO2の数十倍から一万倍超)を有すると言われています。 罰則について 以下のような場合、所有者に罰則が科せられます。 一方で、肝心のフロン回収率は伸び悩んでいます。

次の