株式 会社 メ タップス ペイメント。 Metaps Inc.

2016年2月24日 半歩先読み 仮想通貨を「貨幣」認定 仮想通貨関連銘柄はコレ!?

株式 会社 メ タップス ペイメント

当該増資によるpringに対する支配の喪失に伴い、残存保有分を公正価値で再測定しております。 当監査法人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューの一環として、オープンソース・ツールを、他の手続 と組み合わせて利用した。 前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末の帳簿価額はそれぞれ-百万円及び569百万円であ ります。 企業結合による条件付対価は、被取得企業の業績達成に応じて支払いもしくは払い戻しが発生する取引であ り、対象期間における被取得企業の業績や割引率等を基に算定しております。 IFRS第16号への移行に際し、契約にリース が含まれているか否かについては、IFRS第16号C3項の実務上の便法を選択し、IAS第17号「リース」(以下 「IAS第17号」という。

次の

メタップス 四半期報告書 第13期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日) 2020年05月15日提出

株式 会社 メ タップス ペイメント

成長が見込めて、ピーク時から大きく価格を下げた銘柄を取り上げる対象としていますので、その銘柄の人気度合いについては、選定において考慮しておりません。 20 1. ポイント交換先としての対応しています。 【(9468)、メディアドゥ(3678)】 はLINEマンガへのコンテンツ提供を実施。 の中国子会社と販売業務提携も実施(こちらは「」の項目にて)。 3 Other token usage services」には、当社グループがPluscoin保有者に対して、ホワイト ペーパーに記載されたプラットフォームを運営し、またそれを用いた取引によって課される取引手数料の割引を 提供する旨が記載されておりますが、当該プラットフォームを運営し、割引を提供する期間及び割引金額につい て明記されておらず、プラットフォームが整備され、割引の詳細が決定されるまで受領した対価を収益として認 識すべき期間について信頼性をもって見積ることができません。 金融資産の認識の中止に際しては、資産の帳簿価額と受取った又は受取可能 な対価との差額を純損益として認識し、当該認識の中止時点までその他の包括利益として認識していた累積 利得又は損失をその期間の純損益へ振り替えております。 2. 事業整理の内容 (1) UPSIDE CO. (a)満期保有投資 固定又は決定可能な支払金額と固定の満期日を有する非デリバティブ金融資産で、当社グループが満期ま で保有する明確な意図と能力を有するものを満期保有投資に分類しております。

次の

フィンテックのテーマ株

株式 会社 メ タップス ペイメント

デスの試作や材料開発用として、さまざまな蒸着装置の提案・設計・製造も実施。 なお、SJIはテックビューロへの出資も発表。 【アクトコール(6064)】 AI開発子会社ジーエルシーと東大発AI関連技術を持つが組み、AIを使ってコールセンターの電話応対などを自動化するシステムを開発する。 【(2590)】 自動販売機のポイントサービスで2016年9月1日からLINEと提携すると発表。 【小松精錬(3580)】 2007年に、素子のガラス基板と封止用ガラスの間を充填して封止する透明フィルム「小松充填シート」を北陸先端技術と共同開発。 なお、 当第1四半期連結累計期間 における法人所得税は、年 間の見積実効税率に基づいて算定しております。 のれんの主な内容は、将来の超過収益力の合理的な見積りのうち、個別の資産として認識されなかったもので あります。

次の

メタップス (6172) : 株価/予想・目標株価 [Metaps]

株式 会社 メ タップス ペイメント

これは主に、営業債務及びその他の債務が1,608百万円増加したことによるもの です。 6 2. パネル製造に必要な材料をすべて有することで材料をパッケージでユーザーに提供可能となっている。 (注)2020年5月1日、当社を存続会社、株式会社メタップスリンクスを消滅会社とする吸収合併を実施いたしま した。 民泊においては、子会社のVSbiasが、6月15日より施行されたばかりの住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づいて、家主不在型の住宅宿泊事業者から委託を受けて、家主業務の代行を行う「住宅宿泊管理業者」の登録申請を行ったと発表しました。 当社グループでは、経過措置に従ってIFRS第16号を遡及適用し、適用開始の累積的影響を第1四半期連結 会計期間の利益剰余金期首残高の修正として認識しております。

次の

メタップス 四半期報告書 第13期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日) 2020年05月15日提出

株式 会社 メ タップス ペイメント

これは主に、税引前 四半期損失262百万円によるものです。 投資対象は売上が安定して見込めるもの。 イギリスのオンライン国際送金サービス「アジモ(Azimo)」へ16億円出資。 【(7911)】 AIなどの技術を活用して生徒一人ひとりに合わせた問題を出題する電子教材「やるkey(やるキー)」を開発。 9 779. 営業利益は約2. 29 3798 ULSグルプ 27. 2007年に会社設立し、2015年に株式を上場しました。 )及びIFRIC第4号「契約にリースが含まれているか否かの判断」のもとでの判断を 引き継いでおります。 (負債) 当第1四半期連結会計期間末の負債合計は18,097百万円となり、前連結会計年度末の負債合計16,367百万円と 比べ1,729百万円増加しました。

次の

フィンテックのテーマ株

株式 会社 メ タップス ペイメント

売却可能金融資産に減損の客観的証拠が存在している場合には、その他の包括利益に認識していた累積利 得又は損失を、その期間の純損益に振り替えております。 上記と、、の出資で事業を担う「JOLED」設立。 【リアルワールド(3691)】 ソーシングによるのプログラム精度向上支援を商品化。 5 74. 【(3236)、(8909)】 共同で民泊プロジェクトを立ち上げる。 valuecommerce. 2.作成の基礎 (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨に関する事項 当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規 則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満たすこ とから、同第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。 VSbias株式の譲渡及び残存保有分を公正価値 で認識した損益の合計は87百万円であり、連結損益計算書上、その他の収益に計上されております。

次の