イニャキ ペーニャ。 移籍報道のアルトゥールもメンバー入り…バルサ、セルタ戦へ23名を招集

バルサ、敵地でのビルバオ戦へ19名招集…デンベレがケガから復帰

イニャキ ペーニャ

左CH:リキ・プッチ カンテラでキラキラ星のリキ・プッチは トップチームに定着してどれだけのプレーができるか みてみたいということで選びました。 チーム強化どころか強さ維持すら難しいですが期待だけは残した選手構成に 大幅な戦力ダウンの選手構成にしました。 2007-08シーズン、長年にわたって正ゴールキーパーを務めたとのレギュラー争いに勝利し、42試合中41試合に出場し、復帰に貢献した。 試合に出場してもコンディションが上がらず、 来シーズンにそれではとても困ります。 現状ではそんな贅沢は言わずに期待できる CBを配置したという理由でアラウホにしました。 また、2008-09シーズン中、契約を2009年6月30日まで残しているにもかかわらず、契約満了後の加入が決まっていた戦に出場することを拒否した。 しかし、2019-20シーズンはレアル・バジャドリードへのレンタル中であるため監督キャリア1シーズン目での獲得は不可です。

次の

イニャキ・ゴイティア・ペーニャ

イニャキ ペーニャ

もう1シーズン残って戦ってくれても 悪くなくうれしいのですが、 チームの経済的な状態と高額な年俸も考えて 放出した方がいいと考えました。 左CB:(アラウホ) 「かっこ」をつけたのには意味があり、 基本的にトップチームと一緒に行動はするが 契約自体は現状のバルサBのままということだけ。 FIFA20のキャリアモードをやる上で 若手選手の獲得は非常に重要です。 2009年6月、4年契約でベティスに加入することが発表された。 ラフィーニャ 選手としての実力とカンテラ選手として期待感はありますが、 アレニャとリキ・プッチがいることで 世代交代の時がきたと考え放出にしました。

次の

イニャキ・ペーニャ

イニャキ ペーニャ

しかし トップチーム定着に勝負の年として 来シーズンに挑んでほしいです。 翌2008-09シーズンもレギュラーとして開幕を迎えたものの、いくつかの手痛いミスを犯し、アルナウにポジションを奪い返されてしまう。 現フロントはここまでのチーム改革をせず、 来夏の会長選挙を見据えて勝つためだけの 選手構成にすると予想しています。 つまりは9月下旬までリハビリ生活になりそうです。 オフェンスセンス: 52 ボールコントロール: 68 ドリブル: 70 ボールキープ: 69 グラウンダーパス: 77 フライパス: 77 決定力: 49 ヘッダー: 68 プレースキック: 65 カーブ: 58 スピード: 72 瞬発力: 69 キック力: 88 ジャンプ: 90 フィジカルコンタクト: 84 ボディコントロール: 73 スタミナ: 69 ディフェンスセンス: 75 ボール奪取: 66 アグレッシブネス: 61 GKセンス: 89 キャッチング: 84 クリアリング: 85 コラプシング: 88 ディフレクティング: 86 逆足頻度: 2 逆足精度: 2 コンディション安定度: 5 ケガ耐性: 2 選手の評価・使用感の投稿 みんなの使用感・評価. まとめ 今回はFIFA20 ラ・リーガのポジション別ポテンシャルランキングということで様々な若手選手を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 また、上位3名は市場価値が比較的お高めですので、個人的には アルトゥーベ、ガブリエル・ブラザオ、イニャキ・ペーニャあたりの獲得をおすすめします。 スアレスの放出は確実に数年後には訪れるので、 それを前倒しして少しでも 移籍金を得たいという考えもあります。

次の

ネト離脱により、イニャキ・ペーニャに当たるスポットライト

イニャキ ペーニャ

- Soccerwayによる個人成績. 1位はレアル・マドリードのエデル・ミリトンになります。 ( ). また、2008-09シーズン中、契約を2009年6月30日まで残しているにもかかわらず、契約満了後の加入が決まっていた戦に出場することを拒否した。 チャンピオンズのメンバーには入れるのは良い経験になりそうです。 ミットフィルダー MFポテンシャルランキング 1位:フレンキー・デ・ヨング 2位:アルトゥール 3位:ゴンサロ・ゲデス 4位:トマ・レマル 5位:カルロス・ソレール 6位:ミケル・メリーノ 7位:リキ・プッチ 8位:久保建英 ラ・リーガのポテンシャルの高いミットフィルダーランキングは上記の通りです。 メンバーにはウルグアイ代表FWルイス・スアレス、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシらが順当に選出。 2009年6月、4年契約でベティスに加入することが発表された。

次の

イニャキ・ペーニャとは

イニャキ ペーニャ

ユヴェントスへの移籍が取り沙汰されているブラジル代表MFアルトゥールもリスト入りしている。 マラガはこのシーズン降格圏に沈み、リザーブチームも降格となった。 そんなアトレティコは今夏の移籍市場でも複数ポジションの補強に動く可能性が浮上している。 ネト自身も出場機会を求めているようなので、 両方にとって悪い放出にはならないはずです。 バルサに復帰してもファンは懐疑的な視線を送り、 コウチーニョとバルサファンにとって 今夏での放出がベターと判断しました。

次の

バルサ、敵地でのビルバオ戦へ19名招集…デンベレがケガから復帰

イニャキ ペーニャ

ラウタロを獲得したらCFの席は埋まるので、 ブライトバイテは放出していいと思います。 ポジションの細かいところは気にしないでください。 つまり、チングリの信頼は篤い。 その一方でファーストチームのトレーニングにも日常的に呼ばれ、同年は公式戦12試合で バルベルデの招集を受けました(リーガ9、コパ3)。 エメルソンの方が現状では優れているように感じますが、 両者ともそこまでみていないので いい選手の方を選択すという形に。 その他ではスペイン代表DFジェラール・ピケやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシといった面々が順当にメンバー入り。 16) ハットトリック達… 約8時間前 アーセナルの「アイコニックモーメントシリーズ」登場中🔥 ダービーでニアサイドをぶち抜く!トマーシュ ロシツキー 2014. しかしシーズンを戦って選手が成長したバルサなら、 高くなくても可能性は十分にあるメンバーだと思います。

次の

イニャキ・ペーニャ

イニャキ ペーニャ

しかし、 実際のところ来シーズンのバルサの経済面は 火の車なのは間違いありません。 選手データについて 選手データはアップデート等により実際のデータとは若干異なる場合があります。 国内リーグ戦に限る。 動けば動くほどマイナスになるくらいなら 動かずマイナスなことをしないというのも、 一つの行動になります。 2020年5月1日現在。

次の

イニャキ・ペーニャとは

イニャキ ペーニャ

久々のカンテラ選手のGKということもあり、 1年目から大活躍というより2~3年後に 正GKになる可能性がある選手に 第2GKを任したかった。 そしてそのネトが欠場している間、第2ポルテーロとなって不測の事態に備えるのが、バルサBの イニャキ・ペーニャ(20)。 ポテンシャルは88ありますが、レーティングもすでに81と高めです。 特に弱小クラブは市場価値が上がる前に早めに有望な選手を獲得し、自チームで育てて価値を高めてから売却する。 ジャスペル・シレセンが出場時間を求めてバレンシア移籍に向かっていったときも、強化技術部にはこの イニャキを昇格させてはどうか、彼はもう準備を整えているとの考えはあったようです。 2020年5月1日現在。 ペドリはレンタル移籍でも試合に出場して成長が見込め、 コジャードはバルサBでプレーしながらトップチームの 出場機会を待つという状態でいいと考えました。

次の