イニシャル コスト 意味。 ビジネス用語「イニシャルコスト」の意味とは?正しい使い方を例文で解説!

「イニシャルコスト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

イニシャル コスト 意味

たとえば総費用が1,200万円の機械を導入した場合で、具体的に説明してみましょう。 どのような意思決定をしようと、サンクコストは戻ってこないからです。 経営学用語で、企業が運営していく上で必要となる機材やシステム、備品などを維持するために活用となるコストを指します。 経営において黒字と赤字とを正確に把握できているかどうか、というのは極めて重要なことなのです。 得られる対価の見積もりを間違える• 店舗は広告効果を都度確認し、効果の大きい広告に絞って費用をかけることが重要です。 あなたにも、口座やクレジットカードからズルズルと引き落とされている料金があったりしませんか? せっかくなので、これを機にコスト評価をしてはいかがでしょう。 「イニシャルコストは1,000万円を下らないだろう」 「イニシャルコストが多少高くとも、ランニングコストが抑えられコスパが良いのであればその方がいい」. 一方、使用開始の後、使用を継続するためにかかる費用のことは「」(running cost)という。

次の

イニシャルコストとランニングコスト

イニシャル コスト 意味

また、短期的な視点ではなく、中長期的な視点でコストをかけることができるかどうかを考えることも大切です。 広告費をはじめとする、店舗の利益のためにかけたランニングコストが、効果的に働いているかを確認する指標として活用できます。 イニシャルコストは前述の通り投資の損益分岐点を計算する上での固定費となるため、その投資から得られる収益を考える場合には損益分岐を決める重要な要素となる。 たとえばそれが機械の場合は、設置・稼働してから稼働し続けるために必要な維持費のことです。 以上、金銭コストの分類方法について説明しました。 ROIとは「Return On Investment」の略で、「費用対効果」を意味します。

次の

「イニシャルコスト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

イニシャル コスト 意味

これが第一の問題です。 ちょっとこれだと実現性が怪しいですね。 長期間使用するうえでランニングコストが大幅にかかるのであれば、それは会社の経営において負担となってしまいます。 「初期費用」=「イニシャルコスト」と考えていいと思いますが、「開発費」と「導入費」は大きい「イニシャルコスト」という枠組みの中の1項目と考えてください。 コストは値札に書いてあったはずです。 「イニシャルコスト」に「ランニングコスト」、そして「トータルコスト」はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、ビジネスパーソンの常識として意味を知っておきたいところです。 たとえば広告を用いて商品を販売し、1ヶ月で60万円の収益、40万円の総費用がかかったとします。

次の

イニシャルコスト(初期費用)とは

イニシャル コスト 意味

イニシャルコストを含めずに、損益分岐点を算出しようとすると、正確な利益を計上することができずに、いつまでも赤字という状態になります。 これが第二の問題です。 損益とはある一定期間の「損失」と「利益」のことですから、損失になるか利益になるかの分岐点ということになりますね。 今回引っ越しするにあたり、このバイクをどうするか迷ったあなたは「サンクコスト」の罠にはまっているのかも。 他にもまだある「〇〇コスト」 「〇〇コスト」というビジネス用語は「イニシャルコスト」の他にもまだまだたくさんあります。 一般的な住居を借りるときと同様に、契約終了時には償却分を差し引いた金額が借主に戻ります。

次の

ランニングコストの意味とは?イニシャルコストとの違いは?日本語・英語の使い方も徹底解説

イニシャル コスト 意味

それをできるビジネスマン風に言っているのが「初期費用」や「イニシャルコスト」だと考えればわかりやすいですよね。 契約期間がない場合、ランニングコストは永続的に発生するものだからです。 アルバイトやパート従業員で、働いた時間で給与が変動する人件費を変動費とする企業も。 イニシャルコストとランニングコスト、および使用終了後の廃棄コストや(後継製品・サービスへの)移行コストをすべて合計したものは「」(TCO:Total Cost of Ownership)と呼ばれる。 Microsoft Officeは最近、買い切りからサブスクリプションへ移行していますよね。 費用区分は、「イニシャルコスト」が売上の変動に影響されない『固定費』であるのに対して、「ランニングコスト」は売上の変動で増減する『変動費」になります。 【前払い賃料】 支払い額相場:契約日から翌月分までの賃料 契約した月の翌月分の家賃を前もって支払うための費用をいいます。

次の

「ランニングコスト」と「イニシャルコスト」の違いと使い分け、英語表現も紹介

イニシャル コスト 意味

したがって、「導入費」は「開発費」と比較すると、短期で投資が回収され、すぐに利益貢献するような性格のものでなければなりません。 他にも、ビジネスにおけるプロジェクトなどは、すべて継続モデルだと考えてください。 設備を導入して稼働されるようになってから、その導入したものが廃止されるまでの間にかかるコストです。 他社から費用をかけてでも調達したいものであれば、その目的は明確であり、すぐに成果が出るものでなければなりません。 If you must play, decide on three things at the start: the rules of the game, the stakes, and the quitting time. つまり、スポーツクラブに入会して3ヶ月の時点では、サンクコストになってしまったイニシャルコストのことは忘れるべきなのです。 では、トータルコストを削減するには何を意識すればいいのでしょうか。

次の

お店の開業資金はいくらかかる?イニシャルコストとランニングコストについて解説

イニシャル コスト 意味

月のランニングコストが20万円、収益が60万円の場合、店舗の利益は40万円となります。 ごちゃごちゃにならないように意味を確認していきましょう。 この場合も不用品を買い取ってくれるリサイクル業者を見つけることができれば「スイッチングコスト」を小さくできます。 また、新店で新たな実験を行なったり、アンテナショップ的な位置づけである場合は、追加の開発費や導入費も加わりますね。 費用の性格上、通常の「イニシャルコスト」は初回のみの契約ですので、一度決まった費用は変更できません。

次の

ビジネス用語「イニシャルコスト」の意味とは?正しい使い方を例文で解説!

イニシャル コスト 意味

給湯設備がガスタイプであれば給湯器の交換、オール電化でも設備機器は耐用年数が限られているので交換が必要になります。 つまり、 コストを評価するとは、「払うコストは、得られる対価に見合うか」を考えるということです。 したがって、企業が新規に何かを行なう場合には、まず最初の「イニシャルコスト」をいかに抑えるかが重要な課題となります。 プリンターを使うためにはプリンターそのものはもちろん、最初に使用するまでのインク代や電気代も必要になりますが、初期の段階ならイニシャルコストになります。 一方、運営サイドで実務的に使われる、ビジネス用語としての「イニシャルコスト」は、以下のような意味で使われています。

次の