ヴェゼル モデューロ。 【試乗レポート ホンダ ヴェゼル モデューロX】価格差にも納得の上質な走り味|中古車なら【グーネット】

ホンダ・ヴェゼル モデューロX【試乗記】 名機は晩成す

ヴェゼル モデューロ

ステップワゴンとヴェゼルにはブラックのシートが装着され、S660にはレッドとブラックのシートが装着され、高級感を醸し出しています。 遠くまで走るだけ、ドライバーが楽しんだ分だけ、同乗者にとっても、最高の時間が過ごせるクルマであって欲しい。 ベース車両に装着されているフロントバンパー下部左右の大型整流板を除去する一方、フロントエアロロアーガーニッシュ下部中央に段差を設け、さらに2本のフィンを追加。 フェイス部分の大面積をブラックアウトする意匠は、いかにも最近のスポーツモデル風である。 都内からお越しのSさんは、フリードをファミリーカーに、そして趣味のクルマとしてS660にも乗っているという。 ツーリングの素性の良さをより引き出し、もっとも走る楽しさと快適性のバランスも図られており、魅力的に移った。

次の

ホンダ ヴェゼル Modulo X試乗|売れっ子SUV×熟練のこだわりで、クルマ好きをうならせる1台に

ヴェゼル モデューロ

トランスミッションは7段ATが組み合わされる。 初めて運転するクルマってどのくらいブレーキを踏んだら良いのか、ステアリングの切り方などドキドキしてしまうことが多いのですが、自然と寄り添った動きをしてくれ、恐怖心がすぐになくなったのです! 愛車がホンダN-ONEの私からしたら「街乗りでSUVってどうなんだろう……」と思っていましたが、小回りがきいて運転しやすい! 助手席じゃなく、運転席に常に座っていたくなる楽しさでした。 さらに、圧巻なのは、やはりフラットな乗り味です。 アクセルペダルにある「RFP」とは「リアクティブフォースペダル」の略称で、不経済な運転や滑りやすい路面、自動ブレーキ作動時などに、アクセルペダルに押し戻す反力を発生させる。 デザイン性と機能性の両立が図られている。

次の

ホンダ 新型 ヴェゼル Modulo X ツーリング & ハイブリッドモデル 2019年11月29日発売

ヴェゼル モデューロ

おそらくフットワークそのものは乗り心地から得る感覚よりしなやかに動いており、また「実走行によってつくり込んだ最適な空力バランス」もかなりの割合で奏功していると思われる。 ベース車のツーリングだと、ツアラー的キャラクターが際立っていたが、モデューロ Xでは、足まわりが固められたことで、より機敏な動きを可能としており、よりアクセルを安心して踏めるシーンが拡大。 ヴェゼルのモデューロXは、ガソリンモデル「ツーリング・ホンダセンシング」、ハイブリッドモデル「ハイブリッドRSホンダセンシング」、モデューロXシリーズでは初となる4WD車「ハイブリッドZホンダセンシング」をベースとし、スポーティで上質なデザインと走行性能を追求した。 クセのある乗り心地は好き嫌いが分かれそうないっぽうで、それ相応の走りをしたときの操縦性には光るものがあるので、購入したい向きは、ぜひとも自分で試乗すべきである。 取り付けは、ノーマルグリルを外しての交換になります。 純正パーツメーカーであるホンダアクセスが手がけるコンプリートモデル、モデューロXは、2013年1月に発売された「N-BOXモデューロX」が第1弾で、今回のヴェゼルは6番目となる。 いちおしは、間違いなく、よりターボの魅力を引き出した「ツーリング・モデューロ X」だ。

次の

ホンダ ヴェゼル Modulo X試乗|売れっ子SUV×熟練のこだわりで、クルマ好きをうならせる1台に

ヴェゼル モデューロ

どちらがカッコいいのかはご本人の好みによりますが、私は無限なら「SPORTY AERO STYLE」を付けたいと思います。 おすすめホイールを選ぶ基準は、「信頼のおけるメーカー」「耐久性」「安全性」「価格とのバランス」を中心に選んでいますが、デザインやカラーは完全に私の好みが反映されていますので、お勧めのメーカーのホイールなら全ておすすめ出来ると考えて下さいませ。 これまでのモデューロ Xでは、表皮の変更までにとどめており、シート自体に手を入れるのは、今回が初の取り組みとなる。 無限フルエアロを取り付けたなら、フロントグリルもぜひ取り付けたいパーツだと思います。 ベース車からのキャリオーバーとなるタイヤは、ハイブリッドが横浜タイヤ製「アドバンA10」で、ツーリングがミシュラン製「プライマシー3」を装着している。 「そうそう、モデューロXはこうでなくちゃ」という思いは、ハイブリッドに乗り換えても同様。 どうやら、そんな発売タイミングの決定や、使用パーツのサプライヤー選択といったポイントに関しては、「親会社の意向も反映させながら子会社が手がけている」がゆえの難しさもあるようだ。

次の

【試乗レポート ホンダ ヴェゼル モデューロX】価格差にも納得の上質な走り味|中古車なら【グーネット】

ヴェゼル モデューロ

ホンダ・ヴェゼルに追加されたモデューロXの走り S660、ステップワゴンなどにすでに設定されている「モデューロX」は、さまざまな路面環境で「思い描いたラインへ、クルマが反応してくれる」ことを目指したコンプリートカー。 ところで、同様にホンダ直系のイメージが強いスポーツブランドに「無限」がある。 (文=河村康彦/写真=荒川正幸/編集=関 顕也). ちなみにモデューロは、1994年にホイールのブランドとしてスタートした。 honda. 専用アルミホイールの裏面。 それでいて余分な姿勢変化を抑制するハリもちゃんとある。 走行安定性に寄与する専用デザインのリアバンパー。 専用アルミホイールの裏面。

次の

開発者がこだわり抜いたモデューロX初の専用フロントスポーツシートが最高!憧れのヴェゼル モデューロXに試乗

ヴェゼル モデューロ

バケットシートのようにタイトに身体に密着させるのではなく、ドライバーをよりサポートするような形にすると走りはもちろんですが運転時の姿勢も安定するんですよね。 後席の背もたれを前方に倒して長尺物を積載したり、後席の座面をチップアップして背の高い荷物を積んだりできる。 メーカーから記事を探す• この種のクルマが好きなら、エクステリアデザイン(と優秀なスポーツシート)だけでも数十万円の価値を認められる人はいるだろう。 だから安心感が抜群。 正規ディーラーで買えるカスタムカーがモデューロX ヴェゼルモデューロXは2019年1月に開催された東京オートサロンに参考出品されたモデルです。 これにより、主に中高速域で四輪への垂直荷重を空力によって増大させてグリップ限界を高め、コーナリングパワーも増大させることで、ステアリングレスポンスと外乱に対する収斂性を同時にアップ。 また、思い切ってディスク部分は「ボディーと同色」も私はカッコいいと思います。

次の

ホンダ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 趣味のクルマにはいいけれど

ヴェゼル モデューロ

fujicorporation. 3mmインセット55mm(20inch — 8. 試乗後、商品企画部YPL研究員の苗代圭一郎さんにお話しを伺うことができたのですが、この専用フロントスポーツシートはコンセプトを貫きこだわったものの一つなのだそうです。 どちらもスポーティー感は増しますが、ボディーと同色の方がシンプルなのは間違いないと思います。 2019年1月には1. ホイール リム幅 20インチ 8. その乗り心地からは想像しがたいほど、ビターッと(路面ではなく)車線に吸いつくように巡航する。 取り付けはバンパー下部に被せるタイプですが、一部加工が必要です。 専用リアエアロロアーガーニッシュの試作品も展示されていました。 ヴェゼル ツーリング モデューロX(プラチナホワイトパール)。 Sponsored Link ヴェゼルとモデューロX の外装、内装の違いは? モデューロXには通常のヴェゼルには装着されていないパーツがたくさんあります。

次の

ヴェゼル エアロ(無限・モデューロ・ノブレッセ)の価格を調査

ヴェゼル モデューロ

一方で、率直なところ「あれれ?」と思ったのは、いつものモデューロXであればそんな操安性の向上よりもむしろ感動させられる快適性が、今回に限っては必ずしも手放しで褒めたくなる水準には達していなかったことだった。 ノーマルグリルを外しての交換で、フロントカメラシステムは取り付け不可能になってしまいます。 それがヴェゼル・モデューロXというクルマである。 Sponsored Link ヴェゼルモデューロXとは? モデューロXが通常のグレード異なる点は ・専用サスペンションの搭載 ・専用エクステリアパーツの装着 ・専用インテリアの採用 の主に3点です。 そもそも「モデューロ X」とは、ホンダの純正用品を展開するホンダアクセスが生み出した純正コンプリートカーだ。

次の