寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か。 寛容のパラドックス

寛容は不寛容に対して寛容たるべきか

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

: 河出市民文庫(1952)版がもとになっている。 北関東・千葉• そんな事情を思えば、寛容を何より重視するなら尚更のこと、自分も生き残り、他者をも生き残らせる努力を私たちは忘れてはならない。 そうでなければ、その社会は不寛容と言うことになり、そうするとつまり、不公正な社会ということになる。 その期待が大きければ大きいほど怒りも増幅する。 Popper, Karl, The Open Society and Its Enemies, volume 1, The Spell of Plato, 1945 Routledge, United Kingdom ; 978-0-691-15813-6 1 volume 2013 Princeton ed. 当時も世界中で賞賛されたスピーチ。 雪が降っています。 渡辺一夫はあくまで寛容は不寛容に対しても寛容であるべきだという。

次の

寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか 渡辺一夫随筆集 (三田産業)

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

) つまり、内なる「正しさ」と外への「寛容さ」は本来切り分けて議論されるべきだと思うのだが、しばしばそれが混同され、交わらない議論が生じてしまう。 これを要するに「人喰人について」は、の先見性がよく表れた一章である、ということだ。 初めから結論が決まっていたのである。 フェア• と言うのも、彼らは我々と同じ立場で理性的な議論を交わすつもりがなく、全ての議論を非難することから始めるということが容易に解るだろうからだ。 」 (訳注:トマス・ジェファーソンの大統領就任演説においてアメリカでは有名な一節) 日本のフランス文学者であるは、「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」というエッセイの中で寛容のパラドックスについて検討した。 後に挙げる宮下氏の訳文も同断)を引き、 野生の意味を逆転させ、それによって人為と自然をめぐる価値の判断までも逆転させようというのがかれ()の狙いなのである。 そんな完璧でない人間共が自分だけは棚に上げて他者の失敗に対して烈火のごとく怒るのはそもそもおかしいわけで、それでも他人の失敗に対して寛容でないというのであれば、自分が失敗した際にはそれ相応の報いを受けるべきであるし、そのようなルールを厳命に自ら課すべきである。

次の

寛容は不寛容に対して寛容たるべきか

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

121-22) 書物随筆以外のもので印象に残っているのが、1947年に書かれた「と人喰人」だ。 表題作を含め、精選した17篇の随筆を収録。 異なる宗教を信じる者同士の対話もひとつの異文化間コミュニケーションです。 307. 合衆国とその連合を不安定にする可能性のある人たちについて、曰く、「…彼らを邪魔しないでおけ。 「合意に達するという手段は、力という道具によって繰り返し押しのけられる(The means of reaching agreement are repeatedly thrust aside by the instruments of force. , p. 【目次】(「BOOK」データベースより) 非力について/思想の役目について/カトリシスムと僕/狂気について/不幸について/文法学者も戦争を呪詛し得ることについて/人間が機械になることは避けられないものであろうか?/自由について/寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか/新卒業生の一人への手紙/立ちどころに太陽は消えるであろう/老醜談義/いわゆる教養は無力であるか?/文運隆盛時と大学文学部/平和の苦しさ/悲しく卑しい智慧/偽善の勧め. むしろ、不寛容があることで時代が前進するのかもしれない。

次の

寛容は不寛容に対して寛容たるべきか

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

例えば、今議論となっているあいちトリエンナーレについていえば、あくまで「寛容さ」を議論しようとするアートの側に対して、不寛容派はそのアートの「正しさ」を議論しようとして交わらないのだ。 もちろんこの矛盾は「寛容」が「不寛容」にとって不寛容である、別物であるという態度をとるときにあらわれる矛盾と互いに相照らすものです。 そのため歴史にはそれぞれのイデオロギーや価値観が投影され、神話と事実との境界も曖昧になる。 多摩フェスティバルは原則的に誰でも出展が出来ますが、出展に際して、ひとつだけ新たな条件が今年から設けられました。 自分のワイドショーで、野党は桜ばっかりとウソをまき散らしている宮根なるタレントは たぶん読売新聞しか見ていないのではないでしょうか。 302-3)。 (略)僕は変態ではないつもりだが、古本の匂いならば、どんな匂いでも、くんくんと嗅ぐ。

次の

寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか 渡辺一夫随筆集

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

それでもわかりにくかったり、異論反論もあるかもしれないが、是非一つ寛容な気持ちで読んでいただければ幸いである。 ジャンルでさがす• ローマ社会と初期キリスト教を例にとり、寛容と不寛容について掘り下げていく。 スキー場は大喜びのようですが、この程度では除雪業者は焼け石に水でしょう。 不寛容に報いるに不寛容を以てすることは、寛容の自殺であり、不寛容を肥大させるにすぎないのであるし、たとえ不寛容的暴力に圧倒されるかもしれない寛容も、個人の生命を乗り越えて、必ず人間とともに歩み続けるであろう、と僕は思っている。 特に「古本」の、次のようなくだりがいい。 もし必要ならば、たとえ力によってでも、不寛容な人々を抑制する権利を我々は要求すべきだ。 合意イコール契約だ。

次の

[B! 文章] Les yeux clos: 寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

は、最初の就任演説で既に「寛容な社会」という概念に言及していた。 武田徹(たけだとおる) 東京都出身。 「これが近代の結末なのであろうか? Apel, Karl-Otto 1996. ) 話が随分ややこしく禅問答のようになってきてしまったが、最後に、ニュージーランド議会での同性婚を巡るスピーチを紹介したい。 しかし、たとえそれがどちらにも答えがないアポリア(難問)だとしても、不寛容が行き着く先としての戦争の時代をリアルタイムに生き(カール・ポパーは1902年生まれ、渡辺一夫は1901年生まれの同世代であり、ポパーは1945年に、渡辺は1950年にそれぞれ上に引用した文章を書いている。 出版社からのお取り寄せとなります。

次の

寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容たるべきでない

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

しかし、我々はそれを激化せしめぬように努力しなければならない。 国際基督教大学教養学部人文科学科、同大学大学院比較文化研究科修了。 また、普通人と狂人の差は自身がいつ狂人になるか反省できるかどうかとして 、秩序維持に当る、現在の秩序から安定と福祉を与えられている人々は、既成秩序の欠陥を人一倍深く感じたり、その欠陥の犠牲になって苦しんでいる人々がいることを、十分に弁える義務を持つべきであるという。 この文章は、1951年に記されている。 つまり、このはかない、残忍な世の中で、昔から、現在の自分と全く同じようなことを考え、同じことに興味を持つ人々がいるということが、古書の存在によって証明されるのは何よりもうれしく、楽しいことである。 「朝鮮特需」の頃、と附記にもある。

次の

寛容は不寛容に対して寛容たるべきか

寛容 は 自ら を 守る ため に 不 寛容 に 対し て 不 寛容 に なる べき か

Cohen-Almagor, Raphael 1994. 185-207がある。 和雑誌• 110-30)のほか十六篇(計十七篇)のによる随筆が纏められている。 を引用すると、 『二十世紀後半の人文思想は他者への寛容を積極的に説いてきた。 歴史の与える教訓は数々あろうが、我々人間が常に危険な獣であるが故に、それを反省し、我々の作ったものの奴隷や機械にならぬように務めることにより、はじめて、人間の進展も幸福も、より少い犠牲によって勝ち取られるだろうということも考えられてよいはずである。 そして、こうした時代の中で「共生」とは何なのか、改めて襟を正して考える必要があるのだと思います 本当の共生とは理解すらできない相手との「共生」でしょう。 寛容の名において、不寛容に寛容であらざる権利を。 Journal of Conflict Resolution. ジョン・ロールズ『正義論』川本隆史,福間聡,神島裕子訳、紀伊國屋書店、2010年11月18日。

次の