ベンガル ゴム の 木。 フィカス・ベンガレンシスの育て方

フィカス・ベンガレンシスの育て方

ベンガル ゴム の 木

ゴムの木(フィクス)の中でも特に乾燥に強い。 カット後も葉から水分が蒸発しているので、水分補給させてあげるためにも水に1時間ほどつけておきます。 屋外で育てる場合 フィカス・ベンガレンシスは春~秋にかけては屋外で育てることができます。 それでは剪定の方法をご紹介します。 種類が非常に多いので、ここでは20種に厳選して紹介します。 樹皮の一部を刃物などで削ってみて、 枯れているかどうか判別する方法もあります。

次の

助けて!大切なゴムの木を守る害虫対策

ベンガル ゴム の 木

観賞植物なのだから、もっと見栄えよくしたいと思いますよね、 そういう時は 、葉の枯れた部分だけ切りましょう。 冬はエアコンなどのきいたあたたかい部屋に置くのがいですが、エアコンの風が直接当たると葉が傷んでしまうので気を付けましょう。 5-3. ゴムの木の増やし方(番外編) ゴムの木は生命力が強いので、観葉植物の中では比較的簡単に増やすことができます。 1-11.ベリーズ( Ficus elastica Belize) 目に飛び込んでくる赤い葉が大変印象的で観賞価値の高い品種。 存在感のある一鉢に絞り込んでダイナミックに飾ることで、メリハリが効いた空間になります。

次の

ゴムの木の育て方!剪定方法や挿し木・植え替えについて|育て方Labo(育て方ラボ)

ベンガル ゴム の 木

葉水 葉水をこまめにあげると葉がつやつやになり、害虫予防にもなります。 耐陰性の強い観葉植物•。 ただし、風通しが悪い、枝が混み合っている、過湿状態などの悪条件が続くと、カイガラムシやすす病の被害にあいます。 ひとつだけ言えるのは、(意外に思われるかもしれませんが)最近では極端に水やりを控えてしまうために植物を衰弱させてしまう例が多いということです。 ただし直射日光に当てると葉が焼けてしまい黒や茶色に変色するので、窓際などに置く際はレースカーテン越しに管理すると良いですよ。 鉢に鉢底石、土の順にいれて、苗を植え付けます。 いずれも見た目で分からない場合は、用土に触れて判断します。

次の

ゴムの木枯れたら復活できる?葉の変色はどうする?切る?

ベンガル ゴム の 木

鉢から取り出した苗の古い土を半分ぐらい落とし、長い根や傷んだ根を切りとります。 そのため、与える際には排水設備のある場所で、鉢底から流れ出すくらいに与えます。 毎日、一枚ずつそんな状態が止まらず、10枚くらい落ちてしまい、黒くなった葉が数枚あります。 しばらくすると挿した茎の切り口から発根し、根付いていきます。 2-10.カシワバゴム( Ficus lyrata) 葉の形状がカシワの葉によく似ていることからこの名前がつけられました。 夏場に急激に葉が落ちたりなど、それまで元気だったゴムの木が弱る事があります。 とはいえ、日光が多少取り込める場所に置いた方が、健康に育ちますので直射日光が当たらないよう、葭津やレースのカーテンをかけるなどして、窓際に置いておきましょう。

次の

フィカス ベンガレンシス ベンガルゴムの木 観葉植物 ホワイトセラアート鉢 送料無料 :benga8serawh:観葉植物のパーフェクトグリーン

ベンガル ゴム の 木

2-8.ベリーズ( Ficus elastica Belize) 目に飛び込んでくる赤い葉が大変印象的で観賞価値の高い品種。 寒くなるのを木は知っているのですね。 2-15.クリシュナボダイジュ( Ficus benghalensis Krishnae) ベンガレンシスの改良品種。 3-7.インドボダイジュ( Ficus religiosa) ハート型で先端が長く伸び、他のゴムの木に比べ葉が薄いのが特徴。 大きく育ったゴムの木はインパクトあり過ぎ。 挿し木に限らず、植物を切る際は切れ味の良いハサミを用意しましょう。 比較的、耐陰性・耐陰性があるため、育てやすい卓上サイズのミニプランツです。

次の

【徹底解説】ゴムの木を挿し木で増やす方法

ベンガル ゴム の 木

株元がタコの足のようになることから「多幸(たこう)の樹」とも呼ばれています。 どうぞよろしくお願いいたします。 フィクス属は種類も豊富で、そのどれもが非常に個性的で存在感のある姿をしており、おしゃれなインテリアプランツとして常に上位を独占しています。 また、アブラムシは病気のもととなるウイルスを媒介しますので、見つけた時はすぐに取り除きましょう。 ただし、成長が止まる 冬場に肥料を与えすぎると「肥料やけ」をおこしてしまいますので、成長の勢いが増す、春から秋の間に与えるようにしましょう。 水遣りは年間を通して同じではなく、冬場は鉢土を乾かし気味にしますから、年間を通して同じように水遣りをされると、 決まって根腐れを起してしまいます。

次の