アジアン ドキュメンタリー ズ。 株式会社アジアンドキュメンタリーズ / ドキュメンタリー映画 感想文コンクール

アジアンドキュメンタリーズ配信「38度線に潜る男(ノーカット完全版)」 【日本初公開】予告編

アジアン ドキュメンタリー ズ

モンゴルのラッパーたちは、経済発展の歪みで生じた社会問題や政治問題に深く切り込み、舌鋒鋭く批判するのです。 これまでドキュメンタリー映画文化は、ミニシアターに支えられてきたといっても過言ではありません。 アジアの相互理解を深めることができるドキュメンタリー映画を厳選、年間約80タイトルを届けます。 「動画配信のミニシアターになりたい」という思いから映像制作者の有志により2018年2月に設立され、同年8月にドキュメンタリー映画専門の動画配信をスタートさせた。 広島県• 正解のない問いに向き合う体力と考える力を養います。

次の

視聴料を寄付!ドキュメンタリー映画配信サービス、ミニシアター応援プロジェクト始動

アジアン ドキュメンタリー ズ

岩手県• それは、私たち日本の社会も例外ではありません。 微力でも何かできることをやりたい、その一心でこのプロジェクトを実施することにいたしました。 3月9日 土)「ドキュメンタリー映画感想文コンクール」表彰式の後に、ドキュメンタリー映画『ダグマ 天国への起爆ボタン』の特別上映を行います。 私たちが住むアジアは思った以上に広く様々な国、民族がひしめき合っています。 日本人は、アジア人。 (2)「月額見放題会員」が無償提供されているいずれかのチャリティー作品を視聴すると、月額990円(税込)の視聴料のうち495円(税込)が寄付される。 しかし、国には母と妻、生後すぐに別れた娘がいるカスワラは、出動命令が取り消されるたび、心に迷いが生じる。

次の

視聴料を寄付!ドキュメンタリー映画配信サービス、ミニシアター応援プロジェクト始動

アジアン ドキュメンタリー ズ

このコミュニティで生まれた少女たちは、いずれ自分もからだを売って生きていくことを知っているのです。 見放題の月額会員や有料作品の閲覧にあたっては、さらにクレジットカードでの決済が必用となります。 中国地方• これまでドキュメンタリー映画文化は、ミニシアターに支えられてきたといっても過言ではありません。 もうひとつの付き合いかた「セルフスタディ・ナビ」 アジアンドキュメンタリーの楽しみ方は、映画を観るだけに留まりません。 日本も支持した戦争が何をもたらしたか。

次の

《緊急企画》アジアンドキュメンタリーズ ミニシアター応援プロジェクト |株式会社アジアンドキュメンタリーズのプレスリリース

アジアン ドキュメンタリー ズ

「アジアンドキュメンタリーズ」がミニシアターの応援プロジェクトを始動 動画配信サービス「アジアンドキュメンタリーズ」が17日より新たにミニシアター応援をするためのプロジェクトをスタートした。 講義資料のテーマは、『「子どもが売られない世界」をつくるために何が必要か カンボジアとインドの取り組みについて。 [画像1: ] 今まで、ドキュメンタリー映画は公開される映画館が少なく、視聴機会が限られていたことから、本サービスでは過去の名作も含め、アジアをテーマにした見ごたえのある作品を、毎月テーマごとに複数のタイトルを組み合わせ、「特集」として配信します。 まさにドキュメンタリー映画は、アジアをわかりやすく体感できる魅力的な「映像教材」です。 こんな時だからこそ、つくり手と映画館と配信と志をひとつにあらゆる形で映画を届けたい」 金聖雄(映画監督) チャリティ作品 『獄友』 2018年製作 (監督:金聖雄) 日本初配信 冤罪をテーマに、人生の多くの時間を刑務所の中で過ごし、互いを「獄友(ごくとも)」と呼び合う冤罪被害者たちにカメラを向けたドキュメンタリー映画。

次の

【PR】ドキュメンタリー動画でアジアを旅する アジアンドキュメンタリーズ配信開始 特集「旅するインド」公開中

アジアン ドキュメンタリー ズ

(編集部・大内啓輔) [PR]. 佐賀県• それは将来の仕事かもしれないし、人生の大きな目標かもしれないし、大切な人かもしれません。 「人生で一度もドキュメンタリーを見たことがない」という生徒に出会いました。 ドキュメンタリー映画の作り手も、チャリティー作品を無償で提供するかたちで参加している。 鹿児島県• 【アジアンドキュメンタリーズ】10月は全世界50以上の映画祭で受賞した、映画史に残る傑作が登場! 10月のドキュメンタリー映画配信ライナップ 10月1日から3つの特集を配信します。 岐阜県• その旅は、あなたの知性や感性をもっと豊かにしてくれます。

次の

ドキュメンタリーを通して「社会を生き抜く力」を子どもたちに。(アジアンドキュメンタリーズ 2019/03/04 公開)

アジアン ドキュメンタリー ズ

「月額見放題」会員の方が、いずれかのをご覧いただくと、会員1名様につき495円(税込)を寄付させていただきます。 埼玉県• チベットの子供たちは、10日間かけて、親たちの願いを背負ってヒマラヤ山脈を越えました。 ともすれば、高度経済成長時代の成功体験を引きずったまま、いつまでも日本がアジアで優位を保っていると錯覚しがちです。 【寄付する団体】 ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金 「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」は、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令され、政府からの外出自粛要請が続く中、閉館の危機にさらされている全国の小規模映画館「ミニシアター」を守るため、映画監督の深田晃司氏・濱口竜介氏が発起人となって有志で立ち上げたプロジェクトです。 フィリピンの貧困社会が抱える闇に迫ろうとする意欲作。 ---------------------------------------------------------------------- 本件プレスリリースへのお問い合わせ 株式会社アジアンドキュメンタリーズ 担当:八木沢 info asiandocs. 今後とも、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

次の