トーコー キッチン。 #003 2016年度特別賞「トーコーキッチン」|蘆澤 雄亮|note

株式会社 トーコー 岐阜支店のハローワーク求人|21010

トーコー キッチン

でもって、ルールは 「食堂を利用するには鍵を使って扉を開けてください」という一点なので、入居者の方と一緒に来れば利用できますし、なんなら入居者の方を街で探して開けてもらって「ありがとうございます!」って言いながら扉の向こう側に行ってもいいんです。 今、スタッフは松本さんを含めて3人。 美容 エステ・ネイル 0• 仕事をして対価をいただくのに、その「仕事」に対してつぎ込んだ時間や手間、知恵というのは当然のことで、それらから「独自の仕事」が生まれるのだと言います。 現在は夜ごはんも500円です。 なにせ食べればわかります。 朝は7時に来て仕込みをはじめ、8時のオープンにはできたてのものをお出しする。

次の

“賃貸改革” オーナーの悩み「空室率」も改善 入居者向け食堂「トーコーキッチン」 東郊住宅社

トーコー キッチン

バイヤー 0• でも、トーコーキッチンがあれば子どもの食事や安全に対する心配が少し軽減されます。 2代目の池田峰(みね)さんは、この空間のことを「鍵を中心として人と人をゆるくつなぐプラットフォームのよう」と話します。 それをこの空間を通じて実現していきたいんですよね」 食べ始まると、きもちがゆるむのが不思議。 当社管理姿勢を誰よりも雄弁に語るこの食堂で人生の一コマを共有させてもらい、いつの日か「淵野辺に住んでよかった」「昔、淵野辺に住んでいたときに、こんな食堂あってね」と愛着を持って振り返ってもらえたらうれしいです。 スキー場 0• 彼はまちの小さな不動産屋が入居者サービスで行う食堂の存在を知ったことにより、そんな淵野辺に引っ越したくなると思ってくれたのです。 その他専門職 0. 食堂が再編する入居者とのコミュニケーション では実際に、トーコーキッチンでのコミュニケーションはどのように展開しているのだろうか。 「今日は友だちが家に遊びに来てくれたのですが、お昼をつくるのがちょっと面倒だったので、トーコーキッチンに連れてきました(笑)。

次の

トーコーキッチン 不動産会社が「入居者専用食堂」を開いた理由

トーコー キッチン

カードキーの詳しい仕組みまでは分からないのですが、どの鍵でも形状が同じなので、ICチップか何かが埋め込まれているのだと思います。 関西にも導入されるといいな。 むかーし、インタビュー取材に行った時に撮った写真を探してみたらあったので、載せてみます。 「カードキーは3,000人の入居者と不動産オーナー、当社の社員や関係者だけが持っていますが、保有者と一緒であれば同伴者も入店できますし、持ってない方も初めの一回は利用できます」と、このサービスの発案者でもある同社二代目の池田峰さんは語る。 ユーザーから見たとき、建築としてのトーコーキッチンが、サービス体験のプロセスに埋め込まれているのが興味深い。 トーコーキッチンは場と使い方(暮らし方)の提案もしている• どんな不動産屋に聞いても「いいね」になると思います。

次の

トーコーキッチン物語 #020「引っ越したくなるぐらい良いサービス。」

トーコー キッチン

「このカードキーを使って共同食堂を街なかに作っちゃえばいいのでは?」 という発想です。 そうなってくると、親御さん達の心配事は「あの子はちゃんとご飯を食べているのかしら・・・」だったりします。 けれど、自分たちで管理することで、もう一歩、普段着のコミュニケーションができるんですよね」 そういうことが何回も重なると、だんだんまちの中に声をかけ合う人が増えていった。 ところで、当社はトーコーキッチンを淵野辺以外には出店しないのでしょうか? 他のエリアに支店を出したり、フランチャイズ展開したりしないのでしょうか? 答えは「ノー」です。 このキッチンがあるから東郊住宅社の物件に入りたいという方や、この空間を応援してくれるオーナーさんも出てきているそう。 ある日、こんなつぶやきを見つけました。

次の

LIXIL ビジネス情報

トーコー キッチン

「この仕事は手間が掛かっちゃうから、割に合わない、止めよう」その選択は池田さんには無いのでしょう。 WEBデザイナー 0• ぼく嫌われてもいいなんてとても思えないし、いい関係でありたいと思う。 書店・本屋 0• DPE・カメラ店スタッフ 0• 020「引っ越したくなるぐらい良いサービス。 「生きていくって、人と関わることでしょう。 鍵を開けてアパートの自室に入るように、まちの中に、鍵をあけて入るキッチンがあります。 そんな考え方は、どこから生まれたのだろう。

次の

トーコーキッチン物語 #020「引っ越したくなるぐらい良いサービス。」

トーコー キッチン

「お部屋を貸すって言葉だけでいうと、貸すだけじゃないですか。 とくに大人のお子様ランチは好評だったんですよ」 今回は、池田さんや松本さんたちと一緒に日替わりメニューや企画メニューを考えていく、料理経験のある人を探しています。 JR横浜線の電車にゆられ、淵野辺駅へ。 トーコーキッチンはあくまでも入居者サービスの一環として自社運営する食堂です。 実は最近、当連載コラムを読んだことをきっかけにして、東郊住宅社の管理物件へ引っ越してきてくれた方がいらっしゃいました。 後日まちで会えば「あっ、池田さん!この間はありがとうございました」と会話が始まる。 ちょっと変わっているのが入り方。

次の

トーコーキッチン物語 #021「私も淵野辺に住みたくなった。関西にも導入されるといいな。」

トーコー キッチン

池田さんが注文したのはこちらの生姜焼き丼 ご飯たっぷり超ボリューミーなこちらも 500円 「 500円って安くて良いね、だけじゃダメなんですよ」と語る池田さんの言葉を聞きながら、さっそく一口。 ぜひご参加ください」と池田代表。 じつはこの食堂、入居者でなくとも利用できるタイミングが2つある。 「やっぱ入居者限定ってリスク大きいからやめようかなぁ・・・」といったようなことが何回も頭をよぎったことと思います。 収支はとんとんでいいのです。

次の