横浜 タイヤ ブルー アース。 【ヨコハマタイヤ】 ブルーアース価格や評価は?

ヨコハマタイヤ「ブルーアース RV

横浜 タイヤ ブルー アース

さらに、トリプルセンターリブには、しなやかさを確保するためか「日本刀のような」というブレードカットサイプが刻まれる。 EfficientGrip ECO EG01 (43)• 新たなタイヤ・コンセプト「ブルーアース」。 ECOPIA EX20C TYPE H (2)• GRANDTREK AT3 (33)• しかも、余裕あるトルクと燃費に優れた2リッター直列4気筒ディーゼルターボを搭載し、広いキャビンを誇るこのクルマは、グランドツアラーとしての資質が高く、なおさらオンロードの走りのクオリティーが気になるところだ。 ADVAN Sport V103 (3)• カテゴリー• とりあえずそれまでもってくれー。 その特徴がひと目で分かるのが同社が「圧倒的な力強さをもたらすグランドツーリングデザイン」というトレッドパターン。 まっすぐ走るし。 石北峠、中山峠、日勝峠など、北海道の標高の高い峠は10月入るとツルッツルに凍結してもおかしくありませんので早めに交換します。

次の

使って知る「YOKOHAMA BluEarth

横浜 タイヤ ブルー アース

ADVAN Sport V105C (1)• 750mm〜800mm未満 (4)• タイヤサイド部のレタリングも美しいブルーアースGT。 そしてこの上位には、ハイパフォーマンスSUV用に『ADVAN Sport V105』がラインナップされている。 具体的にはEC202は値段が安い省燃費タイヤですので、ゴムが硬めで乗り心地は硬い印象です。 SP SPORT 230 (2)• しかし荷重をかけるほどにグリップを増して、その実力を発揮して行く。 必要以上にゴムを柔らかくしないのは、背の高いSUVをしっかりと支えるためだろう。 SP SPORT LM704 (26)• 横浜ゴムが2月から発売する「ブルーアースGT」。 そこで開発にあたって、エッジ量とそれぞれの性能の関係を明らかにしたという。

次の

【横浜ゴム ブルーアースXT AE61】とてもバランス感覚に優れた、いまどきの若者のようなタイヤ

横浜 タイヤ ブルー アース

「ブルーアースGT」のGTとはグランドツーリングの意味を持ちます。 この翌日には実際に雪上や氷上でアイスガード 6とブルーアース 4Sでの乗り比べが行なわれたが、そちらのインプレッションについては後日お伝えしたい。 ADVAN A048 (18)• 横浜ゴムが、この度SUV向けに新開発したブルーアースXT AE61を、一般道で試すことができたので早速インプレッションをお届けしたい。 荷重をかけるほどにグリップを増して、その実力を発揮 総じてブルーアースXTは、とてもバランス感覚に優れる、いまどきの若者のようなタイヤだと感じた。 若い頃にローダウンしたワゴンRに乗っていて、フロントタイヤの偏摩耗(内減り)に悩まされて、一度四輪アライメント調整をやったんだけど、結局やる前と変わらず内減りしたという経験があるので、よほどひどいことになってない限りやっても意味ないのかなという気もするし、調整した人の腕が悪かっただけという可能性もある。

次の

【横浜ゴム ブルーアースXT AE61】とてもバランス感覚に優れた、いまどきの若者のようなタイヤ

横浜 タイヤ ブルー アース

燃費、乗り心地、グリップ性能など全ての性能をバランスよく備える ロングストロークなサスペンションを持つスバル レガシィB4にはキビキビ感が加わり、乗り心地に対して若干荒さが目立つトヨタ プリウスにはこれと同時に快適性までもが与えられた。 とりあえず後ろの左右を入れ替えてみようかな。 BluEarth RV-02CK (5)• BluEarth-1 EF20 (1)• 45000キロと言っても、10月~5月まで、約8ヶ月はスタッドレスタイヤを履いているため、夏タイヤは4ヶ月くらいしか履いていない。 145• 今回装着されるEC... ContiSportContact 3 SSR (8)• トレッドパターンはAE01もAE01Fも同一なので見た目的には区別が付きにくいのが難点なのですが、そこも横浜タイヤは配慮しています。 ECOPIA EX20 (1)• ブルーアースGTの美点として感じられたのは、予想通りそのシッカリ感だ。 そんな国産モデルに対してブルーアースGTは、ひとつ上行く快適なGT性能を提供できるタイヤだと思う。

次の

スバルXV新車装着タイヤは摩耗が早い?ヨコハマブルーアースE70

横浜 タイヤ ブルー アース

ADVAN Sport Z・P・S (12)• そして、ブルーアース 4Sでも、オールシーズンとしてのエッジと接地のベストのバランスを追求するためパターンにさまざまな検討を重ねてきたという。 250mm〜270mm未満 (7)• 高いオンロード性能を追求したSUV用タイヤ ブルーアースXT AE61は、横浜ゴムの低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」に新たに加わったクロスオーバーSUV向けのサマータイヤ。 騒音も振動もよく抑えられている もうひとつ、ブルーアースXT AE61の印象をよくしているのが、静粛性の高さだ。 サイドスリップはイン1.7と書いてあった。 夏タイヤと比べればエッジ量は多いが、アイスガード 6と比較すればエッジ量が少ないのがブルーアース 4S。 SP SPORT (239)• NEXTRY (3)• 軽自動車からEセグメントセダン、ミニバンまで幅広い車種でベストマッチするタイヤに仕上がっていると言えます。 GRANDTREK MT2 NARROW (5)• 釣りとかであっちこっち行くし。

次の

【ヨコハマタイヤ】 ブルーアース価格や評価は?

横浜 タイヤ ブルー アース

210mm〜230mm未満 (76)• ただ、そのままだと剛性が強くなりすぎて、いわゆる硬いタイヤになってしまうため、トレッド部のカーカスの強度を新素材に変更するとともに調整。 そうした総合性能が高いタイヤながら、ユーザーはさらなる転がり抵抗の低減と剛性感の向上、欧州車にも適合する18インチサイズ以上の適合を要望していました。 田舎であんまり信号とかないようなところを主に走ってるというのに。 低燃費タイヤを使う事で青い地球を守ると言った壮大な基本理念の上に成り立って製品化されました。 パイロットスポーツ4Sは、スポーツカーや高性能車両向けに開発したパイロットスポーツシ... シッカリ感がある上に、静粛性が上手に保たれているのもブルーアースXTの好印象なポイントだ。 SP SPORT MAXX RT 2 (2)• エナセーブ PREMIUM (15)• 具体的には、思いどおりの走りを実現するハンドリング性能、高速道路での高い直進安定性、SUV特有のふらつきと偏摩耗の抑制、静粛性の確保といった課題を解決するために、さまざまな技術が盛り込まれている。

次の