ペトルーシュカ から の 3 楽章。 ペトルーシュカからの3楽章とは

ペトルーシュカからの3楽章とは

ペトルーシュカ から の 3 楽章

作曲者以外による編曲 [ ]• ストラヴィンスキーはこの曲をルービンシュタインに渡したとき、バレエ用のオケスコを書いたときの2倍近い報酬をもらっているし、実際ルービンシュタインはつとめてストラヴィンスキーの曲を演奏会で弾いて、印税がストラヴィンスキーに入るよう心配りをしていたらしい。 そして「第一次世界大戦の前に、ラヴェルはストラヴィンスキーがやろうとしたことをやってのけた」とも。 「ペトルーシュカ」ほどに難しい曲は「ピアノが歌う」ような録音は少ない。 ただ、私は、ブレンデル=真面目くさった学者みたいなクソ面白くない講釈を並べ立てる堅物ピアニスト=と言う間違った世評を論破できる、最も極端なディスクとして紹介したかったからに他なりません。 ベノワの貢献は非常に大きく、『ペトルーシュカ』の楽譜にはベノワの名前が共著者として上がっている。 ロシア版のピノキオのようなお話で、パペット達は命を吹き込まれ、恋をして、人間に憧れます。

次の

ストラヴィンスキー:『火の鳥』組曲、『ペトルーシュカ』からの3つの楽章、ラヴェル:鏡、ラ・ヴァルス ベアトリーチェ・ラナ : ストラヴィンスキー(1882

ペトルーシュカ から の 3 楽章

White 1979 p. 音もやや鍵盤を叩きすぎというか、美しくない(技巧が完璧ならばそれでも許せるのだが)。 686-687• ペトルーシュカは、自分の小部屋に音を立ててぶつかり、魔術師に蹴飛ばされて暗い部屋の中に入る。 と頻繁なの変更は、祭日の喧騒とざわめきを描写している。 冒頭で紹介したのはこの曲です。 マツーエフが単なる技巧派のピアニストではなく、いずれも真のヴィルトゥオーゾであることを明確に刻印した名演である。 3月 ひばりの歌• 演奏時間 [ ] バレエ版の演奏時間は約35分であるが、末尾がにぎやかなままで終わる管弦楽版は30分ぐらいである。

次の

「ペトルーシュカ」からの3楽章

ペトルーシュカ から の 3 楽章

脚注 [編集 ]• Stravinsky and the Russian Traditions: A Biography of the works through Mavra. ペトルーシュカ:• オーケストラは巨大なアコーディオンと化し、色とりどりの舞曲を導き出す。 しばらくすると、ムーア人はヤシの実で遊び始めます。 第1楽章:ロシアン・ダンス(第一幕) にぎやかな祭りの雰囲気の中、魔術師によって命をふきこまれた3体の人形(ペトルーシュカ、少女のバレリーナ、荒々しい性格のムーア人)。 それほど懇意な仲でも、同じく彼に献呈した「ピアノ・ラグ・ミュージック」は、あまりにピアノが打楽器的過ぎてルービンシュタインは弾くのを拒んだという。 同時に、ストラヴィンスキーの名声も高まっていきます。 人形なのに人間の心を持ってしまった苦しみ、バレリーナへの恋心と失恋などが表されます。

次の

『ペトルーシュカ』解説と名盤(ストラヴィンスキー)

ペトルーシュカ から の 3 楽章

振付:• この作品は不気味な静寂で終結することから、「仮装した人々」から「格闘」に入るところで終了する演奏会用エンディングも用意されているが、演奏会形式でも「ペトルーシュカの亡霊」まで演奏されることも多い。 ポリーニは1960年のショパン・コンクールに若干18歳で優勝、直後にショパンのピアノ協奏曲第1番のLPをEMIに録音後、世界の檜舞台から忽然と姿を消しました。 ルーピンシュタインの委嘱でピアノアレンジがなされたのだが、その際ルービンシュタインはストラヴィンスキーに「過去のどの曲よりも難しくしてくれ」と頼んだらしい。 第1楽章「第1場より『ロシアの踊り』」 魔術師によって命を吹き込まれた3体の藁人形、ペトルーシュカ、バレリーナ、荒くれ者のムーア人が、断食期間直前で大勢の人たちで賑わう市場の真ん中で踊りだす。 「四季」Op. に転じてからの編曲であるため、1911年版に比べてドライな印象を与えるがカラフルに聞こえる。

次の

moraのご利用について

ペトルーシュカ から の 3 楽章

特に3楽章における左手の2-4と3-5の指使いによるトリルは、指の構造によっては演奏不可能ともいわれている。 ディアギレフは驚いたが、すぐに新しい曲を気に入り、この曲を翌年のバレエ・リュスのためのバレエ曲とするように説得した。 ポイントは譜例2小節目、左手から右手に繋がる中声部「 [ラ]ミレミソ・・・」の音列を出したかったので、それを左手で取ることにしました。 (だとしてもこの盤の価値が減るものではないが)。 ペトルーシュカの部屋• そのくらい、この演奏は面白いのです。

次の

moraのご利用について

ペトルーシュカ から の 3 楽章

ペトルーシュカは人形だが、人間的な感情があり、老魔術師に対しては囚人のような気持ちを、美人のバレリーナには恋心を抱いている。 またバレエの日本初演はから27日まで東京のにて、小牧バレエ団により行われた。 お祭り騒ぎが頂点に達し(かなり時間が経ってから)、人形劇場から叫び声が上がる。 ムーア人は、ペトルーシュカと違って、贅沢三昧の部屋で楽しくヴァカンスを過ごしている。 テンポも、音楽的に考えたというより、ここまで速くしても弾ける、という風に決めたみたいで、部分部分によって恣意的に変わる。 第2楽章:ペトルーシュカの部屋(第二幕) 魔術師に蹴飛ばされ、場面はペトルーシュカの部屋へ。 名演なのは、客観的にも主観的にも、やはりポリーニだと思っています。

次の

ペトルーシュカからの3楽章

ペトルーシュカ から の 3 楽章

併録のシューマン「謝肉祭」はなかなかいいのだが…。 その時には「驚異的なテクニックが音楽的知性で際立っている」と評されるなど、各紙で絶賛されました。 「ペトルーシュカ」からの3楽章 ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」からの3楽章• 1月 炉端にて• 概要 [編集 ] の依頼によりに編曲され、彼に献呈されている。 場面構成 [ ] 以下の4場に分けられる。 ムーア人はペトルーシュカを斬りつけると、ペトルーシュカは死んでしまいます。

次の

ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」からの3楽章:ストラヴィンスキーとルービンシュタイン

ペトルーシュカ から の 3 楽章

第2場 [ ] ペトルーシュカの部屋《1911年、アレクサンドル・ベノワ画》 ペトルーシュカの部屋になる。 というよりむしろ、その超絶過ぎる「技巧」が彼の望みを叶わぬものにしてしまったと言える。 (2004年8月3日、An die MusikクラシックCD試聴記). 第1楽章 第1場より「ロシアの踊り」、第2楽章 第2場より「ペトルーシュカの部屋」、第3楽章 第3場より「謝肉祭」 という構成で、全部聴かせどころで難所だが、メインは3楽章である。 確かに音の「勢い」はあるかも知れないが、細部は怪しいというかちゃんと弾けてないところも多い。 「四季」Op. Taruskin 1996 pp. このため、演奏に当たっては運指をよく考える必要がある(外部リンク参照)。 37bis V. 第2楽章:第2場より「ペトルーシュカの部屋」• 3、謝肉祭の日 謝肉祭に湧く市場で、乳母や農夫、行商人やジプシーの娘たちが様々な踊りを披露している場面。 多くの箇所は3段譜で書かれており、曲中の一部では4段譜で書かれている箇所もある。

次の