ピボット テーブル。 「ピボットテーブル」の機能を使って「勤怠表」を作成する(その1)

ピボットテーブルでクラス別名簿を作成する:エクセル2013基本講座

ピボット テーブル

商品と金額を対応させたシンプルなピボットテーブルを使います。 たとえば、弥生会計から総勘定元帳データをエクセルにエクスポートすると、次のような列タイトルがつきます。 ピボットテーブルの基礎知識 まずはピボットテーブルの基礎知識について、改めて確認しておきましょう。 クラスは「(すべて)」を選択します。 元のデータは同じでも、できあがる表の形が異なっています。

次の

【今さら聞けない】 ピボットテーブルの使い方・ミスと解決方法

ピボット テーブル

なお、シート名はクラスの数字「1」〜「3」となりますが、上記ですでにシート名「1」〜「3」があるので、「1 2 」〜「3 2 」となっています。 イメージとしては下図のような感じでしょうか。 まずは縦方向に[販売日]と[席]、横方向に[販売店]を並べて、[売上金額]で集計してみます。 どこにどの項目をドラッグするかで、ピボットテーブルの構造が変わってくる。 I列、N列など不用な行を「非表示」にした場合でも、列タイトルを入力していないとエラーになります。

次の

【Excelステップアップ】ピボットテーブルをマスターして、データ集計の達人になる:Tech TIPS

ピボット テーブル

更に! 「商品」ごとに加えて、「支払い方法」でも分類して売上を確認したいな、というのであれば、「支払い方法」にチェックを付ければ、[行]欄に「支払い方法」が加わり、「商品名」と「支払い方法」の2つの項目になったため、 集計表も、商品ごとの集計が、更に支払い方法でも細分化されて集計されました! 項目の位置移動(親子関係の入れ替え編) さて、現在、作業ウィンドウの[行]欄には、「商品名」の下に「支払い方法」という項目があるので、 実際のピボットテーブルも、「商品名」ごとに、更に「支払い方法」で細分化されて集計されています。 テーブル化しておかなくても、問題なくピボットテーブルで集計できるのですが、ピボットテーブル作成後にデータを新規で追加入力すると、が、ちょっとやりづらいんです。 項目の変更に合わせて、データエリアの値も自動で変わります。 アウトラインまたは表形式で行フィールドをダブルクリックして、手順 3 に進むこともできます。 なお、今回の記事で紹介したスライサーは、1台のパソコン上で使用する場合の「ローカルスライサー」の紹介でした。 8[席]のフィールドを削除できた [席]のフィールドが削除され、ピボットテーブルの表示が切り替わりました。

次の

ピボットテーブルを作る

ピボット テーブル

さらに、レポートの縞模様の設定も制御できます。 たったこれだけの操作で、 先ほどまで空だったピボットテーブルに、商品ごとの個数合計が表示されました! これは、 作業ウィンドウで指定したとおり、左側に商品名が、そして、その右側にそれぞれの個数合計が 集計された結果です。 [ グループ化の解除] を選択します。 列フィールドを右クリックして、[ を行に移動] をクリックします。 たとえば、データ分析の作業などが該当します。 同じフィールドのコピーであるか異なるフィールドのコピーであるかに関係なく、複数のフィールドを [値] 領域に追加すると、フィールド リストの [ 値] 領域に値列ラベルが自動的に追加されます。

次の

ピボットテーブルのレイアウトと書式のデザイン

ピボット テーブル

ピボットテーブルのフィールド リストが表示されない場合は、ピボットテーブルが選択されていることを確認します。 元データの内容をExcelが自動的に判断して、 おすすめの集計方法を提案してくれます。 例えば、行エリアに担当者、列エリアに年度を指定します。 そして、集計の対象になった項目を、ドラッグで好きな位置に動かし、表の体裁を変えることができます。 並べ替える行または列のフィールドをクリックします。

次の

ピボットテーブルのレイアウトと書式のデザイン

ピボット テーブル

値エリア:数値が表示される部分 5. そのため、ピボットテーブルを作ることができるように、なおかつ、作ったときに 正しい結果が得られるように集計したい元データをちゃんと整えておく必要があります。 フィールド リストの下部にあるエリア セクションの [行ラベル] と書かれている領域に [商品名] と表示され、ピボットテーブルの中に商品名が表示されます。 説明 スクリーンリーダーを使用するユーザーがピボットテーブルの目的を理解できるように、内容またはデータソースについての詳細情報をいくつか記述します。 ピボットテーブルのレイアウトと書式を破棄して、ピボットテーブルで操作を行うたびに既定のレイアウトと書式が使用されるようにするには、[ 更新時にセル書式を保持する] チェック ボックスをオフにします。 フィールドを移動すると、同時にピボットテーブルの表示も切り替わります。 ピボットテーブルのグループ化 行エリアと列エリアに項目を配置した場合、日付、数値をグループ化することができます。

次の