Lixil 株主 総会。 LIXIL騒動終結で一転双方歩み寄り、人事は「大人のたすき掛け」

LIXILの株主総会雑感

lixil 株主 総会

今回専任された瀬戸欣哉氏が本物の経営者であることを、今回の株主総会の結果が保証するものでもない。 候補者を選んだのは潮田氏がCEOだった時期の指名委員会だったためで、「潮田氏の影響力が残るメンバーが選んだ会社側候補者は信用できなかった」(国内機関投資家)。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 名門大企業といえども、経営者の暴走を免れないし、その暴走によって企業が沈没しかねない。 さて会社側、瀬戸氏サイドの双方が「委任状を送ってほしい」と株主に呼び掛けていれば、「争奪戦」といえるが、瀬戸氏サイドは委任状を株主に送付していない。 一方で、株主側提案の方がガバナンスの実効性に期待が持てる内容だったという。

次の

LIXIL騒動終結で一転双方歩み寄り、人事は「大人のたすき掛け」

lixil 株主 総会

総会後の取締役会で選出されるCEO候補として、会社側は三浦善司リコー元社長、瀬戸氏側は同氏を提示していた。 同社の株式は海外勢と国内機関投資家、個人投資家がそれぞれ3割程度保有する。 伊奈氏はその取締役会で瀬戸氏の辞任に反対している。 一方で、最長で「半年の空白」を懸念する投資家もいます。 今回の株主総会でLIXILグループは3つの議案を提案している。

次の

LIXILお家騒動で問われるガバナンス、問題の所在はどこに

lixil 株主 総会

諮られる議案は全部で3つあります。 LIXIL前CEOの瀬戸欣哉氏(写真:日刊現代/アフロ) 注目されていた LIXILグループ(以下、LIXIL)の株主総会が6月25日に行われた。 ブルームバーグ・インテリジェンスはアクティビストの活動の動向を記録している。 が25日午前11時から東京都内で定時株主総会を開催します。 総会で取締役に選ばれれば、この中から元リコー社長兼CEOの三浦善司氏を暫定CEOにする予定だ。 LIXILグループの件では取り下げられたようですが、現CEOの退任を求めて、株主が臨時株主総会の招集を要請するようなケースも典型例といえます。

次の

LIXIL株主総会、番狂わせの背景

lixil 株主 総会

会社側の舞台裏を覗くと、取締役候補はドタバタで決まったようだ。 なお、指名委員会が執行役の選解任議案を取締役会に上程するにあたり、指名委員会で審議することについては会社法上の問題はないと考えられます。 会社側が送って来た招集通知や議決権行使書に含まれている委任状を返送すると、会社の判断に委ねるという意思表示となる。 この逆風を押し返して瀬戸氏側は勝利した。 同社の福永敬輔・スチュワードシップ推進部長は「双方の言い分を聞き、差別することなく、公平に扱った結果」と話す。 「株主側の取締役選任案が通るのは、この規模の会社では初めてだろう」と大和総研の鈴木裕主任研究員は指摘する。

次の

【端末活用術】物言う投資家がメディアを巻き込み株主総会に臨戦態勢

lixil 株主 総会

news on Japan and activist shareholders、またはTNI JAPAN SHRHOLDACTとコマンドラインに入力し、赤いメニューバーの中のアクションから検索結果を保存したり、アラートの配信設定をしたりすることも可能だ。 LIXILグループのトップ人事をめぐり混乱が続いている。 今後、機関投資家が企業のガバナンスに対して要請する場面も増えてくるのでしょうか。 そこには年金などを運用する機関投資家が本気で議案の賛否を考え始めたことが影響した。 瀬戸氏側は、自身を含む8人の取締役候補を株主提案している。 今回、僕自身も議決権行使の意思決定プロセスを垣間見たが、真面目な議論がなされていた。

次の

【端末活用術】物言う投資家がメディアを巻き込み株主総会に臨戦態勢

lixil 株主 総会

ところが今回の株主総会では、前代未聞のマークシート方式による選任投票が採用された。 増加が予想される機関投資家からの要請、企業はどう対応するべきか LIXILグループがCEO交代の経緯を明らかにしたこと、潮田氏の退任については機関投資家からの要請も一因と報じられています。 一部の海外機関投資家は「株主案」への賛成を公表しました。 米国での成功率は14%だった。 LIXILグループの経営混乱は2018年、母体企業のひとつである旧トステム創業家の 潮田洋一郎氏が、「プロ経営者」として招いた瀬戸氏を解任し、自らがCEOに就いたことで顕在化した。 業績回復に向けて、株主からは資源の選択と集中を迫られる可能性がありますが、その実行には従業員や取引先からの厳しい反発も予想されます。 LIXILグループはこの8ヵ月、まさに異常事態に陥っていた。

次の

LIXILの株主総会雑感

lixil 株主 総会

LIXIL創業家の潮田(うしおだ)洋一郎会長兼CEOの影響力をなくし、ガバナンス(企業統治)不全を正すと主張している。 瀬戸氏側はこの勧誘手法が違法行為に当たるとして、同社の代表執行役である山梨広一社長兼COO(最高執行責任者)を相手に、東京地方裁判所に差し止めの仮処分を申し立てていた。 この点について報告書を読むと、前CEOを事実上解任した取締役会(2018年10月31日開催)までに開催された指名委員会開催の事実および審議内容は、指名委員会委員と前CEO以外の取締役会メンバーには知らされていなかったそうです。 つまり8名、2名、6名がそれぞれグループとしてまとまって採決されると見られていた。 指名委員会にはどのような対応が求められたのでしょうか。

次の