僕 は 上手 に しゃべれ ない。 『僕は上手にしゃべれない (teens’ best selections)』(椎野直弥)の感想(33レビュー)

みんなのレビュー:僕は上手にしゃべれない/椎野 直弥

僕 は 上手 に しゃべれ ない

あっという間に読めた。 ちょっと重いけど重すぎない。 だからといって、がんばれ、とか、治るようにしよう、というのも、何か違う。 他にも吃音者の集まりやグループもある。 不思議なことに、日本舞踊のお稽古や発表会で大勢の人に見られるのは平気でした。 夢の甲子園で、僕はベンチにも入れず、スタンドでただ大きな声を出して終わりました。 吃音にひどくコンプレックスを抱えているものの、それ以外はごく普通の中学生である主人公に比べ、女の子は地味にブッ飛んだそこそこのダークヒロイン というのはネタバレになるけれども。

次の

関西ウーマン

僕 は 上手 に しゃべれ ない

彼女のしゃべり方は例えばこんな感じだ。 でもこれは、作者である僕の物語じゃありません。 僕も自己紹介がとても苦手で、未だに緊張します。 辛い時や悲しい時、周りかの『親切』が鬱陶しかったり、イライラしたりすることってありますよね? 僕も吃音で落ち込んでいる時の、友達や先生からのフォローって、本当に嫌で堪らず『放っといてほしい』というのが本音でした。 同じクラスの女子、古部加耶さんも放送部に入部して仲良くなりそれなりに楽しい部活生活を送れるようになりました。 「それとあのあと席替えをした。

次の

関西ウーマン

僕 は 上手 に しゃべれ ない

吃音に悩む悠太は、部活勧誘の「誰でも上手に声が出せるようになります」との言葉に引かれて放送部に入部。 声優を目指している古部さんは「悪魔剣士カヤ」の台本を悠太に一緒に読んで欲しいと言うが、自分の台詞をうまく言えないことに悠太はだんだん嫌になり…。 吃音に悩む主人公が、まわりの人の優しさに助けられながら、成長していく物語。 勤務している学校の図書館に入っていたため、読んだ。 心の中で何度も唱えたけれど、名前が言えない。

次の

みんなのレビュー:僕は上手にしゃべれない/椎野 直弥

僕 は 上手 に しゃべれ ない

立花先輩は3年生で、受験勉強もあるので、早めに引退しなくてはならないけど、古部さんはそれも了解して、悠太の発声の練習を一緒にする。 授業中答えが分かっていても、うまく話せないから手を挙げない。 この話を全国の中学生諸君に贈りたい! 拝啓 柏崎悠太君初めまして 僕も君と同じどもりのある吃音者です。 立花先輩やクラスメート古部さんは吃音であっても構わないと悠太を受け入れてくれた。 僕も発生練習や本の朗読など色々やったけど何の意味もなかった。 言葉を発しようと思っても、うまくしゃべれない。

次の

楽天ブックス: 僕は上手にしゃべれない

僕 は 上手 に しゃべれ ない

悠太は吃音に悩んでいるのだ。 やっぱり周りから変な目で見られたり、陰で色々言われたりするのが嫌なんだと思う。 実際、仕事の面接でも 「どもりが電話に出ると会社のイメージが悪くなる」って言われたこともあるしね。 だから問題ないと言うのです。 当時の僕には『とある人の一言』はありませんでした。 物語が終わった後、吃音の他にもたくさんある障害に思いを馳せた。 大きな夢を諦めたことが。

次の

楽天ブックス: 僕は上手にしゃべれない

僕 は 上手 に しゃべれ ない

僕の高校では甲子園常連校で、僕の代にも甲子園出場を果たしています。 相手の反応なんて気にせずに。 辛いこと、苦労している人は世の中にいっぱいいますし、上を見上げればきりがありません。 amazonなら「なかみ検索」で読ませれば凄く売れると思うだけど。 なので、ここに出てくる柏崎悠太くんの気持ちが痛いほどよく分かります。 しかしそれにしても、自身も吃音症の作者が吃音症の主人公をそのような世界で幸せにしたということは、現実世界で吃音者が取り巻かれる状況の厳しさを浮き彫りにしてはいないだろうか。

次の

僕は上手にしゃべれない|児童読み物(国内)|本を探す|ポプラ社

僕 は 上手 に しゃべれ ない

『ペーパーボーイ』も良かったが、あれは吃音の少年が様々な人と関わることで成長する物語で、吃音そのものがテーマになっているわけではなかったが、こちらはより吃音そのものを描いているので、その苦しみがリアルに伝わる。 ぜひ放送部に入って欲しいと言われた。 第四回ポプラ社小説新人賞で最終選考に選ばれた時点でのタイトルは『僕は普通にしゃべれない』。 誰も僕の苦労や悩みや苦しみを分かってくれない。 立花先輩は3年生で、受験勉強もあるので、早めに引退しなくてはならないけど、古部さんはそれも了解して、悠太の発声の練習を一緒にする。 『部員大募集中です。

次の

『僕は上手にしゃべれない (teens’ best selections)』(椎野直弥)の感想(33レビュー)

僕 は 上手 に しゃべれ ない

現実はこんなに甘くはないだろう。 そして放送部を訪れて… 周囲の人の温かい気持ちに支えられ、少しずつ前進していく中学生の物語。 あっという間に読めた。 そんな悠太に部長の立花孝四郎と隣席の美人女子古部は、温かく接し、彼は吃音を克服する努力を始める。 中学生なんて一番そういうの傷つく時だから余計に辛いよね。 読み物として、というよりも、悩みを持つ少年の気持ちを理解するためにおススメしたい。 ラストは爽やかな感じです。

次の