鴻上 尚史。 鴻上尚史(コウカミ ショウジ)

鴻上尚史のほがらか人生相談 / 鴻上 尚史【著】

鴻上 尚史

そして、大学時代憧れていた先輩。 ドラえもんは色んな世代の人から人気がありますから分かります。 1994年• 2010年 舞台 [ ] 脚本・演出 [ ]• 「芝居を作るということは大変なことなんだから、批判とかしてる場合じゃない」と思って従順になる、異議があっても胸に納めてしまうのだと。 中高生など子どもも、状況によっては大人以上に人間関係に敏感になるよう求められ、強力な「空気」に悩まされることもある。 逆に言うと、周りの「社会」を排斥するからこそ、「世間」の絆は強まるわけです。

次の

楽天ブックス: 鴻上尚史のほがらか人生相談

鴻上 尚史

これが万が一、亡くなっている両親に対する後悔だとしたら、すごく深刻な問題。 ですが2001年に、第三舞台の活動を10年間封印し、2011年に復活したのも束も間、 2012年に正式に解散となりました。 「電車で読んでたら思わず泣いてしまった」 「相談者に寄り添ってる、なんて優しい回答。 そして、鴻上作品には5年ぶりの出演、KOKAMI@networkには初参加の長野里美さんという豪華出演陣! 歌あり、戦争あり、ロミジュリ!?あり、抱腹絶倒の爆笑悲劇です。 そして、俳優が『分かった』と納得してくれればシーンは演出家の狙い通り生き生きしたものになる... ララバイまたは百年の子守唄(、、ら)• の本当に言いたかったことは「いけそうな女を狙え」ではなく「いけそうな女を狙おうなんて悠長なこと言っててどうする、甘いんだよ、選り好みしてる余裕なんかお前にはないし選り好みしてるようじゃ結局負けるんだよ、緊張しようがなんだろうがとにかく女性と喋らざるをえない環境にまずは身を置け」といった内容だったんじゃないかなと思ったんですがいかがでしょう。

次の

40年間“悩み相談”に答えてきた作家・鴻上尚史が語る、ネット最大の罪

鴻上 尚史

dot」で毎回「神回答! dotで連載されている「鴻上尚史のほがらか人生相談 」の 「66歳男性が風呂場で涙…友人もいない老後を憂う相談者に鴻上尚史が指摘した、人間関係で絶対に言ってはいけない言葉」という記事。 良い方向に変わればみんなが楽になれるんだけど、タフな方向に変わってしまうと、そのタフさに耐えられる人だけが自由を享受できるという可能性もあって。 ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 言葉選びにこだわる彼はきっと、 人々の中にある一般的な『イチゴ』のイメージを知った上で、 若い女の子を『イチゴ』に例えたんです。 むしろ逆だ。 舞台もたくさん見に行ったし、 一緒に撮ってもらった写真もあるし、 彼の著書はほぼ持っています。 でもそれでも間違えてしまうのが、当事者でないということなんでしょうか。

次の

鴻上尚史は結婚して子供はいるの?ワークショップの内容や募集時期とは

鴻上 尚史

ジャンルでさがす• 4%、ドイツは46. 現在は(平成11年)に立ち上げたユニット、KOKAMI networkを中心に活動している。 子育て、夫婦の不満、容姿、孤独……相談者に寄り添った鴻上尚史さんの丁寧な回答に、「電車で思わず泣いてしまった」「素晴らしすぎる、神回答!」「何度も読み返した」などとTwitterでも話題沸騰! 書き下ろしも収録。 中学2年まで受けた壮絶ないじめが忘れられず、苦しいです(42歳・女性 やなな)【相談18】とても優しくて、ずっと一緒にいたいと思う彼氏がいるのですが、動画を撮りたいという彼の性癖に悩んでいます(26歳・女性 こだま)【相談19】一時の恋愛で息子の人生をだめにしないように、という親心が「毒親」呼ばわりされなくちゃいけないのですか? (62歳・女性 み 【著者紹介】 鴻上尚史 : 作家・演出家。 たとえば男同士でも2年3年のなかではめちゃめちゃなのに1年にはやたら先輩風を吹かしてマウント取ろうとしてくる奴とかいたらむかつくもんね。 早稲田大学卒。

次の

「空気」を読んでも従わない: 生き苦しさからラクになる (岩波ジュニア新書)

鴻上 尚史

考えていたつもりが 早稲田大3年、鴻上さんが演劇に力を注いでいた頃だ。 そこに不安がある人は、現在の価値観にしがみつきますよね。 2008年 僕たちの好きだった革命()• 【目次】(「BOOK」データベースより) 「ニセモノの孤独」を知る/「本当の孤独」を知る/恥ずかしくない孤独を体験してみる/「本当の孤独」を生きると新しいネットワークが見つかる/自分との対話の仕方を知る/それでも「一人はみじめ」と思ってしまう理由/孤独を選ぶメリット/100点を目指すのではなく、67点の人生を認めること/耐えられない不安の時は/「考えること」と「悩むこと」を区別する〔ほか〕 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 鴻上尚史(コウカミショウジ) 1958年愛媛県生まれ。 日常生活で「世間」や「空気」の圧力に窮屈さや違和感を覚えている子どもたちにはもちろん、大人にとっても分かりやすい入門書として有益な本だと思う。 (ニッポン放送、火曜日19:00〜20:50、〜3月予定) CM [ ]• とはいえ、本を一冊書き下ろす時間はなかったし、『』(大和書房)では孤独や不安について書いていたし、『』(大和書房)ではコミュニケーションのとり方についてまとめた。

次の

40年間“悩み相談”に答えてきた作家・鴻上尚史が語る、ネット最大の罪

鴻上 尚史

そんな指示では俳優は納得しない。 そういう時は、クラスで「男性と会話することに怯えている女性」を見つけましょう。 その後の話は、本題ではないので割愛しますが、だいたいこんな感じなのではないでしょうか。 『冒険遊戯 モダン・アドベンチャー・フェスティバル』()1985• では、役者が何と言おうがここは大声のほうが絶対にウケる、と確信する演出家はどうするか。 (、2001年4月5日〜2002年3月)• 」「すごい回答! 課題も多いでしょうが、少しでもうまく機能してくれるといいと思います。 大声になる理由を『発明』するのです。 ご本人が発表している著書などがありましたら教えていただけないでしょうか。

次の