薬屋 の ひとりごと pixiv。 薬屋のひとりごと35話(最新話)のネタバレと感想!【毎月更新】

薬屋のひとりごとで壬氏がプロポーズ⁉︎【ネタバレ注意】

薬屋 の ひとりごと pixiv

[newpage] あれから数日。 けして輪には入らないが、傍らで優しく見守る女の姿を認めた。 むしろ男が好きか女が好きか、それともこだわりはないのか。 良い名だね」 名を変え生まれ変わり、新しい人生を謳歌しているんだ。 「目を開けろ」 「無理です」 「いいから、開けてみろ」 「嫌です」 「何故だ?」 「余計に顔が火照ります。

次の

薬屋のひとりごとで壬氏がプロポーズ⁉︎【ネタバレ注意】

薬屋 の ひとりごと pixiv

どう感じるかも、私が決めていいはずだ。 しかし、自分が雰囲気的に後宮へ行くのが合わないのではないかと感じています。 そして皇弟瑞月。 はじめはなかなか馴染めなくて堅かったけど、今じゃすっかり皆の良い姉貴分やってる。 羅門の甥であり、また緑青館の妓女である鳳仙に猫猫を生ませた張本人である。 婚儀を終えて諸々が落ち着いてきたこの頃、夫となった瑞月の多忙もまた始まった。

次の

#薬屋のひとりごと 肌

薬屋 の ひとりごと pixiv

また、赤ん坊のころにを食べたことで生死をさまよった経験があり、蜂蜜も苦手。 父親である先帝は者であり、長兄である現帝とは10歳以上も年が離れているため、その出自を疑う者もいる。 つまり猫猫の父親であるが、猫猫は彼を父親と認めておらず嫌っている(猫猫自身の感覚からいうと苦手なだけ)。 帝に拝謁して、その後は宴だ。 王として男性が君臨する一方巫女として女性が政をする政治形態で、男尊女卑が強く見られる茘と文化がかなり異なる。

次の

#薬屋のひとりごと いつも一緒

薬屋 の ひとりごと pixiv

けして輪には入らないが、傍らで優しく見守る女の姿を認めた。 何だろうかと見つめていると、包みがもぞもぞと動き出し、--小さな頭が顔を覗かせた。 白鈴から李白への思いは不明だが、それなりに親しくなっていると思われるが、身請け料は「現在の李白の給料10年分」と本気で出世すること考え始める。 「じゃあ、何で顔が赤いのかしら?」 そう言われた時、運悪く、また熱が顔に上ってきた。 大姐の娘なんだっけか?」 「そう、私が禿だった頃にお世話になった大姐の娘。

次の

#薬屋のひとりごと #猫猫 蝉しぐれ

薬屋 の ひとりごと pixiv

早く会いたい、って気持ちばっかり先走るんだよね」 「仕方ございませんわよ。 「そういえば、あの方」 あの方?猫猫のこと? 「いえ、その夫君の」 ああ。 確かに、彼女は妊娠を望んではいないだろう。 いつもよりお美しいです」 女房がくすくす笑いながら答える。 嬌嬌(キョウキョウ) 声 - (ドラマCD ) 佩芳の侍女頭。 「来てくれて有難うね、猫猫」 「うん。

次の

#薬屋のひとりごと #薬屋小説100users入り 初恋

薬屋 の ひとりごと pixiv

「少し話をしないか」 そう言うと阿多は翠苓を暖かい部屋の中へと誘った。 「おまえを庇って濡れた袖だからな。 先帝時代に阿多妃とは「(帝の妃という意味で)姑と(東宮・皇太子の)嫁」という関係だったが仲は良い。 「ねえ、おかしくないかな?」 時の上皇の寵姫、玉藻は焦っていた。 正しい事を成そうとしても、時期が悪いと無駄に終わる。 皇帝との間に一人娘(公主)の鈴麗があり、母子の衰弱の原因を明らかにした猫猫に恩を感じ侍女に迎える。 辛くなったらすぐに俺に言えよ?」 あーあ、と呆れたような声が聴こえ振り返ると、にやにやしながら玉藻がこちらを眺めている。

次の

#薬屋のひとりごと 慈母

薬屋 の ひとりごと pixiv

まず壬氏についてですが、 猫猫のことが好きです。 「ねえ、おかしくないかな?」 時の上皇の寵姫、玉藻は焦っていた。 面倒なものなのだな」 「ところで、瑞月さまは何を?」 「まあ、平たく言えば接待を受けていたな。 卓の上の胡桃を見つめていた視線を上げると、令嬢たちは一様にポカンとしていた。 塩もあまり手に入りにくいかな」 「猫猫、何か気になる事でもあるのか?確かに海産物を扱う店が見当たらないが」 瑞月が思う事があるのか、猫猫に訊ねる。 今後薬屋のひとりごとはどのように展開し、どのキャラが王妃になるのか楽しみです。 邪険にされたら小便でも引っ掛けて逃げてやれ。

次の

#薬屋のひとりごと #薬屋小説100users入り 初恋

薬屋 の ひとりごと pixiv

色々と複雑でさ。 「兄ちゃん、ほんと……?!」 「男子たるもの、出来ぬ約束はしないものだぞ」 そうだ、心に決めた。 間違いなく自分なのだが、他人の人生を代わりに演じさせられているような、そんな毎日だった」 過去の自分を揶揄するかのような物言いだ。 「お前達もいて退屈しない」 からからと阿多は笑う。 注釈 [ ]• あくまでこの中では、の話だが。

次の