ハイドン チェロ 協奏曲。 チェロ協奏曲の名作は・・・ : 気楽おっさんの蓼科偶感

Category:Haydn, Joseph

ハイドン チェロ 協奏曲

楽章構成 [ ] 全3楽章の構成。 ハイドンって、健康的で明るいと思っていたのだが、ここで聞こえるチェロの音色は、かすれて渋い。 メンデルスゾーンも、ブラームスもだ。 エッジの鋭い、怒りに満ちたような怖いアーノンクールさんの演奏で、いっぺんに、嫌いになっちゃったというトラウマがある。 この12月にはスティーヴン・ビショップとベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番と第5番をレコーディングしています。 コンスタツィ作 5 チェロ協奏曲 第5番 ハ長調 1769 ポッパー作 g1 チェロ協奏曲 ト短調 作曲年不明 紛失 と、なっており、ハイドンの真作と確認され、現存しているチェロ協奏曲は、1番と2番だけ。 ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると ホーボーケン番号(Hob. チャイコフスキー国際コンクールにおけるチェロ部門の課題曲。

次の

曲目解説:ハイドン/チェロ協奏曲第2番

ハイドン チェロ 協奏曲

続いてソリストによる呈示部になります。 同年12月には、招待されたフー・ツォン家のクリスマス・パーティで、ダニエル・バレンボイムと出会い、彼女の提案によってブラームスのソナタ第2番へ長調が演奏されます。 「デュ・プレ」というフランス人のような姓は、先祖が英国海峡フランス沖にあるジャージー島の出身者だったためとのこと。 あの1楽章の典雅なフレーズは、すっかり忘れ去れてしまったかのようで、とっても速い。 1988年1月26日、生きていれば43回目の誕生日だった日に、その輝かしい生涯に感謝するコンサートが開かれ、デイム・ジャネット・ベイカーが歌い、ズービン・メータがスピーチをし、夫だったバレンボイムがイギリス室内管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第27番を弾き振りで演奏しました。 にはのチェロ(指揮、)により、日本初演が行われた。

次の

チェロ協奏曲第2番 (ハイドン)

ハイドン チェロ 協奏曲

新しい!! 1965年1月、ジャクリーヌは、初の協奏曲レコーディングとなったディリアスのチェロ協奏曲をサージェント指揮ロイヤル・フィルとおこない、4月にはゆかりの深いバルビローリと初の共演を果たします。 英国に帰ってから、指先の感覚が鈍くなるなどの体調不良を訴え、病院で診察を受けた結果、心因性のものと診断され、秋から1シーズンの演奏をすべてキャンセルします。 コンスタンツィ、第5番はの作といわれている)ため、ハイドンの真作とされているチェロ協奏曲は第1番とこの曲のみである。 この曲は壮年期に書き上げられたため、前後してピアノ協奏曲第4番、4曲の交響詩などの傑作が生まれた時期で彼が最も充実した時期のく曲である。 なぜなら聞き飽きる面がある曲想だから。

次の

Category:Haydn, Joseph

ハイドン チェロ 協奏曲

と思う。 ハイドン - チェロ協奏曲第1番ハ長調、第2番 ニ長調 ボッケリーニ -チェロ協奏曲第1番変ホ長調、第2番イ長調、第3番ニ長調、第4番ハ長調、第5番ニ長調、第6 番ニ長調、第7番ト長調、第8番ハ長調、第9番変ロ長調、第10番ニ長調、第11番ハ長調、第12番変ホ長調 ウェーバー - グラン・ポプリ(チェロと管弦楽のためのコンチェルト・シュトゥック) ニ長調 シューマン - チェロ協奏曲イ短調 フォルクマン - チェロ協奏曲イ短調 ラフ -チェロ協奏曲第1番 ニ短調 、第2番 ト長調 ラロ - チェロ協奏曲ニ短調 サン=サーンス -チェロ協奏曲第1番 イ短調、第2番 ニ短調 チャイコフスキー- ロココ風の主題による変奏曲イ長調 ドヴォルザーク - チェロ協奏曲イ長調、ロ短調 エルガー - チェロ協奏曲ホ短調 グラズノフ - チェロと管弦楽のためのコンチェルト・バッラータ ハ長調 プロコフィエフ - チェロ協奏曲第1番 ホ短調、交響的協奏曲 ホ短調 カバレフスキー - チェロ協奏曲第1番 ト短調 、第2番 ハ短調 ショスタコーヴィチ - チェロ協奏曲第1番 変ホ長調、第2番 ト短調.......................................................... なお、チェロ協奏曲については鈴木が自身立ち上げた楽団OLCで2002〜2003年に再録している様ですが詳細は把握しておりません・・・彼自身解決出来なかった本盤での諸点をクリヤーしたのでしょうか? 長い間,この曲はクラフトが作曲した作品とみなされていましたが,1954年に自筆譜が発見され,ハイドンの真作であることが判明しましたた。 悲嘆さや一面暗さを感じさせるが、ロマン性を失わない。 11歳でチェロ援助基金に合格した彼女は、12歳のときにBBC主催のコンサートで演奏。 第1楽章 協奏風ソナタ形式の楽章です。 音は安定してないし、もっと、しっかりと足元をカッチリとして欲しいのだが、まるで、ウキウキとした気分を抑えきれないかのように、自己陶酔していくんでしょうねえ。 彼女はしかし、まだ自分の演奏に満足しておらず、この年の秋、フランスの名チェリスト、ポール・トゥルトゥリエに師事するため、パリに6ヶ月間留学することとなります。

次の

ハイドン チェロ協奏曲「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

ハイドン チェロ 協奏曲

演奏時間は約25分。 コントラバスとホルンがカットされ、全体的な音量が落ちる。 この作品を知ったブラームスは「人の手がこのような協奏曲を書きうることに、なぜ気づかなかったのだろう。 新しい!! オーボエと弦楽器による簡素な伴奏の上に,独奏チェロによる抒情的なメロディが出てきます。 リズミカルな主題で、弦の優しいが勢いのあるフレーズで、シャキシャキした感じで進んで行く。 ハイドン『チェロ協奏曲第1番』の名盤. 第3番イ長調が特に有名。

次の

チェロ協奏曲第2番 (ハイドン)とは

ハイドン チェロ 協奏曲

ここでは、指揮振りをしているらしいのだが、たっぷりめの歌いっぷりで、おいおい〜と思うほど、たっぷりの装飾が入ってくる。 作曲当時、「弦五部」という概念はまだ存在していなかったが、この協奏曲が西洋音楽史上初の、弦楽パートが5部に独立した楽曲である可能性はある。 このうち初期の1・2・6番は用に作曲され、1770年代に書かれた3番と4番は用である。 そのためバロック時代の名残がまだ感じられる作品になっています。 定期演奏会の曲目にも普通に現れる。 とっても研究された演奏なのだろうが、ワタシには、馬に念仏状態で、なんで〜 こんなに擦れた音なのだ。

次の

チェロ協奏曲の名作は・・・ : 気楽おっさんの蓼科偶感

ハイドン チェロ 協奏曲

シンフォニー、室内楽、フルート、ヴァイオリン曲、何でも聴きやすくてとっつきやすい。 ラストに向けて、ますますテンポをあげて〜歌い上げていく。 その成功により、同じ年の夏にロンドンでおこなわれた「プロムス」にも出演して同曲を演奏、国民的なコンサートでの見事な演奏により、一躍人気を集めることとなったのです。 弱音で奏でていくところも、とても丁寧だし、低音の音もマイルドだし、渋みの少ない演奏だと思う。 カップリング: 1〜3 ハイドン チェロ協奏曲第1番 4〜6 ハイドン チェロ協奏曲第2番 7〜9 ハイドン ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、ファゴットとオーケストラのための協奏交響曲変ロ長調 チェロ:鈴木秀美 ヴァイオリン:寺神戸亮 オーボエ:パトリック・ボージロー ファゴット:マルク・ヴァロン ハイドン チェロ協奏曲第1番 このCDは、古楽器使用の演奏である。 オーボエとホルンはお休み。 両端楽章が、快速なソナタ形式で書かれているなど、バロックと古典派の融合を図った初期のハイドンの創作意欲が表れた作品だそうです。

次の

チェロ協奏曲第2番 (ハイドン)とは

ハイドン チェロ 協奏曲

2つのリラのための協奏曲 VIIh [ ] ()という楽器はナポリ王が得意とした楽器で、ハイドンは王の依頼によって作曲した。 協奏曲では珍しい4楽章構成。 この前は、マさんの演奏で聴いたのだが、それは流麗だった。 最後に第1主題の冒頭の動機が出てきて,オーケストラの呈示部が結ばれます。 チェロの旧約聖書と高く評価される。 この他に5曲の存在が確認されているが、いずれも偽作である。

次の