アウディ rs5 スポーツ バック。 RS5 スポーツバック/アウディ|スペック

【アウディ新型RS5最新情報】2019年8月27日RS5スポーツバック日本発売!クーペ、スペック、価格、発売日は?

アウディ rs5 スポーツ バック

3インチのデジタルメーター「Audiバーチャルコックピット」などが採用されています。 リサイクル料金が別途必要になります。 パフォーマンス・モデルらしいインテリア 英国のRS5には、3段階のトリムグレードが用意され、ボディタイプはクーペとスポーツバックの2種類。 アウディはハイパフォーマンスモデルで主力のRS5に新しいボディタイプを設定することで、ブランドの魅力をアピールしていきたい考えです。 同車は、最新の『A5スポーツバック』をベースに、アウディの子会社のアウディスポーツが開発した高性能モデルだ。 4ドアのスポーツバックと比較して、2ドア・クーペの方が車重は35kg軽量だ。

次の

アウディRS5スポーツバックの受注開始!日本発売は2019年後半か?

アウディ rs5 スポーツ バック

2kgmを発生する。 audi. 9リットルV型6気筒ガソリンツインターボだ。 スタンダードだったらもう少し今風になっているのだろう。 1インチの「MMIタッチディスプレイ」に、操作系を集約した。 ホイールベースは14mmの延長を果たしており、結果的に2824mm拡大された。

次の

試乗 アウディRS5スポーツバック WLTPに適合 450ps 優れた長距離クルーザー

アウディ rs5 スポーツ バック

一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。 クーペの美しさとデイリーユースの利便性が融合したスポーツバックに狙いを定めていた人は、さぞ待ち焦がれていたことだろう。 トランスミッション:8速AT• 衝突被害を軽減する「アウディプレセンスシティ」をはじめとする、最新のアシスタンスシステムも搭載されている。 アウディ新型RS5の発売日は? アウディ新型RS5スポーツバックは、日本で2019年8月27日に発売されました。 audi. 最近は欧州メーカーの多くが世界標準の燃費・排出ガスの計測法であるWLTPへの対応で生産や販売のプログラムに大幅な影響がでてしまい、アウディもそれは避けられなかった。 隙のないオールマイティなパフォーマンス パワートレーンは、2. ベースとするのはアウディ最新のMLBプラットフォームだ。

次の

【海外試乗】アウディRS5スポーツバックは思わず道を譲ってしまう、ド迫力のハイパーマシン(Webモーターマガジン)

アウディ rs5 スポーツ バック

《森脇稔》. 19インチホイールが標準で、20インチはオプションとなる。 アウディ「RS5スポーツバック」のパワートレイン アウディ「RS5スポーツバック」のパワートレインは、2. つまり、 わずかではあるが S5スポーツバックは以前よりも大きくなっている。 トランクと後席の足元にゆとりが生まれたのである。 でも、濡れた路面で突然オーバーステアが顔を出したり、過度に突っ張った乗り心地で疲れてしまうこともない。 そこから徐々にダンピングが立ち上がり、強力なグリップ力を感じさせながらスムーズかつ俊敏にノーズがインに向いていく。

次の

【海外試乗】アウディRS5スポーツバックは思わず道を譲ってしまう、ド迫力のハイパーマシン(Webモーターマガジン)

アウディ rs5 スポーツ バック

間もなくメルセデスAMGとBMWが迎える変化によって、アウディRS5の価値と魅力は、一層引き上げられることになるはずだ。 まずは静的な観察を行う。 サーキットで鍛え上げられたレーシングカーさながらの地を這うようなシルエットに、数々の専用パーツを纏うAudi RS 5 Sportbackは、一瞬で心を奪い、人々の目を釘付けにする類い稀なる存在感を放つ、センセーショナルなスポーツカーなのです。 エンジン回転が限界に達した場合には、シフトライトが点灯してドライバーにシフトアップを促す。 トランスミッション:7速AT 新世代エンジンは、前モデルに搭載されていたV型8気筒エンジンから1. ヘッドライトの外側にもエアインレットが設けられ、ブリスターフェンダーへと抜けるようなデザインになっていて、まるでDTMのレーシングカーを思わせるエクステリアです。

次の

アウディS5スポーツバック

アウディ rs5 スポーツ バック

RSスポーツシートは、アルカンターラ+レザー仕上げ。 9Lターボエンジンを搭載• A5スポーツバックをベースとした初のRSモデル 美しいデザインと実用性を兼ね備えた、アウディ A5スポーツバックをベースに、アウディスポーツGmbHが手がけた初のRSモデル。 エンジン回転が限界に達した場合には、シフトライトが点灯してドライバーにシフトアップを促す。 ベース車両のA5スポーツバックに対して、フラットで幅広いシングルフレームグリルが特長だ。 ドイツ本国でのベース価格は、8万2700ユーロ(約1040万円)と発表されている。 一方でハイパフォーマンス・モデルらしいインテリアがお好みなら、超が付くほどスマートで、綿密にデザインされたRS5の車内は気に入るだろう。 ファインナッパレザーのカバーにダイヤモンド型のステッチを配したRSスポーツシートや、フラットボトムのリムを用いたRSマルチファンクションステアリングホイールが装備される。

次の

アウディ RS5スポーツバック

アウディ rs5 スポーツ バック

メルセデスAMGのCクラスを個性的にしてきたV8エンジンは、間もなく消滅する。 リサイクル料金が別途必要になります。 駆動方式は4WDの「クワトロ」。 さらにユーティリティをも兼ね備えた一台です。 グループB時代のラリーマシン、クワトロから影響を受けたスタイリングだと主張するアウディ。 取り込んだ空気を、それぞれのターボチャージャーを経由して燃焼室に送るにあたって、デュアルブランチのシステムを使用した。 少し古びて感じられたデザインは、最新版と呼ぶのに充分なものとなった。

次の

試乗 アウディRS5スポーツバック WLTPに適合 450ps 優れた長距離クルーザー

アウディ rs5 スポーツ バック

スポーツモードである「ダイナミック」にするとサーキット走行できそうな硬い足周りになりますが、快適性を重視した「コンフォート」にするとびっくりするくらい乗りやすかったんです。 トルクベクトリング機能の付く四輪駆動システム、クワトロを採用する。 『RS5』には2ドアクーペの『RS5クーペ』があるが、4ドアのスポーツバックに『RS5』が設定されるのは、今回が初めてとなる。 聴覚面でも楽しませてくれる。 Audiバーチャルコックピットには、前後左右のGやエンジントルクなどが表示できるRS専用機能も搭載され、ドライビングを分析することが可能になっています。

次の