ちょ ぎく に。 ちょきんぎょコーナー

鶴さんのちょぎく・みっちゃん・野菜が話題

ちょ ぎく に

冬の湖面のような瞳で、此方を真っすぐに見つめる長義に、国広は恐れに似た何かを抱いた。 それで、もちろん付き合うだろう」 「これが終わったらな。 ……その分、身をもって体験してもらうつもりだから、覚悟しろよ」. 長義が、いつものように国広を押し倒した時、彼は国広を見つめて、こう尋ねたのだ。 同位体の手に触れられていない真っ白な写しと付き合いたい!!!!!! 人気のない、静かな場所が好きな国広にとって、万屋街はあまり好ましい場所ではない。 。 「おや……もう捕まったのか」 視線の先にいたのは、山姥切長義だった。 けれど、それは心を通わせたそれではない。

次の

「#ちょぎくに」のイラスト

ちょ ぎく に

「ほら、長義さん行きますよ……! 誤解は解けたじゃないですか」って言うんだけど、聞いてくれない。 肉体を失い、依り代を失った魂は本霊へと還るのが摂理。 さて、お国の案と他所の本歌の小袋を持ち帰った国広だったが、その日、本丸に戻っても、その後自室でのんびり過ごしても、長義が訪ねてくる気配はなかった。 「ふぅん? …見習い制度、ねえ…、」 「はぁああ!???!!! 見習い制度ぉ??!!!?????」 思わず口にしていたその企画書の題に、過敏に反応した一振りがガタン、と立ち上がる。 隣の山姥切は俺とは真逆に、楽しそうにくすくす笑いやがっていた。 それ以降は不仲に。 片方は、盗品だと思われる小袋。

次の

#10 【くにちょぎも】ちょぎくにについて語るスレ【いいけれど】

ちょ ぎく に

別れた原因は、相手の愛を感じなくなったからに一票。 その礼だと思ってくれ」 「助言、感謝する」 「……上手くいくと良いな」 そう言って、お国が笑った。 でも長義くんがまんばに別れた理由を聞くと 「長義が俺の事嫌になったんだと思って……」 とか言うから (これ別れる必要なかったのでは)ってチベスナになる。 なにすぐに戻る」 俺たちの子供をお迎えしなきゃね、と意気揚々と告げれば、ぽかんとした国広のは、ハッと我に返り、 「い、いやいやいや?! それ下手したら聚楽第の再来、というか俺でもそれはまずいとわかるぞ???」 と必死に引き留めてきた。 」 「俺の話を聞いていたか????!!!! ある日まんばはある刀剣に練度を抜かれてしまう。 起きた事象に、頭が追い付けない。

次の

#ちょぎくに #女体化 擦れ違いと執着心

ちょ ぎく に

夜の誘いは勿論のこと、日常生活でも顔を見ないのだ。 みんなが思わず長義を見るけど、長義は当然支度をしてないし、出掛ける様子もない。 不意にそう思った。 だが、お国は、酷く真剣な面差しで此方を見ていた。 音がしただけで今のは何だと彼に訊くのか。

次の

ちょきんぎょコーナー

ちょ ぎく に

なぜ笑った?? って思ってると 「お前、本当にデートだって言ったの?」 「だってお前がバレそうになったらそう言えって言ったんだろ」 「だからって本当に言うかなぁ」 「デートって言ったら付いてこないと思って」 「逆だろ、気になってデバガメするに決まってる」 って話してる。 決して、あんな目を向けられたかったわけでも、長義にあんな顔をさせたかったわけではない。 長義は、まだ眠っているようだった。 資源の無駄遣いじゃないか。 そこに長義くんが血だらけで駆け込んでくる。 「コイツは俺の物だ、俺は誰かと共有する気はない。

次の

ちょぎくにツイッター100題企画第二弾(@odaicyare)のプロフィール

ちょ ぎく に

そんな彼に、長義が眉を跳ね上げる。 いいでしょ を感じていたものの、時間をかけて和解していく同位体たち、中には恋人まで発展しやがった奴までいて、何故かふつふつと怒りが込み上げてきた。 そのまま、男はへなへなと座り込んでしまった。 しかしまんばの部屋に着いた途端、部屋に押入られる。 「長義が最近よそよそしくなった……。 それで、どうしようかと。

次の

二次創作【ちょぎくに短編探索ゲーム集】おにいちょぎといっしょ2

ちょ ぎく に

みんなの身の回りの雑用とか、炊事洗濯をしていた。 つまり、俺たちはもう恋人って事か!!!!???? お互いに冷たくあしらう。 まあ、釣り餌とも言うけどね。 それならそれで話し相手になってほしいと。 「国広。

次の