外務 省 韓国 渡航 自粛。 外務省、韓国の感染症危険レベル引き上げ 全土への渡航自粛求める

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

外務 省 韓国 渡航 自粛

ジャマイカ 6月15日以降,全ての入国者は健康スクリーニング(検温及び症状の観察等)とリスク評価の対象となる。 (注)本資料は地域を含むことから,一部,「入境」を「入国」と読み替えています。 4月22日から,検体受付センターで喀痰を提出した後,午前中に到着する者は結果判明まで(8時間以上)同センターに待機することが求められ,午後又は夜間に到着する者は,シャトルバスでリーガル・オリエンタル・ホテル内の検査結果待機センターに移動し一泊することが求められる。 interieur. 他方,グアム居住者については,身分証等でグアム居住を証明できる場合,自宅での14日間の自主検疫措置が求められる。 外国籍の者による域外国境(external border)(注:ウクライナ)及びポーランド国境からの入国については,一部の例外を除き認められていない(6月10日時点)。 注2:入国後の行動制限については, 国籍を問わず全渡航者を対象にしている措置,発熱などの具体的な症状が無くてもとられる措置や, 自主的な対応を求めるものも含まれています• なお,国内の行動制限が緩和される場合でも,日本からの渡航者や日本人に対する入国制限や入国後の行動制限がとられている場合もあるのでご注意ください。 イ 中度感染危険国からの(再)入国者のうち,チェコ国民及びチェコで滞在許可を有する外国人は,チェコ入国時に,PCR検査結果(陰性 証明書)の提出・隔離措置のいずれの義務からも免除される。

次の

外務省 韓国・大邱など渡航自粛を呼びかけ【テレ東NEWS】|テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】

外務 省 韓国 渡航 自粛

現地滞在中に本件に関し何らかの問題等に遭遇した場合は,現地の最寄りの在外公館に相談してください。 3月24日から当面の間,航空機のトランジットを禁止する。 。 ポルトガル 3月19日から,EU域外からポルトガルへの国際線の運航を停止する。 社会・その他• ・ノルウェー,アイスランド(グリーンランド,フェロー諸島を含む)及びドイツからの6泊以上の宿泊予約のある観光客。 (注)自主健康管理とは,各自に以下の行動を求めるもの。

次の

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

外務 省 韓国 渡航 自粛

・EU,シェンゲン又は英国に定住所があり,交際相手,婚約者,祖父母,親,子,孫等を訪ねる者。 今回の感染拡大に関連し、日本政府が中国以外の国で危険情報をレベル2に引き上げるのは初めて。 )に対し,14日間の自主隔離を義務付ける。 226• ・北欧諸国又はドイツに定住所があり,別荘所有者並びに,デンマークに交際相手,婚約者,祖父母,親,子又は孫を有する者。 また,これらの防疫措置で生じる費用は渡航者の自己負担で,カンボジアに入国する全ての外国人渡航者は,これらの費用の支払いに充てるために,カンボジア到着時に,当局に指定される銀行に最低3,000米ドルをデポジットとして預け入れなければならない(現金またはデビットカードでの支払い)。 直行便で到着した者のみが入国でき,搭乗者はこれらの国・地域に4週間滞在していたことを証明しなければならない。

次の

海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

外務 省 韓国 渡航 自粛

搭乗時にマスクを所持していない場合,旅行継続は認められない。 陰性となった場合,14日間の自宅待機措置もしくは自宅検疫となる。 (アラスカ州) 6月6日から,州外からの全渡航者(アラスカ州住民を含む。 (特定国一覧) アイスランド,アイルランド,アンドラ,イタリア,エストニア,オランダ,キプロス,ギリシャ,クロアチア,サンマリノ,スイス,スロバキア,スロベニア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,マルタ,モナコ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルーマニア,ルクセンブルク• )」に引き上げ、一部継続する。 ),ブルガリアの長期滞在資格を保有する者並びにブルガリア国民の家族を除く,全ての第三国(注:日本を含む。 低リスクと判断された場合,行動制限範囲内のホテル・リゾートに向かうことが許可される。 ただし,過去14日間にオーストリア又は特定国以外に滞在していないことを証明しなければならない。

次の

海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

外務 省 韓国 渡航 自粛

入国を希望する場合,海外のカンボジア大使館・総領事館等で,事前に査証を取得しなくてはならない。 茂木敏充外相は25日午前の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が増加している韓国南東部の大邱市や慶尚北道清道郡の「感染症危険情報」を、3番目に強い「レベル2」(不要不急の渡航をやめるように呼びかけ)に引き上げると発表した。 陰性の場合,検疫を解かれ,商用業務が可能となる。 自動車• スロバキア入国の際に検問が実施されていない場合,同陰性証明書を入国後遅滞なく最寄りの公衆衛生局に提出しなければならない。 検査の結果,同一フライト等の乗客の中に一人でも陽性者が確認された場合は,その乗客全員が,カンボジア当局が指定した施設での14日間の隔離対象となる(指定施設(ホテル)の宿泊費は自己負担となる。 他国に比べて、死者も少ないし、混乱も小さい。 令和2年6月23日(午前6時更新) 外務省• 医薬・医療• ・ドイル・シュレースヴィッヒ=ホルシュタイン州居住者 6月27日から,EU加盟国(スウェーデンの一部とポルトガルを除く),シェンゲン協定加盟国及び英国のうち,感染者数等の客観的基準を満たす国からの観光客の入国制限を緩和する。

次の

外務省 韓国・大邱など渡航自粛を呼びかけ【テレ東NEWS】|テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】

外務 省 韓国 渡航 自粛

一時自粛でなく永久に禁止でしょ。 )に対し14日間の自己検疫を義務づけ,違反者には,5千ドル以下の反則金又は1年以下の禁固のいずれか若しくは両方が科される。 ホテル・レジャー・教育・その他サービス• 反日従韓の立憲の枝野・レンポーは反対でしょ。 これら入国者でPCR検査陰性結果証明書を帯同しない者は,体温測定と質問調査に加え,2日間の隔離を伴うPCR検査を受ける必要がある。 電機・家電メーカー 家電、デジカメ、携帯端末など• (i)低感染危険国:以下27か国 オーストリア,ブルガリア,クロアチア,キプロス,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,独,ギリシャ,ハンガリー,アイスランド,アイルランド,イタリア,リヒテンシュタイン,リトアニア,ラトビア,ルクセンブルグ,マルタ,オランダ ,ノルウェー,ポーランド,ルーマニア,スロバキア,スロベニア,スペイン,スイス (ii)中度感染危険国:ベルギー・英国 (iii)高感染危険国・地域:スウェーデン・ポルトガル・シレジア・ヴォイヴォデシップ地方(ポーランド)• 写真 外務省は3月5日、韓国に対する感染症危険情報のレベルを引き上げた。

次の

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

外務 省 韓国 渡航 自粛

6月15日から,以下に該当する者は入国を許可する。 韓国保健福祉部の発表では、3月5日現在で5,726人の新型コロナウイルスへの感染者が確認されており、1万人あたりの感染者数も高い状態が続いている。 ・セルビア,北マケドニア,ボスニア・ヘルツェゴビナ,モンテネグロ,トルコ,アルバニア及びコソボ国民の帰国を目的とする通過。 4月20日から,出国者及び入国者は,空港の以下の場所・場合において,非医療用マスクを着用するか,又は鼻と口を覆わなければならない。 食料・飲料• 診断書に加え,査証申請の審査では,健康状態インタビューも実施される。 アメリカは韓国全土に、国務省が渡航情報「レベル3(渡航再検討)」、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)も「レベル3(不要不急の渡航延期勧告)」は発出しており、ベトナムや香港など20以上の国・地域は、韓国からの入国を原則的に禁止している。

次の

外務省 韓国・大邱など渡航自粛を呼びかけ【テレ東NEWS】|テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】

外務 省 韓国 渡航 自粛

6月1日から,EEA加盟国・スイス・英国の国民又は合法的居住者は,これらの国の過去14日間の10万人あたりの感染者数が25名以下であれば,これらの国から入国が可能。 (注:具体的な費用については,在カンボジア日本大使館のウェブサイトをご覧ください。 )による乗客及びその自家用車の輸送を停止し,リトアニアを発着する旅客機の運航を運輸通信大臣の命令に基づくものに限定する(5月13日から,フランクフルト,5月28日から,オランダ(アムステルダム,エイントホーフェン)及びドイツ(ベルリン,ドルトムント)との便を再開。 米国 3月21日に米国疾病予防管理センター(CDC)が新型コロナウイルスに関する日本の旅行健康情報をレベル3(不要な渡航延期勧告)に引き上げたことにより,日本から米国への入国者は,入国後14日間,自宅等で待機の上,健康状態を観察し,周囲の者と距離を置くこと(socialdistancing)が求められる。 ただし,(1)出発前72時間以内に受けたPCR検査の陰性の結果を提示する場合,(2)出発前5日以内に受けたPCR検査の陰性の結果を提示した上で,アラスカ到着後7~14日以内に再度PCR検査を受け陰性だった場合,(3)アラスカ到着後7~14日以内にPCR検査を2回受け,両方とも陰性だった場合には,この限りでない。

次の