Pe 課税。 中国でのPE認定課税リスク

中国のPE課税 サービスPEの税務調査と二重課税の最新実務事例

pe 課税

例えば、外国法人の営業マンが日本で営業活動を展開し、日本で展開する事業の重要な部分を担っているような場合には、この営業マン自体が代理人PEと認定され、日本でも課税されることとなります。 ただし、代理人等が、その事業に係る業務を非居住者に対して独立して行い、かつ、通常の方法により行う場合の代理人等はPEとみなされません。 国際課税のスタンダードであるOECDモデル租税条約では、PEは、「事業を行う一定の場所であって企業がその事業の全部又は一部を行っている場所」と定義され、次のものが含まれます。 )の株式等で特定関係発生日に有するものをいう。 出向者のPE課税は中国では既に一般的な問題ですが、タイにおいても認識が必要になって来ているようです。 1 BEPS防止措置実施条約等の実施に係る国内法の整備• (ニ)総資産の額から外国金融機関、他の外国金融持株会社及び一定の中間持株会社に対する貸付金の額を控除した残額• 「PEなければ課税なし」とは、非居住者または外国法人が、自国において行う事業について、自国内にPEを有していなければ 事業所得について課税を行わないとする国際的な課税原則のことをいいます。 企業の物品又は商品の保管、展示または引き渡しのためにのみ施設を使用する場合• このように、子会社がPEとして認定される事例は実際に発生しているため、留意が必要となります。

次の

外資系の税務担当者が再確認しておきたい「PEなければ課税なし」の内容|外資系企業と国際税務専門の税理士

pe 課税

PEによる外国税額控除 AOAにおいては、PEに帰属するのであれば国外に源泉がある所得もPE帰属所得として、日本で法人税課税の対象とされるのが原則です。 以下ハにおいて同じ。 このままではわかりにくいので、具体的に国名を入れると次のようになります。 この判定においては幾つかの注意すべきポイントがあります。 まとめ:旧制度との比較 日本にPEを有する外国法人への帰属主義(AOA)に基づく法人税課税の概要を、旧制度の総合主義と対比しつつ表としてまとめると、以下のようになります。

次の

恒久的施設 PE

pe 課税

Profit attribution to PEs and interaction with action points on transfer pricing — 45 Notes — 46 Bibliography — 46 (出所:OECDのウェブサイト) 原文については、下記OECDのウェブサイトをご参照ください。 また、上記のほか、フィリピン非居住者による国内でのサービス提供は、一度のみのサービスであっても、VATの納税義務者となります。 例えば、製品の販売を業とする外国法人が、日本国内に相当数の従業員が勤務する製品の保管・引き渡しのみを行うための巨大倉庫を保有していたとしても、それだけでは日本国内にPEを有していないことになっていました(<図1>参照)。 外国居住法人 (Resident Foreign Corporation) フィリピン国外の法律に基づき設立又は登録され、フィリピン国内で支店や事業所等を有し、事業を営んでいる法人をいいます。 PEとは、事業を行う一定の場所(支店等)をいいます。

次の

中国でのPE認定課税リスク

pe 課税

PEとは、主に税収協定締約国間の課税権を解決するための概念で、外国企業が中国国内に設立した営業のすべてまたは一部を行う定着した場所を意味します。 日本と各国との間で締結されている租税条約(注1)において定められているPEの範囲は、必ずしも日本国内法(法法2十二の十八、法令4の4、法基通20-1-1~7)(注2)やOECDモデル租税条約(以下、「OECDモデル」とします。 当然出張者数や滞在期間が増えるとそれに応じて課税額は増えることとなります。 例えば、建設PEの認定を逃れるため、10ヶ月に1度人を変え契約し直すことで「1年を超える役務の提供」という条件から意図的に外れる、等の動きです。 ただし、その活動が非居住者等の事業の遂行にとって準備的又は補助的な機能を有するものである場合に限る。 日中租税条約のPE規定 日中租税条約 第5条3 建築工事現場又は建設、組立工事若しくは据付工事若しくはこれらに関連する監督活動は、6箇月を超える期間存続する場合に限り、「恒久的施設」 PE とする。

次の

フィリピン 税務・税法 |フィリピン進出コンサルティング GGI東京コンサルティンググループ

pe 課税

3 独立代理人とされる場合の判定例 代理人が常習代理人として判定され、PE認定されないためには、以下の独立代理人としての判定基準を満たす必要があると考えられます。 逆にAOAにおいては、PEに帰属するのであれば、そのPEが海外で稼得した所得に対しても日本で法人税課税の対象となります。 不当にPE認定されるリスクを減らすためには、各国との租税条約やOECDモデルのコメンタリーの内容、各国における執行状況等を踏まえたうえで、経済実態や契約関係を構築し、課税当局に説明できるようにしておくことが望まれます。 Other strategies for the artificial avoidance of PE status — 42 1. (注3)OECDモデル租税条約とは、租税条約の国際標準であり、OECD加盟国を中心として、二国間における租税条約の締結やその改正にあたっての基礎として利用されているものです。 財務省資料「恒久的施設関連規定の見直し」 以下は、財務省資料の「平成30年度税制改正」のうち、「恒久的施設関連規定の見直し」についての記載を抜粋したものです。

次の

フィリピン 税務・税法 |フィリピン進出コンサルティング GGI東京コンサルティンググループ

pe 課税

(イ)その有する外国金融機関(発行済株式等の50%超を有するものに限る。 (地方税) 個人住民税、法人住民税及び事業税について、PE関連規定の見直しに関する国税の取扱いに準じて所要の措置を講ずる。 また、2015年9月にBEPSプロジェクトの最終報告書がとりまとめられました。 関係機関• 除外規定 上記に該当しても、次の場合には、PEとみなされません。 日本の消費税法上の規定はどうなっているのか? 消費税の課税対象となる取引は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等及び外国貨物の輸入とされています(消法2、4)。

次の

出向者のPE課税

pe 課税

AOAの特徴は、PEに帰属するPE帰属所得に対してのみ法人税を課税するという、帰属主義を基本としている点にあります。 まとめ• また、PE認定の判定基準が、現在の国際標準(BEPS防止措置実施条約、2017年版OECDモデル租税条約)に整合するように変更されました。 内部取引の認識 AOAにおいては、私法上は同一の法人格であるPEを、法人税法上は本店等とは分離独立した企業と擬制するため、その外国法人の本店等との間での内部取引(本支店間取引)を認識することが原則的には可能です。 「PEなければ課税なし」と言うことがありますが、この「課税なし」というのは、PE帰属所得については課税がないという意味で捉えると、現行法上の取り扱いに近いイメージになると思います。 例えば、外国法人が日本国内の受託者と販売委託契約を結び、契約締結権限を持たない受託者が国内顧客に対して販促活動(実質的には販売活動)を行い、最終的な契約は外国法人と顧客が直接締結するようなケースにおいて、改正前は受託者が代理人PEの認定を受けることはほとんどありませんでした(<図2>参照)。

次の

中国のPE課税 サービスPEの税務調査と二重課税の最新実務事例

pe 課税

)に対する所得税及び法人税を非課税とする措置に改組する。 支店PE 支店、出張所、事業所、事務所、工場、倉庫業者の倉庫および鉱山・採石場等天然資源を採取する場所などのことを指します。 VAT納税者はVAT登録業者として内国歳入庁に登録が義務付けられています。 建設PEの期間要件 建設PEは、12カ月を超える期間存続するものである必要がありますが、建設PEの判定条件から逃れるために短期間で契約をし直しても、実態が役務の提供が続いていれば合算されることとし、PE認定されることになりました。 ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

次の