オーリー すり足。 スケボートリック「オーリー」の練習方法を考察してみた

親子でオーリー練習始めました!

オーリー すり足

とにかく真上にとびながら、バランスをくずさず強く安定してテールを弾けるようになるまで続けましょう。 少しスピードを上げてオーリーする 遅いスピードでのオーリーに慣れてきたら、少しスピードを上げてみましょう。 練習手順• スケボーを始めたばかりの頃、いくつかのスケボースクールを回っていた際に、 先生や先輩スケーターから、基礎練習のやり方を色々と教えてもらっていました。 前回の、オーリーの前足のすり上げに関する勘違い その2で、前足がデッキに触ってないのにドラム缶を飛び越えるオーリーの動画を紹介したよね。 デッキ側が、前足に「擦りついて」くるようにするのがコツなんだ。

次の

オーリー[Ollie]

オーリー すり足

前足がスケボーに引っ掛けてないと、 スケボー が浮いても空中で足が離れてしまうので、オーリーになりません。 このように考えながら練習することが上達の近道です。 遅いスピードで走りながらオーリーする 止まった状態である程度テールが浮くようになったら、遅いスピードで走りながらオーリーしてみましょう。 ちょっとした段差を上がる時のオーリーを見るだけで、うまさがわかるはず。 正直に言うと、俺も完璧に出来る訳ではないんだけど、 3つのことを意識してから、オーリーが安定するようになりました。 デッキを上げるのは、後ろ足のテールを弾く動きで行って、前足は真っ直ぐに上げるだけ。 なので、僕の経験上ですが、 効率的な練習法としては、• この軸を、しゃがむ前からオーリーして着地するまで、ぶらさないように意識してください。

次の

オーリーの原理を徹底解説 -原理の理解でコツをつかむ

オーリー すり足

しかもオーリーっていうのは、色んな動きを一瞬でカタチにしないといけないからね。 テールを弾くポイントはこの動画にまとめているので、良かったら見てくださいね。 何か文章だと上手く説明しにくいですが、僕はこんな感じでやってます 擦ってもテール足にデッキが来ないと言うことは斜め上に擦りすぎなのでは? これは僕の勝手な理論ですがオーリーはバランス、ジャンプ力、擦るタイミング、足の引き付け…等々たくさんの要因がありますが、これらが絶妙な感じで合致したときの爽快感は本当にたまりません まさに「一瞬の煌めき」って奴ですかねぇ〜 長文失礼しました. デッキを浮かせるほどの強いタップはできないかもしれませんが、 初心者のうちはただ軽くタップすることを繰り返すだけでもバランス感覚を養う練習になります。 なんとなくのイメージで練習してる という方は、結構多いと思います。 上手くテールを弾けると、ノーズが自分に向かって上がってくるので、上がってきたノーズを前足で押して平行にします。

次の

ちゃんとしたオーリーをしたい…

オーリー すり足

あとは自然に足を下ろし、両輪で着地すればオーリーの完成です。 絶対にできます。 で、腰を落とせば落とすほど落とす時と戻す時で重心がズレやすくなるから、あくまで中腰というか、テールが弾ける程度以上に無理に腰を落とさずに、ちゃんと重心を崩さずに弾けるようにの繰り返し。 一気に高さを上げると難易度も一気に上がるため、挫折する原因になります。 パイロン、三角コーン、カラーコーン、ラバーコーン等、色々ありますが全部同じものを指してます。 もう一度下記のページを確認してみましょう。 飛ぶものは高さがなければなんでもOK。

次の

ちゃんとしたオーリーをしたい…

オーリー すり足

質の良い練習をたくさんやるのと、質の悪い練習をたくさんやるのでは上達率が全然違ってきます。 前足でノーズを押してデッキを平行にする テールを弾く動作に引き続き、初心者が苦労するのがこの動作です。 まずはこの記事でも説明しているオーリーの動作を、柵につかまって試してみましょう。 このコツを意識してオーリーをすると、マジでオーリーの感覚が変わる。 どうやったら前足でノーズを押して平行にすることができるのか 研究しましょう。

次の

【雨の日の練習】室内で!道具不要!スケボー練習方法6選

オーリー すり足

自分も進行方向側にジャンプする• あとは、質問する前に自分で考えて行動してみること。 そでれは、オーリーについて詳しく研究し、より効率よくオーリーをマスターしていきましょう!. 僕もそういう情報らを信じていろいろやってきました。 後ろ足はテールを弾いてから上にあげるので、先に前足があがり、その後に後ろ足があがってくる感じです。 オーリーはテールが地面に当たった 反発力で浮きます。 ノーズが上がり始める部分までいったら、一気に押す感じです。 オーリーはとにかく継続して練習するのが重要 ここまでオーリーの動作から、練習方法、上手くなるためのポイントをご紹介してきました。 スタンスとしゃがむ動作はこれで以上です。

次の

オーリーの前足の動きで気をつけるべき、3つのこと

オーリー すり足

オーリー足! 根本的に最初2年くらいはテール踏んだ反発で板が浮くと思ってたからオーリー足の重要性をまったく理解してなかった。 デッキの上でジャンプ• そのため、まずは障害物に合わせたタイミングでオーリーができるように、高さがないものを飛ぶ練習をしましょう。 スケボー入門編• 前足の甲を外側に向けて、ノーズの反ってる部分まで当てる。 ステップ1:オーリーの原理を理解する まずはオーリーの原理を理解し、イメージをしっかり頭に叩きこんでください。 かかとを踏んでると、素早い荷重移動ができないので、少し後ろにバランスを崩すと完全にデッキが傾いた状態で飛ぶか、ウィールがデッキに当たってブレーキがかかるので(トラックを高いのに変えないといけないな…)オーリーどころじゃなくなったりする。 どちらもクセがなく、軽さも高さもある、文句のつけようのないオーリーです。 オーリーが上手くなるためには、こちらの記事も参考にしてくださいね。

次の

スケボー初心者でオーリーの練習をしています。

オーリー すり足

その結果は、持ち上がろうとするデッキに余計な力を加えてしまって、逆にデッキが上がらなくなるという悪循環に陥る。 ちょうどこの動画の開始地点の動きのような感じです。 わかっててもできないのがオーリー 今回お伝えしたポイントがしっかりできるようになれば、きっとテールは上がってくるはず。 膝を曲げて衝撃を吸収して、着地。 (1)後ろ足でテールを弾くと、デッキのノーズ側が持ち上がってくる。 で、ホントに心折れてたんですけど、跳んだ時ごくごくたまに右足(軸足)の足の裏に 「ピタっと来た!」 という感触があって、なんとかこれを普通に持っていきたいと。 明確にイメージができたら、そのイメージと自分の動きとのズレを修正していきましょう。

次の