G410 プラス ドライバー。 G410 プラス ドライバー/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

ピンゴルフ G410 PLUS ドライバー

g410 プラス ドライバー

見た目のわりに重いですね。 5 3. 25 45. G410プラスドライバーの左右の安定感を語るうえで、Mシリーズのツイストフェースと比べる必要があると思います。 PINGのドライバーと言えば、クラウンにタービュレーターが搭載され、空気の流れを制御してくれる航空機のような繊細なヘッドシェイプが特徴です。 写真左がG410 PLUSドライバー、右がG410 SFTドライバーです。 特筆すべきはサイドスピンの少なさです。 G400MAXは現行モデルながら、シリーズとしては前シリーズのG400シリーズに属する一本。 やさしさを前面に押し出す同社にしては異色の飛び仕様FWです。

次の

ピン(PING) G410 プラスドライバー

g410 プラス ドライバー

モデル G410 PLUS G410 SFT G410 LST 可変式弾道調整ウェイト (ウェイト調整機能) 〇 - 〇 トラジェクトリー・チューニング 2. 私のスペックは身長165、体重55、ドライバーヘッドスピード43位、平均スコア100位の一般的なエンジョイゴルファーです。 」 言われたことは従いますよ。 文句の付けようがない。 これがヘッドスピードが平均以下のスインガーにはベストバランスです。 PINGの公式サイトからG410ドライバーの概要を調べました。 縦方向も、横方向も外しましたが、マーベッリクよりもどこに当たっても同じように飛びました。 シャフト選びが重要ですよ。

次の

ピン G410 PLUS/G410 SFT ドライバー ~後発組ならではの調整機能~

g410 プラス ドライバー

ヘッドをポンと地面に置いたときの座りもよく、上級者が嫌がるフェースが左を向くこともありませんね。 マーベリック、SIMと試打した中では一番良かったです。 ピン G410ドライバー PLUS ピン G410ドライバー SFT 参考価格:59,616円(税込). ・ヘッドスピードが速くて左に巻き込んでしまう人はフェードポジション、右にすっぽ抜ける人はドローポジションにできるため、ヘッドスピードが速くても遅くても対応できるヘッドになっている。 【安定感】 オフセンターでもよく飛ぶし、方向がブレない。 距離も出るし、まさにやさしいアイアンでした! 打感は、弾き感のあるやや硬めの感触でしたが不快感は皆無。 ピンというメーカーは「前作を上回る製品ができなければ発表しない」というポリシーを持っており、G400を超えた性能のクラブが製品化できたのでG410として発表されたというわけです。

次の

ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品

g410 プラス ドライバー

なお、調整の仕組みはテーラーメイドのものと似ていて、ロフト・ライの組み合わせはが予め8通り定められていて、その中から選ぶ形となります。 タービュレーターに加え、トンボの羽根をイメージした「ドラゴンフライ・テクノロジー」も見直されたようですね。 ほんとか?そんなに飛ぶなら即買いだぜ。 「G410 PLUSドライバーで、ウェイトをドローポジションに装着した場合、SFTを超えたドロー仕様にならないのか?」という疑問です。 ストレートフェードで、ヘッドスピードのある人がパワーフェードを打ちたいならぜひ。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。 ウェイトは予め定められた3か所の位置に付け替えることができます。

次の

PINGの2019年モデル「G410 ドライバー」の特徴やラインナップなどを紹介!

g410 プラス ドライバー

ロースピンモデルのLSTに関しては、まだ前作を越えられるものが完成していないらしく、今回はラインナップされませんでした。 Tenseiは硬いといわれますが、Evo4 569Sをエースとして使用していますが、タイミングが近いと感じました。 【つかまり】 つかまり過ぎることも、プッシュすることもなく、非常にニュートラルな印象です。 このスペックだと G410プラスドライバーは前作のLSTを取り込んだような仕上がりと感じざるを得ません。 ボールのつかまり度合はウェートによる弾道調整機能が搭載されているだけあってニュートラル。 5度にして使いましょう。

次の

渋野日向子のエースドライバー「G410プラス」はどんなクラブ? どんな人に合う? 契約プロに聞いてみた

g410 プラス ドライバー

そういう意味でも、かなり購入心をそそられるモデルでした。 オリジナルカーボンシャフトは4種類あり、50g台の「ALTA J CB RED」のみがニューシャフト。 振り遅れも全くありませんでした。 このG410シリーズは前作「G400」の後継となります。 ほかにも、深低重心化を推し進めたり、高強度極薄フォージドフェースを採用したりと、真っすぐ遠くに飛びそうな技術がたくさん詰め込まれています。 ロフトの多い番手は、意図的に右に打ち出そうとしても右に飛ばしがたい、それぐらいつかまります。 スイングした直後「右に抜けた」と思ったショットが測定器の表示ではまっすぐ飛んでいたりしました。

次の

ピンゴルフ G410 PLUS ドライバー

g410 プラス ドライバー

テーラーメイドのように移動させるのではなく付け替えにしているのはやはり効果を実感させるためでしょう。 9 先調子 12 PLUS SR 59. 【つかまり】 よくつかまる。 ・ウェイトはレンチで完全に外せ、3か所のポジションに変えられる。 ・70g台の「PING TOUR 173-75」はハードヒッター向け。 今までのシリーズのスリーブはG410には装着できないのでご注意ください。 可動ウェイトは10年以上前からあるが、ピンは最近になってやっと採り入れたばかりだ。

次の

G410プラスを試打データ付きでレビュー|カタログに載っていない魅力満載のドライバー

g410 プラス ドライバー

ヘッドのウェイト位置を変えることで、ドロー設定やフェード設定と弾道調節ができます。 ピンはSFTのスイングウェイトを減らし、D1にしている。 このままでは軽すぎて長い安定感のないクラブになってしまいますね。 G410SFTドライバーでも言及しましたが、ピンはやや極端に変化するようにパーツを作っています。 5度のみ)。

次の